基本情報

写真a

加藤 宏朗

KATO Hiroaki


職名

教授

ホームページ

http://i-physics.yz.yamagata-u.ac.jp/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅱ

  • 応用物性

  • ナノ材料化学

  • ナノ構造化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学部  物理学科

    1979年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  理学研究科  物理学専攻

    博士課程,1984年06月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士,東北大学,1985年01月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学金属材料研究所,助手,1985年03月 ~ 1994年03月

  • 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻,助教授,1994年04月 ~ 2006年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本磁気学会

  • 日本金属学会

  • 応用物理学会

  • 日本磁気学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 全ての物質は原子の集まりであり,さらに原子は電子と原子核から成り立っています。この電子は電荷を持つだけでなく、微小磁石(スピン)としての性質も持っています。このスピンがどのように並んでいるかによって物質の性質は大きく変わります。私は、種々の物質のスピンの状態を調べる研究や、強い磁場とスピンとの相互作用を利用して、物質の状態を制御することで、高機能な材料を作るための基礎研究を行っています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 磁性体のスピン相転移と格子変形,1994年04月 ~ 継続中

    スピン再配列

  • 希土類鉄族化合物の磁気的性質,2004年08月 ~ 継続中

    保磁力

  • ハード磁性体の界面構造制御,2006年11月 ~ 継続中

    永久磁石

論文 【 表示 / 非表示

  • Microstructure and coercivity in La-coated Nd2Fe14B thin films,AIP Advances,7 035301,2017年03月

    共著

  • 薄膜プロセスによるNd2Fe14Bの界面修飾と磁気特性,まぐね,11(6) 333-343,2016年12月

    共著

  • Large difference between the magnetic properties of Ba and Ti co-doped BiFeO3 bulk materials and their corresponding nanoparticles prepared by ultrasonication,Jouranal of Physics D: Applied Physics,49 265003,2016年03月

    共著

  • Modification of the interface nanostructure and magnetic properties in Nd-Fe-B thin films,Nanoscale Research Letters,11(33) 1-8,2016年

    共著

  • Negative exchange coupling in Nd2Fe14B(100)/α-Fe interface,Applied Physics Letters,107 102406,2015年09月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 物体の運動,学術図書出版社,2010年03月

  • 希土類の材料技術ハンドブック,(株)エヌ・ティー・エス,2008年05月

  • 永久磁石,アグネ技術センター,2007年09月

  • よくわかる電磁気学,日刊工業新聞社,2007年09月

  • High-field Investigations on Exchange Coupling in R-Fe Intermetallics and Hard/soft Nanocomposite Magnets,Springer Verlag,2006年01月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Nd2Fe14B型化合物の構造とハード磁性,日本アイソトープ協会,RADIOISOTOPES,59(8) 491-500,2010年08月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 金属組織写真優秀賞,2008年03月26日,日本国,日本金属学会,大久保忠勝,Li Wanfeng,宝野和博,秋屋貴博,加藤宏朗

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),1997年04月 ~ 1999年03月,結晶軸配向制御による超高性能多層膜型ナノコンポジット永久磁石の創製

    結晶軸配向制御による超高性能多層膜型ナノコンポジット永久磁石の創製

研究発表 【 表示 / 非表示

  • EUROMAT 2013,国際会議,2013年09月,Sevilla, Spain,Effect of interface state on the coercivity in Nd-Fe-B magnets,口頭(基調)

  • Workshop: CROSSroads of Users and J-PARC,国内会議,2013年08月,東海,茨城,ネオジム系焼結磁⽯における界⾯構造と保磁⼒,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 応用物理学会・磁気科学研究会 第1回講演会「磁気科学の新展開」,国内会議,2012年11月,京都,レアアース含有物質における結晶場相互作用と磁気異方性,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ICAUMS2012,国際会議,2012年10月,Nara, Japan,Effect of interface state on the coercivity in Nd-Fe-B magnets,口頭(招待・特別)

  • TMS 2011 Annual Meeting & Exhibition,国際会議,2011年02月 ~ 2011年03月,San Diego, USA,Coercivity Enhancement in Sintered Nd-Fe-B Magnets Annealed under High Magnetic Fields,口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本磁気学会,編集・論文委員,1997年06月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • JST・NEDO主催イノベーションジャパン2009,2009年09月

    「高性能ネオジム磁石のレアメタル使用量を削減する界面制御技術の開発」というタイトルで出展した.

  • SPring-8 利用推進協議会 先端磁性材料研究会 第 2 回研究会,2009年08月

    「ネオジム磁石の界面ナノ構造と保磁力」というタイトルで招待講演を行った.

  • 日本セラミックス協会電子材料部会第26回エレクトロセラミックスセミナー「元素戦略と脱レアメタル材料開発最前線」,2007年11月

    「Nd-Fe-B 磁石の Dy 省使用技術開発」というタイトルで招待講演を行った.

  • ナノ磁性材料研究会主催平成18年度公開研究会,2006年11月


    平成18年度公開研究会
    「スピントロニクス・ナノ磁性材料への中性子の利用」
    において、「希土類永久磁石材料と中性子散乱」と題する講演を行った。

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示