基本情報

写真a

千代 勝実

SENYO Katsumi


職名

教授

生年

1970年

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 科学教育

  • 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),大阪大学,1999年12月

  • 修士(理学),大阪大学,1996年03月

  • 学士(理学),大阪大学,1994年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学大学院,助教,2000年06月 ~ 2005年03月

  • 名古屋大学,講師,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 名古屋大学,講師,2007年04月 ~ 2011年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本物理教育学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大型粒子加速器を用いて粒子と反粒子を同時に生成し、その性質の違いを調べています。なぜ宇宙が生まれてきたかなど、自然の根源的な問いに答えようとする挑戦的な研究です。これに関連して放射線検出器や大規模計算機システムなどの開発も行っています。
    また、教育部門では、大学物理学教育が効果的・効率的になるような方法を模索する研究も行っています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • B中間子系におけるCP非保存現象,1994年04月 ~ 継続中

    CP非保存

  • 大学初年次教育,2006年04月 ~ 継続中

    初年次教育 科学教育 高大接続

論文 【 表示 / 非表示

  • Inclusive study of bottomonium production in association with an \eta meson in e^+e^- annihilations near \Upsilon(5S),Eur. Phys. J.,C78(8) 633,2018年08月

    共著

  • Observation of an Excited Omega^- Baryon,Phys.Rev.Lett.,121(5) 052003,2018年08月

    共著

  • Measurement of the branching fraction of B \to D^(*) \pi \ell \nu at Belle using hadronic tagging in fully reconstructed events,Phys.Rev. D,98(1) 012005,2018年07月

    共著

  • Search for B^- \to \mu^- \nu_\mu bar Decays at the Belle Experiment,Phys.Rev.Lett.,121(3) 031801,2018年07月

    共著

  • Search for Upsilon(1S, 2S) \to Z_c^+ Z_c^(')- at \sqrt(s) = 10.52, 10.58, and 10.867 GeV,Phys.Rev. D,97(11) 112004,2018年06月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • なさねば成らぬ!,山形大学出版会,2014年02月

  • 物理学講義実験ハンドブック 第3版,名古屋大学高等教育研究センター,2014年

  • 社会人基礎力をみがく―アドバンストセミナーマニュアル,山形大学出版会,2013年10月

  • スタートアップセミナー学修マニュアル なせば成る! , 山形大学出版会,2013年02月

  • 物理学実験指針,学術図書,2007年09月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 素粒子物理学高校生サマーキャンプ~Belle Plus

    その他

  • Particle Adventureの和訳・公開

    その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Assessment Institute 2017,国際会議,2017年10月,Indianapolis, IN,Developing a Smartphone-based Integrated Student Assessment Data Collection System to Enhance Yamagata University’s Education,口頭(一般)

  • 37th Annual Conference on The First-Year Experience,国際会議,2018年02月,San Antonio, TX,Redesigning the FYE Course at Yamagata University: Our Challenging Journey,口頭(一般)

 
 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • スーパーサイエンスハイスクール,2004年12月 ~ 2006年12月

    スーパーサイエンスハイスクールの大学側受け入れ担当者として企画運営を行った。

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 大学物理学教育

  • 素粒子物理学実験

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示