基本情報

写真a

山内 泰樹

YAMAUCHI Yasuki


職名

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 視覚情報処理

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東京工業大学,1999年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 富士ゼロックス(株),研究員,1991年04月 ~ 2009年03月

  • University of Rocheser, Center for Visual Science,助手,1999年04月 ~ 2001年09月

  • 東京工業大学大学院総合理工学研究科,非常勤講師,2003年10月 ~ 2005年03月

  • 大妻女子大学家政学部被服学科,非常勤講師,2005年04月 ~ 2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本視覚学会

  • 日本色彩学会

  • 日本照明委員会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人間の視覚メカニズムの研究
    色彩科学
    質感再現・好ましい色再現

論文 【 表示 / 非表示

  • Depth information affects the judgment of the surface-color mode appearance,Journal Of Vision,5(6) 515-524,2005年07月

    共著

  • Limit of the surface-color mode perception under non-uniform illuminations,Optical Review,11(4) 279-287,2004年11月

    共著

  • 表面色モード知覚への刺激の知覚的グルーピングの影響,Vision,16(3) 127-140,2004年07月

    共著

  • Color perception is mediated by a plastic neural mechanism that is adjustable in adults,Neuron,35 783-792,2002年04月

    共著

  • Performance of the Rochester 2nd Generation Adaptive Optics system for the Eye,Optics Express,8 631-643,2001年06月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「ディジタル画像における色再現・質感表現技術」第1章 色彩工学の基礎と標準化動向」 第6節 色知覚における個人差とカラーマネージメントへの応用,技術情報協会,2007年12月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 色の感じ方における個人差を測る~等色関数から色知覚まで~,日本工業出版,光アライアンス,17(8) 1-4,2006年08月

  • 補償光学の眼光学への応用~Adaptive Opticsによる視覚の高次波面収差の補正~,日本工業出版,光アライアンス,17(1) 16-21,2006年01月

  • 個人の視覚感度の測定,日本光学会,光学,34(6) 311-313,2005年06月

  • 網膜上の錐体分布 ~Adaptive opticsの視覚光学への適用~,日本色彩学会,日本色彩学会誌,27(3) 205-209,2003年07月

  • Adaptive Opticsシステムによる眼光学系の高次ひずみ補正,応用物理学会,応用物理,71(6) 690-694,2002年06月

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,画像処理装置,画像処理方法,および画像処理プログラム,記憶媒体,山内 泰樹

    登録番号( 第4114072号 ) ,日本国

  • 特許,画像処理装置及び画像処理方法,山内 泰樹,松崎 智康,池上 博章

    登録番号( 第3687193号 ) ,日本国

  • 特許,色処理装置および色処理方法、色処理プログラム,山内 泰樹,針貝 潤吾,池上 博章

    登録番号( 第4221584号 ) ,日本国

  • 特許,画像形成装置および画像形成方法,山内 泰樹,山田 邦夫,山室 隆,廣田 真,美斉津 亨,石井 昭

    登録番号( 第4228620号 ) ,日本国

  • 特許,画像形成装置、画像処理装置、画像形成方法及び画像処理方法,山内 泰樹,山田 邦夫,山室 隆,廣田 真,石井 昭,美斉津 亨

    登録番号( 第4228621号 ) ,日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(スタートアップ),2009年10月 ~ 継続中,色覚の個人差に寄与する生理的要因に関する研究

    色の見えには個人差があることが報告されている.本研究では,視覚系の入力部である網膜の前に存在する黄斑色素の濃度と錐体の感度が色の見えの個人差をどの程度説明することがでいるかを解明するために,黄斑色素濃度の測定を行った被験者での色の見えを測定し,生理的要因との関連性を明らかにする.

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本照明委員会,技術委員会TC8-10幹事,2005年07月 ~ 継続中

  • 日本照明委員会,技術運営委員,2008年04月 ~ 継続中

  • 日本視覚学会,大会実行委員(2003年),2003年01月

  • 日本視覚学会,大会実行委員(2009年),2009年01月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 静岡県工業技術研究所 外部研究員,2009年07月 ~ 継続中

    視覚研究に関する知見を提供する.

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示