基本情報

写真a

長谷 修

HASE Shu


職名

准教授

生年

1964年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0235-28-2842

研究室FAX

0235-28-2842

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物保護科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学部  農学科

    1988年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学研究科  農学専攻

    博士課程,1994年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),東北大学,1994年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学農学部,助手,1994年06月 ~ 1999年03月

  • 東北大学大学院農学研究科,助手,1999年04月 ~ 2007年03月

  • 東北大学大学院農学研究科,助教,2007年04月 ~ 2008年02月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会

  • アメリカ植物物病理学会

  • 日本植物生理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 植物の病害抵抗性誘導機構と生物防除に関する研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物ウイルスに対する宿主応答(病徴発現)におけるエチレンシグナル伝達系の解析,1994年04月 ~ 2001年03月

    植物ウイルス、病徴発現、エチレン情報伝達

  • 根圏生息性細菌Pseudomonas fluorescence が介する誘導抵抗性におけるエチレンの役割,1999年05月 ~ 2003年05月

    根圏生息性細菌、誘導抵抗性、エチレン、

  • 植物ウイルスに対する抵抗性反応の分子メカニズム解明,2001年04月 ~ 2008年03月

    植物ウイルス、抵抗性遺伝子、シグナル伝達

  • 生物防除微生物Pythium oligandrum (PO)施用トマトにおける誘導抵抗性機構の解明,2004年04月 ~ 継続中

    誘導抵抗性、シグナル伝達、生物防除

論文 【 表示 / 非表示

  • Begomoviruses associated with leaf curl disease of tomato in Java, Indonesia.,Journal of Phytopathology,153(9) 562-566,2005年09月

    共著

  • Indução de resistência sistêmica por rizobactérias e comunicação na rota de sinalização para uma defesa refinada.,Revisão de Patologia de Plantas,13 277-319,2005年01月

    単著

  • Enhanced resistance to Cucumber mosaic virus in the Arabidopsis thaliana ssi2 mutant is mediated via an SA-independent mechanism. ,Molecular plant-Microbe Interactions,17(6) 623-632,2004年06月

    共著

  • Antagonistic interactions between the SA- and JA- signaling pathways in Arabidopsis modulate expression of defense genes and gene-for-gene resistance to Cucumber mosaic virus.,Plant and Cell Physiology,45(6) 803-809,2004年06月

    共著

  • Cloning of a cDNA encoding an ETR2-like protein (Os-ERL1) from deep water rice (Oryza sativa L.) and increase in its mRNA level by submergence, ethylene and gibberellin treatments.,Journal of Experimental Botany,55(399) 1145-1148,2004年05月

    共著

全件表示 >>

 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形大学農学部夏期セミナー,2009年08月

    高校生を対象とした夏期セミナーにおいて生物生産学コースの担当講師を務めた。セミナーの題目は「植物の伝染病を診断する。-植物病原微生物の観察-」とし、野外に発生している植物病害の罹病植物を採取して、その病原体を顕微鏡などをもちいて観察する実験実習形式で行った。

  • 模擬講義(大学コンソーシアムやまがた主催),2008年10月

    山形県内大学などへの進学率アップを目指すために、大学コンソーシアムやまがたでは高校へ出向き高校生に対しての大学等合同説明会を開催している。その一旦として、新庄南高等学校から山形大学を含む県内の大学などに合同説明会の依頼があり、模擬講義の講師を務めた。講義題目は「植物の病気(植物病理学)」で1から3年生対象に50分間行った。

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示