基本情報

写真a

中澤 信幸

NAKAZAWA Nobuyuki


職名

教授

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~nakazawa/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語学

  • 言語学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 愛媛大学  法文学部  文学科

    1994年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  文学研究科  国文学専攻国語学専門

    博士課程,2000年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),名古屋大学,2001年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学文芸・言語学系,日本学術振興会特別研究員,2000年04月 ~ 2002年03月

  • 長榮大學(台湾)應用日語學系,助理教授,2002年04月 ~ 2004年07月

  • 大島商船高等専門学校,講師,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 大島商船高等専門学校,准教授,2007年04月 ~ 2008年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本語学会

  • 訓点語学会

  • 萬葉学会

  • 日本言語学会

  • 日本語教育学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本漢字音と中国語諸方言音

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本における韻書受容の歴史,1994年04月 ~ 2001年03月

    漢字音、韻書

  • 日本における呉音・漢音の変遷,2001年04月 ~ 2013年09月

    漢字音、呉音、漢音

  • 台湾語音と日本漢字音との対照研究,2009年04月 ~ 継続中

    台湾語音、日本漢字音、漢語語彙、『日台大辞典』、『台日新辞書』

  • 台湾における言語状況の研究,2015年04月 ~ 継続中

    社会言語学、台湾語、日本語、『台日新辞書』

論文 【 表示 / 非表示

  • 東方孝義編『台日新辞書』所収語彙の特徴,天理臺灣學報,(27) 97-118,2018年06月

    共著(国内のみ)

  • 台湾語母語話者と日本漢字音,天理臺灣學報,(26) 93-112,2017年07月

    単著

  • 台湾人日本語学習者と台湾語音 ―母語意識・居住地域等との相関から―,天理臺灣學報,(25) 121-139,2016年07月

    単著

  • 日本語教育における台湾語音活用と「日台基本漢字」,台灣文學研究,(8) 11-41,2015年06月

    単著

  • 日本語教育における台湾語音の活用 ―銘傳大学の日本語学習者を対象にした意識調査―,銘傳日本語教育,(17) 23-40,2014年10月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 中近世日本における韻書受容の研究,おうふう,2013年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 2010年・2011年における日本語学界の展望 音韻(史的研究),日本語学会,日本語の研究,8(3) 51-58,2012年07月

  • 呉音について,明治書院,日本語学,30(3) 18-27,2011年03月

  • 【日本語学史】韻鏡研究の現在,明治書院,日本語学,27(12) 4-13,2008年10月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 書評 小倉肇著『続・日本呉音の研究 ―研究篇・資料篇・索引篇・外編―』全6冊

    書評

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員奨励費,2018年04月 ~ 2020年03月,中近世日本における韻書受容と法華経字音学の変容

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,台湾大学図書館所蔵『日本書紀』諸本の調査と研究

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,多言語併存状況下における台湾語の現状と変容

    台湾語は台湾在住者の約4分の3に及ぶ人々の母語であるが、その社会的な現状および歴史的な変容については、充分には明らかになっていない。本研究は、多言語が併存している台湾において、台湾語がどのように使われ、また変容してきたかを明らかにする。まず日本統治期に編纂された台湾語辞書『台日新辞書』を電子化し、当時の日本人の「台湾語観」を明らかにした上で、その見出し語を整理する。次にそれを調査項目として、現代の台湾でもそれらの語が通じるかどうか調査する。これによって台湾語の変容を明らかにしていく。加えて、台湾における台湾語の政治的・社会的位置付け、また言語政策の影響についても調査し、現状を明らかにしていく。

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,現代版「日台字音便覧」データベースの整備と「日台基本漢字」発音対照表の構築

     『日台大辞典』付載「日台字音便覧」の内容をMicrosoft Excelに入力することで、現代版「日台字音便覧」データベースを作成した。また「日本語漢語基本語彙・台湾語対照表」を作成し、ここで選定した漢字を現代版「日台字音便覧」データベースからピックアップすることで、「日台基本漢字」発音対照表を作成した。
     データベースはwebサイトで公開し、また印刷して台湾の日本語教育関係者に配布している。そして台湾の学会で成果を発表し、評価を受けた。この「日台基本漢字」発音対照表の効用を検証するため、台湾の教育機関でアンケート調査を実施している。

  • 特別研究員奨励費,2000年04月 ~ 2002年03月,日本における〈韻書〉受容の変遷 ―『古今韻会挙要』を中心として―

    『古今韻会挙要』をはじめとした中国の韻書が、日本の学問研究においてどのように利用されたか調査する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 韓国日本学会第98回国際学術大会,国際会議,2019年02月,韓国・高麗大学校,日本呉音における清濁表記の変容についての検討 ―法華経の仮名音注と音義書を中心に―,口頭(一般)

  • 天理台湾学会第28回研究大会,国際会議,2018年06月,天理大学,20世紀初頭の台湾語辞書に見られる語彙の残存状況について,口頭(一般)

  • 日本語学会2017年度秋季大会,国内会議,2017年11月,金沢大学,東方孝義『台日新辞書』の語釈に見られる日本語,ポスター(一般)

  • 天理台湾学会第27回研究大会,国際会議,2017年07月,天理大学,東方孝義編『台日新辞書』所収語彙の特徴,口頭(一般)

  • The 14th Annual Conference of European Association of Taiwan Studies,国際会議,2017年03月,Ca’ Foscari University of Venice,Database of Holo-Taiwanese Language in the Process of Making Multi-Linguistic Policies,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本語学会,広報委員,2015年06月 ~ 2018年05月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 日台における宗教と思想研究 ―仏教と儒学に注目して―,2019年02月

    主催者として開催に携わった。

  • “巡礼”による地域の魅力再発見,2018年11月

    共催者として開催に携わった。

  • “伝統の創造”の視点から見る祭り ―日台政策研究所設立記念シンポジウム―,2018年02月

    主催者として開催に携わった。

  • 山形の魅力再発見パート14,2016年10月

    「方言研究史と山形方言」というタイトルで公開講座を行った。

  • NHK文化センター仙台教室講座,2016年07月

    「麗しの島・台湾の産業について知ろう」というタイトルで公開講座を行った。

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語学(日本語の歴史・漢字音)

  • 日本語教育

  • 台湾語(閩南語)

  • 台湾との異文化交流