基本情報

写真a

関亦 明子

SEKIMATA Akiko


職名

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 基礎看護学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学),東京大学,1998年04月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 特殊法人理化学研究所,研究員,1998年04月 ~ 1999年09月

  • 宮城大学看護学部,助手,1999年10月 ~ 2001年03月

  • 独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター,研究員,2001年04月 ~ 2004年12月

  • ワシントン大学生物学部,研究員,2005年01月 ~ 2005年11月

  • フレッドハッチンソン癌研究所,研究員,2005年12月 ~ 2008年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 看護理工学会

  • 日本組織培養学会

  • 日本細胞生物学会

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 「唾液分泌障害予防/軽減ケア開発のための基礎研究」
    「分泌障害の分子メカニズム(細胞内タンパク質輸送)」

    がん治療等による有害事象の予防と軽減に関する基礎研究を行っています。特に唾液分泌障害に対する予防法や治療の開発のために、唾液腺培養モデルの開発に取り組んでいます。また合わせて分泌障害の分子メカニズムについても研究しています。

    研究室URL:
    http://www.n-yu.jp/kansenbougyo/

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • がん支持療法創出を目指した可視化・数値化可能な光る耳下腺培養細胞系の構築,2019年04月 ~ 継続中

  • がん治療における唾液分泌低下原因の探索を目指すアミラーゼ分泌モデル動物の作出,2016年04月 ~ 2018年03月

  • 唾液分泌低下に対するケア開発に向けた唾液分泌モデル系の構築,2013年04月 ~ 2016年03月

    放射線療法 化学療法 唾液腺

  • 放射線治療における晩期有害事象早期発見のための看護アセスメント確立の試み,2009年04月 ~ 2012年03月

    放射線治療の有害事象

  • 乳がん発生危険度に関わる遺伝子相関発見のための表現系からのアプローチ,2007年07月 ~ 2011年06月

    乳がん遺伝子

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Runx1 and RORγt Cooperate to Upregulate IL-22 Expression in Th Cells through Its Distal Enhancer,The Journal of Immunolgy,202 3198-3210,2019年05月

    共著(国内のみ)

  • マウス胎児顎下腺上皮細胞の初代培養におけるSerum ReplacementとRho-associated protein kinase阻害剤Y-27632の効果,山形医学,36(2) 98-105,2018年08月

    共著(国内のみ)

  • Morphogenesis and Mucus Production of Epithelial Tissues of Three Major Salivary Glands of Embryonic Mouse in 3D Culture,Zoologcical Science,34(6) 475-483,2017年12月

    共著(国内のみ)

  • マウス胎児唾液腺上皮組織の体外培養におけるneuregulin 1とfibroblast growth factor 1 細胞分化への作用,山形医学,34(2) 42-49,2016年08月

    共著(国内のみ)

  • CpG methylation prevents YY1-mediated transcriptional activation of the vimentin promoter (共著),Biochemical and Biophysical Research Communications,414 767-772,2011年10月

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学のための培養細胞実験法(共著),羊土社,1995年06月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • APPのアミロイドベータペプチドへの変換過程、変換に関与するプロテアーゼ(ベーターセクレターゼ、ガンマセクレターゼ)の分子生物学と酵素作用,日本臨床社,日本臨床増刊号,痴呆学,9(1) 27-31,2003年06月

  • 小胞輸送を制御するカゼインキナーゼ,医歯薬出版,医学のあゆみ,190(7/8) 760-761,1999年06月

  • マイクロインジェクション,秀潤社,細胞工学,14(1) 93-99,1995年01月

  • 細胞内シグナル伝達プロテインキナーゼCの細胞内局在,不明,組織培養,20(4) 104-108,1994年06月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,長鎖非コードRNA(lncRNA)の機能制御による新たな炎症制御法の創成

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 継続中,がん治療における唾液分泌低下原因の探索を目指すアミラーゼ分泌モデル動物の作出

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,唾液分泌低下に対するケア開発に向けた唾液分泌モデル系の構築

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,高次クロマチンネットワークによるT細胞分化の調節機構の解明

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,放射線治療における晩期有害事象早期発見のための看護アセスメント確立の試み

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ほ乳類唾液腺培養モデルの構築,2013年04月 ~ 継続中,千葉大学、福島県立医科大学,国内共同研究

  • 細胞周期チェックポイント遺伝子の分泌変異抑圧のメカニズム,2008年10月 ~ 継続中,独立行政法人理化学研究所,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第41回日本分子生物学会年会,国内会議,2018年11月,横浜,IFN-gamma遺伝子座のクロマチン構造形成と転写制御におけるCTCF-コヒーシン結合領域の機能,ポスター(一般)

  • 第6回 看護理工学会学術集会,国内会議,2018年10月,東京,唾液腺保護ケア開発を目指したマウス唾液腺上皮細胞の培養における低分子化合物の効果について,ポスター(一般)

  • 第70回 日本細胞生物学会,国内会議,2018年06月,東京,Serum Replacement and Rho kinase (ROCK) inhibitor, Y-27632 were essential for the monolayer culture of mouse embryonic submandibular gland epithelial cells in serum-free medium.,ポスター(一般)

  • 第40回日本分子生物学会,国内会議,2017年12月,神戸,インターロイキン9 (IL9)遺伝子サイレンサーと転写因子Runx1によるエピジェネティックなIL9転写調節機構の解明,ポスター(一般)

  • 第5回 看護理工学会学術集会,国内会議,2017年10月,金沢,唾液腺保護ケア開発を目指したマウス唾液腺培養モデル構築の試みにおけるSerum Replacementの効果について,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,看護微生物学

  • 2017年度,遺伝科学

  • 2017年度,看護学英語

  • 2017年度,看護病態機能学特論Ⅴ

  • 2017年度,看護病態機能学特論Ⅵ

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 看護理工学会,評議員,2017年10月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形県看護協会 学会委員,2010年06月 ~ 2019年06月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 看護研究(実験一般)

  • 細胞生物学