基本情報

写真a

後藤 純一

GOTO Junichi


職名

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 基盤・社会脳科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),東京大学,2006年05月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 海馬における記憶の消去・抑制の機構の電気生理学的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Scalaradial Is a Potent Inhibitor of Transient Receptor Potential Melastatin 2 (TRPM2) Ion Channels.,Journal of natural products,2017年10月

    共著(海外含む)

  • Role of postsynaptic inositol 1, 4, 5-trisphosphate receptors in depotentiation in guinea pig hippocampal CA1 neurons.,Brain research,1642 154-162,2016年07月

    共著(海外含む)

  • Prior activation of inositol 1,4,5-trisphosphate receptors suppresses the subsequent induction of long-term potentiation in hippocampal CA1 neurons.,Learning & memory (Cold Spring Harbor, N.Y.),23(5) 208-220,2016年05月

    共著(海外含む)

  • Activation of inositol 1,4,5-trisphosphate receptors during preconditioning low-frequency stimulation suppresses subsequent induction of long-term potentiation in hippocampal CA1 neurons.,Neuroscience,17(311) 195-206,2015年

    共著(海外含む)

  • Potent functional uncoupling between STIM1 and Orai1 by dimeric 2-aminodiphenyl borinate analogs.,Cell calcium,56(6) 482-492,2014年12月

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Prior synaptic inputs are engraved on the following synaptic plasticity with inositol 1, 4, 5-trisphosphate receptor activation in hippocampal neurons.,Messenger,(1) 121-132,2012年

  • Inositol 1,4,5-triphosphate receptor-mediated calcium release in purkinje cells: from molecular mechanism to behavior.,Cerebellum,10(4) 820-833,2011年

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,バーストと低周波入力で誘導する海馬CA1シナプス可塑性への内因性アデノシンの関与

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2021年03月,細胞外イオン濃度変化を介したニューロン−グリア相互作用の解析

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学雑誌,国際会議,2019年02月,オリゴデンドロサイトの膜電位変化による出力先シナプス伝達に対する修飾効果,その他

  • 山形医学,国際会議,2019年02月,結節性硬化症原因遺伝子欠損マウスにおけるシナプス可塑性異常の改善に向けたアプローチ,その他

  • 日本生理学雑誌,国際会議,2019年02月,海馬CA1シナプス脱長期増強誘導のシナプス活動依存性,その他

  • 日本生理学雑誌,国際会議,2018年02月,海馬シナプス可塑性の刺激パターン依存性,その他