基本情報

写真a

中林 千浩

NAKABAYASHI Kazuhiro


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3749

研究室FAX

0238-26-3749

ホームページ

http://polyweb.yz.yamagata-u.ac.jp/~morilab/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • デバイス関連化学

  • 高分子化学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  理工学研究科  有機・高分子物質専攻

    博士課程,2011年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東京工業大学,2011年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • ワシントン大学,研究員,2008年09月 ~ 2009年08月

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員,2010年04月 ~ 2011年03月

  • マサチューセッツ工科大学,研究員,2014年01月 ~ 2015年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 【機能性高分子材料開発とデバイス応用】
    ●固体高分子燃料電池用途の新規高分子の開発
    ●有機薄膜太陽電池用途の新規導電性高分子の開発
    ●高屈折・高透明・高耐熱高分子の開発
    ●導電性高分子の低コスト合成法の開拓

    【精密重合を利用した高分子合成】
    ●RAFT精密重合法を利用した光・電子機能性高分子合成
    ●RAFT精密重合法と重縮合法を組み合わせたナノ粒子の開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 燃料電池用新規高分子電解質膜の開発,2006年04月 ~ 2011年03月

    固体高分子形燃料電池、プロトン伝導性高分子

  • 新規n型導電性高分子材料の開発,2008年09月 ~ 2009年08月

    導電性高分子、n型半導体材料

  • RAFT重合を基盤とした機能性高分子・機能性微粒子の開発,2011年04月 ~ 継続中

    RAFT精密重合、機能性高分子、微粒子

  • 有機薄膜太陽電池用途の新規導電性高分子の開発,2011年04月 ~ 継続中

    導電性高分子、有機薄膜太陽電池

  • 導電性高分子の低コスト合成法の開発,2012年04月 ~ 継続中

    直接アリール化反応、導電性高分子

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Controlled Synthesis of Thiazole-Based Polymers and Block Copolymers by RAFT Polymerization of Azolyl S-Vinyl Sulfides and Metal Complexation,Macromolecules,49(5) 1616-1629,2016年02月

    共著

  • Design of Stimuli-Responsive Nanoparticles with Optoelectronic Cores by Post-assembly Cross-Linking and Self-assembly of Functionalized Block Copolymers,Polymer,86(8) 56-68,2016年01月

    共著

  • Synthesis of sulfur-containing alternating copolymers by RAFT copolymerization of phenyl vinyl sulfides,Reactive and Functional Polymers,93 170-177,2015年08月

    共著

  • Rylene bisimide-based nanoparticles with cross-linked core and thermoresponsive shell using poly(vinyl amine)-based block copolymers,Polymer,68(26) 17-24,2015年06月

    共著

  • RAFT Polymerization of Phenyl Vinyl Sulfide Using Trithiocarbonate Mediating Agents and Synthesis of Block Copolymers,Macromolecular Symposia,349(1) 34-43,2015年03月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Donor-Acceptor Block Copolymers: Synthesis and Solar Cell Applications,Materials,7(4) 3274-3290,2014年04月

  • Recent progress in controlled radical polymerization of N-vinyl monomers,European Polymer Journal,49(10) 2808-2838,2013年10月

  • RAFT重合による電子・光機能性高分子の精密合成,触媒 2月号,71-77,2013年02月

  • Novel complex polymers with carbazole functionality by controlled radical polymerization,International Journla of Polymer Science,2012年02月

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許, シルセスキオキサン化合物とその製造方法、硬化性組成物、硬化物、透明フィルムおよび積層体,竹内浩史, 森秀晴, 中林千浩, 小泉遼

    出願番号( 2013-172265 ) ,日本国

  • 特許,n型半導体高分子化合物及びその製造方法,中林千浩, 森秀晴, 山田将也

    出願番号( 2013-172198 ) ,日本国

  • 特許,プロトン酸基含有ブロックコポリマー、及びその製造方法、並びに高分子電解質膜,上田充, 中林千浩

    出願番号( 2008-080155 ) ,日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,電子欠損性骨格を核とする新奇な導電性材料群のアトムエコノミカル合成法の開拓

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,オールプラスチック太陽電池を指向したフラーレン代替材料群の系統的創製

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2015年03月,有機エレクトロニクス基盤材料の創出を目指した電子輸送性半導体微粒子の開発

  • 若手研究(スタートアップ),2011年10月 ~ 2013年03月,全芳香族系ドナーアクセプター型ジブロック共重合体の合成と有機薄膜太陽電池への応用

  • 特別研究員奨励費,2010年04月 ~ 2011年03月,新規プロトン伝導性電解質膜の開発

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人 中部電気利用基礎研究振興財団 研究助成,2016年04月 ~ 2017年03月,導電性高分子を利用した高溶解・溶液プロセス可能な炭素材料群の創出と フレキシブル透明電極への応用

    民間財団等

  • 物質・デバイス領域共同研究拠点,2016年04月 ~ 2017年03月,有機半導体ナノ微粒子のone-pot 簡便合成、およびそのナノ高次構造制御に基づくエレクトロニクス創出

    文部科学省

  • 公益財団法人 池谷科学技術振興財団 研究助成,2015年04月 ~ 2016年03月,高性能な導電性高分子群の高効率・低コスト・簡便な新合成手法の開発

    民間財団等

  • 公益財団法人 泉科学技術振興財団 研究助成,2013年10月 ~ 2014年10月,低環境負荷・省エネルギーを目指した導電性高分子の新規汎用合成法の開発

    民間財団等

  • 公益財団法人 稲盛財団 研究助成,2013年04月 ~ 2014年03月,フラーレンに依存しない有機薄膜太陽電池創製に向けた電子輸送材料の開発

    民間財団等

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第96回日本化学会春季大会,国内会議,2016年03月,RAFT 重合法を基盤とした架橋コア-シェル型導電性微粒子群の開発,口頭(一般)

  • 第64回高分子討論会,国内会議,2015年09月,Palladium-Catalyzed Direct Arylation Approach to Synthesize Naphthalene Bisimide-Based Polymers,口頭(一般)

  • 250th ACS National Meeting & Exposition,国際会議,2015年08月,Boston, USA,Synthesis of a series of naphthalene bisimide-based polymers by direct arylation,口頭(一般)

  • 248th American Chemical Society National Meeting & Exposition,国際会議,2014年08月,San Francisco, CA, USA,Efficient direct arylation approach to synthesize naphthalene bisimide-based acceptor polymers,口頭(一般)

  • The 13th Pacific Polymer Conference,国際会議,2013年11月,Kaohsiung, Taiwan,Development of Non-Fullerene Acceptor Materials for Organic Photovoltaics,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示