基本情報

写真a

長山 俊樹

NAGAYAMA Toshiki


職名

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生理・行動

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),北海道大学,1986年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会

  • 日本生理生化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動物の行動発現とその神経機構

論文 【 表示 / 非表示

  • The effects of shelter quality and prior residence on marmorkrebs (marbled crayfish),JOURNAL OF EXPERIMENTAL BIOLOGY,222(6) ,2019年03月

    単著

  • Enhancement of habituation during escape swimming in starved crayfish,JOURNAL OF COMPARATIVE PHYSIOLOGY A-NEUROETHOLOGY SENSORY NEURAL AND BEHAVIORAL PHYSIOLOGY,204(12) 999-1005,2018年12月

    単著

  • Age-dependent and social status-dependent behavioural plasticity of the cricket Gryllus bimaculatus,ANIMAL BEHAVIOUR,141 1-7,2018年07月

    単著

  • Tyraminergic modulation of agonistic outcomes in crayfish.,J. Comp. Physiol. A,2018年05月

    共著(海外含む)

  • Nitric oxide-mediated intersegmental modulation of cycle frequency in the crayfish swimmeret system,BIOLOGY OPEN,7(5) ,2018年05月

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,オスのアメリカザリガニは対オス、対メスで異なる闘争戦略を取る

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,オスのアメリカザリガニは対オス、対メスで異なる闘争戦略を取る

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,マーブルクレイフィッシュ光走性スイッチング機構に関する行動生理学的解析

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,他個体との社会的接触に伴うザリガニ逃避行動馴化の可塑的な変化

    他個体との社会的接触に伴うザリガニ逃避行動馴化の可塑的な変化

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示