基本情報

写真a

池田 和生

IKEDA Kazuo


職名

准教授

生年

1976年

ホームページ

http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/noujyou/index_fsc.htm

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 果樹園芸学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学  農学部  応用生物科学科

    1998年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  農学研究科  農学専攻(果樹園芸学)

    修士課程,2000年03月,修了

  • 京都大学  農学研究科  農学専攻

    博士課程,2004年09月,中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),京都大学,2008年01月

  • 修士(農学),京都大学,2000年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形県立園芸試験場,大学等非常勤研究員,2004年10月 ~ 2005年03月

  • 山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場,大学等非常勤研究員,2005年04月 ~ 2008年03月

  • 鳥取大学,大学等非常勤研究員,2008年04月 ~ 2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会

  • 国際園芸学会

  • 日本植物細胞分子生物学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 園芸作物(特に果樹)の生殖生理に関する研究を行っています。特に、バラ科果樹の自家不和合性や果実形質について、遺伝学的、分子生物学的アプローチにより、それらの生理機構の解明を目指しています。また、フィールド科学センターの立地を生かし、古くから伝わる在来作物の栽培、収集、維持にも力を入れています。

論文 【 表示 / 非表示

  • Genetic Control of Floral Morph and Petal Pigmentation in Linum grandiflorum Desf., a Heterostylous Flax,The Horticulture Journal,2015年04月

    共著

  • Comparison of the expression of chlorophyll-degradation-related genes during ripening between stay-green and yellow-pear cultivars,Scientia Horticulturae,181(2) 89-94,2015年01月

    共著

  • Effects of wound treatments to flower organs on fruit set, development, and quality in sweet cherry(Prunus avium L.),Advances in Horticultural Science,28(4) 231-235,2014年

    共著

  • Characterization of 10 MADS-box genes from Pyrus pyrifolia and their differential expression during fruit development and ripening,Gene,528 183-194,2013年10月

    共著

  • Isolation of the floral morph-related genes in heterostylous flax (Linum grandiflorum): the genetic polymorphism and the transcriptional and post-transcriptional regulations of the S locus.,Plant Journal,69 317-331,2012年01月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ヤマブドウのはなし,山形大学農学部果樹園芸学分野,2013年03月

  • 形質転換プロトコール【植物編】,化学同人,2012年09月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 山形在来作物研究会,幹事,2009年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 酒田西高校大学模擬授業,2014年07月

    生徒の進路目標をより具体化するために,大学の授業について学ぶことを目的とし,農学分野を受講希望の生徒に山形県産果樹の特性を開設した講義を行った.

  • 置賜農業高校大学模擬授業,2013年09月

    生徒の進路目標をより具体化するために,大学の授業について学ぶことを目的とし,農学分野を受講希望の生徒に在来作物に関する講義を行った.

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示