基本情報

写真a

鈴木 拓史

SUZUKI Takuji


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4323

研究室FAX

023-628-4323

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子栄養学、栄養生理学

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 食品栄養科学,静岡県立大学,2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養・食糧学会

  • アメリカ生理学会

  • 日本栄養改善学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 栄養素を体内で効率的に利用するためには、小腸の発達と機能維持が重要である。そこで、小腸が栄養素の消化・吸収機能を獲得する詳細なメカニズムならびに正常な小腸機能維持に必須となる栄養素の役割を分子レベルから解明することを目的としている。小腸機能の詳細を明らかにすることで、我々の健康的な生活を維持するための礎となるような根拠を提示したい。

論文 【 表示 / 非表示

  • ChREBP binding and histone modifications modulate hepatic expression of the Fasn gene in a metabolic syndrome rat model.,Nutrition.,31(6) 877-883,2015年

    共著

  • 緑茶カテキンの血管系疾患予防効果 -疫学研究を中心に-,Functional Food,8(1) 16-20,2014年

    共著

  • Thyroid and glucocorticoid hormones induce expression of lactase-phlorizin hydrolase gene in CDX-2/HNF-1α co-transfected IEC-6 cells.,J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo).,60(5) 321-327,2014年

    共著

  • Dietary supplementation with (-)-epigallocatechin-3-gallate reduces inflammatory response in adipose tissue of non-obese type 2 diabetic Goto-Kakizaki (GK) rats.,J Agric Food Chem.,61(47) 11410-11417,2013年

    共著

  • Dietary Supplementation with a Low Dose of (-)-Epigallocatechin-3-Gallate Reduces Pro-Inflammatory Responses in Peripheral Leukocytes of Non-Obese Type 2 Diabetic GK Rats.,J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo).,59(6) 541-547,2013年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Health Benefits of Green Tea: An Evidence-based Approach,CABI publishing,2017年

  • Health Benefits of Tea Consumption. In: Beverage Impacts on Health and Nutrition 2nd Edition,Springer International Publishing AG.,2016年

  • Protective Effects of Catechins on Hepatitis and Liver Fibrosis. In: Scientific Evidence for the Health Benefits of Green Tea.,Japan Tea Central Public Interest Incorporated Association,2015年

  • ~ Health Benefits of Green tea ~ Navigation to Functional and Mechanistic Aspects 2014,World Green Tea Association,2014年

  • 新版 茶の機能-ヒト試験から分かった新たな役割,一般社団法人 農山漁村文化協会,2013年

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 山形県における安全な食事を提供するための取り組み-多職種連携と分野横断型研究開発の現状-,医歯薬出版,臨床栄養,132(1) 10-12,2018年01月

  • Beneficial effects of tea and the green tea catechin epigallocatechin-3-gallate on obesity,Molecules,21(10) ,2016年09月

  • 山形県版栄養情報提供書の構築に向けた研究報告,山形県栄養士会,栄養やまがた,(41) 4-9,2016年

  • Green tea catechins for well-being and therapy: prospects and opportunities,Botanics: Targets and Therapy,5 85-96,2015年

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The Recognition Award for Meritorious Research by a Young Investigator,2010年04月,アメリカ合衆国,The American Physiological Society Gastrointestinal & Liver Physiology Section,Takuji Suzuki

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,非経腸栄養時の小腸機能回復に及ぼす栄養素の役割

  • 特別研究員奨励費,2008年04月 ~ 2009年03月,小腸吸収細胞の分化および栄養素摂取に伴う遺伝子発現のエピジェネティック制御

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 山田養蜂場 第8回みつばち研究助成基金,2015年11月 ~ 2016年10月,ハチミツの小腸機能回復効果に関する研究

    山田養蜂場

  • 公益財団法人篷庵社 平成26年研究助成金,2014年04月 ~ 2017年03月,希少糖(レアシュガー)の消化管吸収機構と小腸機能回復に与える影響

    民間財団等

  • 公益財団法人食生活研究会平成26年度研究助成金,2014年03月 ~ 2015年02月,老化に伴う小腸の栄養素の消化・吸収能への影響

    民間財団等

  • 第50回 三島海雲学術研究奨励金,2012年07月 ~ 2013年06月,小腸絨毛萎縮メカニズムの解明とその回復に与える栄養素の作用機序

    民間財団等

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • アルファ化米粥の介護食として有用性に関する研究,2015年06月 ~ 2016年03月,株式会社セイシン企業,学内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第71回日本栄養・食糧学会大会,国内会議,2017年05月,ハチミツの小腸機能回復効果に関する研究,ポスター(一般)

  • 第36回食事療法学会,国内会議,2017年03月,病院における嚥下調整食のテクスチャー特性の分析,口頭(一般)

  • 山形県栄養士会栄養研究発表会,国内会議,2017年03月,食べものカルテの作成過程とその運用,口頭(一般)

  • 第6回希少糖研究会,国内会議,2017年03月,D-プシコースが小腸上皮細胞内遺伝子発現に与える影響と小腸機能回復に与える影響,口頭(一般)

  • 山形県病院協議会栄養管理専門部会,国内会議,2016年07月,山形県版栄養サマリーの実用化に向けた調査研究,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 栄養アセスメント指標作成検討委員会,2015年07月 ~ 2016年03月

  • 食情報提供書と食支援連携システム構築検討委員会,2015年06月 ~ 2016年03月

  • 栄養士・管理栄養士のためのスキルアップセミナー②,2013年09月 ~ 継続中

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示