基本情報

写真a

今野 博行

KONNO Hiroyuki


職名

准教授

生年

1970年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3131

研究室FAX

0238-26-3131

ホームページ

http://bioorg.yz.yamagata-u.ac.jp

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学

  • 有機化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  農学部  農芸化学科

    1994年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  薬学研究科  製薬化学専攻

    博士課程,1999年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学),東北大学,1999年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学,助手,2000年09月 ~ 2003年12月

  • 京都大学,助手,2004年01月 ~ 2004年09月

  • 京都府立医科大学,助教,2004年10月 ~ 2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ペプチド学会

  • 日本薬学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本農芸化学会

  • 日本化学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • HIV感染に用いられるCCR5阻害剤の創成研究
    SARS 3CL protease 阻害剤の創成研究
    アルツアイマー病原因蛋白質阻害剤の創成研究
    抗カビ剤の開発研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of secretogrobin 3A2 type C (98-139) fragment by Dawson’s native chemical ligation,Tetrahedron Lett. ,58 4145-4148,2017年10月

    共著

  • Ralstonins A and B, unusual lipopeptides with chlamydospore-inducing and phytotoxic activities from the plant pathogen Ralstonia solanacearum.,Org. Lett.,19 4175-4178,2017年05月

    共著

  • Synthesis and evaluation of phenylisoserine derivatives for the SARS-CoV 3CL protease inhibitor.,Bioorg. Med. Chem. Lett. ,27 2746-2751,2017年04月

    共著

  • Synthesis of fully protected (2R,3R,4S)-4-amino-7-guanidino-2,3-dihydroxy heptanoic acid.,Tetrahedron Lett. ,58 1604-1606,2017年03月

    共著

  • Preparation of (2R,3R,4R)-3-hydroxy-2,4,6-trimethyl heptanoic acid via enzymatic desymmetrization.,Tetrahedron,73 39-45,2017年02月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子医学MOOK別冊—次世代ペプチド医薬創製—,メディカルドウ,2014年01月

  • 遺伝子医学MOOK21号—最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用—,メディカルドウ,2012年01月

  • コンビナトリアル・バイオエンジニアリング(普及版),CMC出版,2010年01月

  • コンビナトリアルバイオエンジニアリングの最前線,CMC出版,2004年01月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 山形大学大学院理工学研究科今野研究室の紹介,Peptide Newsletter Japan,104 15-18,2017年04月

  • 異常アミノ酸含有環状デプシペプチドの固相全合成,ファルマシア,452,2014年05月

  • 第19回ペプチドフォーラム開催報告,Peptide Newsletter Japan,91 10-11,2014年01月

  • Synthetic study of bioactive natural product as protein inhibitors,Biosci. Biotechnol. Biochem.,76 1-5,2012年01月

  • 酵母の転写因子PDC2によるチアミン依存性転写誘導機構,ビタミン,酵母の転写因子PDC2によるチアミン依存性転写誘導機構,85 537-545,2011年10月

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,チオール検出剤及びチオール検出方法,今野博行, 並河英紀, 鵜浦啓

    出願番号( 2017-042821 ) ,日本国

  • 特許,クルクミン誘導体,今野博行

    出願番号( 2017-033516 ) ,日本国

  • 特許,SARS 3CLプロテアーゼの組み換えタンパク質, 赤路健一, 野坂和人, 今野博行

    出願番号( 2007-219804 ) ,日本国

  • 特許,光学活性グリコール及びその製造,小笠原國郎, 今野博行

    出願番号( 2000-72700 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会奨励賞,2011年03月25日,日本国,日本農芸化学会,今野博行

  • インテリジェントコスモス奨励賞,2010年05月17日,日本国,インテリジェントコスモス学術振興財団,今野博行

  • 日本ペプチド学会奨励賞,2009年11月05日,日本国,日本ペプチド学会,今野博行

  • 有機合成化学協会味の素研究企画賞,2007年04月01日,日本国,有機合成化学協会,今野博行

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ペプチド学会,ペプチドニュースレター編集委員,2013年01月 ~ 2014年12月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示