基本情報

写真a

渡辺 昌規

WATANABE Masanori


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0235-28-2848

研究室FAX

0235-28-2848

ホームページ

https://watanabelab.com/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス

  • 応用微生物学

  • 食品科学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 広島大学  工学研究科  工業化学

    博士課程,1998年12月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) ,広島大学,1998年12月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • タイ・チェンマイ大学農産業学部  ,客員教授,2019年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本生物工学会

  • 日本食品工学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・エネルギー生産(バイオエタノール、バイオガス)
    に関わる穀物系バイオマスの新規リファイナリー技術の開発

    ・非溶媒系プロセスによる米糠からのタンパク質、リン連続回収技術の開発

    ・新規乳酸菌を用いた米副産物からの低コスト乳酸生成技術の開発

    ・製麺・洗米排水からの難沈降性デンプン粒子の回収・再資源化と水資源リサイクルに関する研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 非加熱・無殺菌バイオマスからの光学活性乳酸生成技術の開発,2013年04月 ~ 継続中

  • 環境調和型プロセスにより米副産物からの機能性成分・有価資源回収技術の開発,2010年04月 ~ 継続中

  • 米由来非可食部バイオマスからのバイオエタノール生産に関する研究,2004年04月 ~ 継続中

    洗米排水 米糠

  • 光合成細菌による重金属の除去とその動力学的解析,2000年04月 ~ 2008年03月

    カドミウム

  • 海洋性光合成細菌の凝集機構に関する研究,1998年04月 ~ 2007年03月

    菌体外高分子

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficient bioconversion of enzymatic corncob hydrolysate into biomass and lipids by oleaginous yeast Rhodosporidium paludigenum KM281510.,Preparative biochemistry & biotechnology,1-12,2019年03月

    共著(海外含む)

  • Antihypertensive effects of orally administered eggplant (Solanum melongena) rich in acetylcholine on spontaneously hypertensive rats,FOOD CHEMISTRY,276 376-382,2019年03月

    共著(海外含む)

  • Characterization of thermostable alkaline protease from Bacillus halodurans SE5 and its application in degumming coupled with sericin hydrolysate production from yellow cocoon,PROCESS BIOCHEMISTRY,78 63-70,2019年03月

    共著(海外含む)

  • Evaluating of quality of rice bran protein concentrate prepared by a combination of isoelectronic precipitation and electrolyzed water treatment,LWT-FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY,99 262-267,2019年01月

    共著(海外含む)

  • Nitrogen fixation in Rhodopseudomonas palustris co-cultured with Bacillus subtilis in the presence of air.,Journal of bioscience and bioengineering,2018年11月

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 油田の地位を狙う?乳酸の新展開,生物工学会誌,90(10) 655,2012年10月

  • バイオフィルムは敵か味方か,生物工学会誌,86(8) 398,2008年08月

  • できそうでできない(?)実用的重金属バイオレメディエーション,生物工学会誌,80(5) 206,2002年05月

  • Biosynthesis biotechnological production and applications of 5-aminolevulinic acid,Appl. Microbiol Biotechnol.,58(1) 23-29,2002年

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,洗米排水の固形成分の沈降方法,渡辺昌規、日髙晴太郎、立木智裕、金本繁晴、尾崎雄一

    出願番号( 特願2010-264907 ) 公開番号( 特開2012-115714 ) 登録番号( 5725813 ) ,日本国

  • 特許,米副産物のリン及びタンパク質の連続回収方法,渡辺昌規、日髙晴太郎、立木智裕、金本繁晴、尾崎雄一

    出願番号( 特願2010-264909 ) 公開番号( 特開2012-116759 ) 登録番号( 5819601 ) ,日本国

  • 特許,デンプン含有物の液化糖化方法,渡辺昌規、日髙晴太郎、立木智裕、金本繁晴、尾崎雄一

    出願番号( 特願2010-264908 ) 公開番号( 特開2012-115150 ) 登録番号( 5794774 ) ,日本国

  • 特許,澱粉含有食品処理排水の浄化装置,渡辺昌規、楠信行、林本正継

    出願番号( 特願2010-192644 ) 公開番号( 特開2012-045529 ) 登録番号( 4831323 ) ,日本国

  • 特許,洗米排水の固形成分の除去方法、洗米排水の固形成分の再利用方法,渡辺昌規、本田秀宝

    出願番号( 特願2006-180545 ) 公開番号( 特開2007-38214 ) 登録番号( 4831323 ) ,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 農芸化学研究企画賞,2019年03月25日,日本国,日本農芸化学会 ,渡辺昌規

  • (財)ソロプチミスト日本財団 環境貢献賞,2010年11月25日,日本国,(財)ソロプチミスト日本財団,渡辺昌規

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 継続中,微生物叢任意制御による非加熱・無殺菌米副産物からの光学活性乳酸生産法の開発

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,微生物叢任意制御による非加熱・無殺菌米副産物からの光学活性乳酸生産法の開発

    環境農学関連

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,非加熱・無殺菌米副産物を単一原料とした環境調和型光学活性乳酸生産方法の開発

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,光駆動性の生物学的レアメタル濃縮系の開発とメタロミクスによる金属動態の理解

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • JST企業ニーズ開発試験(研究成果展開事業 マッチングプランナープログラム),2016年06月 ~ 2017年03月,低真空窒素置換加熱法による新規米糠安定化技術の開発

    経済産業省

  • JST A-STEP(研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム・フィジビリティースタディー【FS】ステージ,2014年06月 ~ 2015年11月,米副産物からの機能性タンパク質・リン化合物同時回収プロセスの開発

    経済産業省

  • 山形県3R研究開発事業費補助金(先導的研究開発事業),2013年09月 ~ 2016年03月,米副産物からのリン成分・高純度タンパク質の同時回収・精製プロセスの開発

    地方自治体

  • ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金(経済産業省北海道経済産業局 地域経済部産業技術課,北海道地域事務局北海道中小企業団体中央会),2013年09月 ~ 2014年05月,デンプン加工食品工場から排出される難処理水を簡便で安定的に処理できるシステム装置の開発

    経済産業省

  • (財)広島市産業振興センター平成21年度環境関連製品・技術開発助成金,2009年08月 ~ 2010年03月,製麺排水の上静・固形成分分離による上静及び固形成分再利用方法の開発とプラント化の検討

    地方自治体

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 市販米中のフィチン酸含量測定及び評価,2018年,一般受託研究

  • 高純度米由来タンパク質・リン連続回収プロセスの当社開発品への適用可否検討,2016年06月 ~ 2017年06月,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 7th international conference on FerVAAP 2017 with jointed session from JSPS-NRCT New Core to Core Program A. Advanced Research Networks,国際会議,2017年07月,Pullman Khon Kaen Raja Orchid, Khorn Kaen, Thailand,Extracellular protease derived from lactic acid bacteria stimulates the fermentative lactic acid production from the by-products of rice as a biomass refinery function.,口頭(招待・特別)

  • 日本農芸化学会,国内会議,2017年03月,京都女子大学,脱脂米糠からのリン・タンパク質抽出条件の最適化による回収産物の品質に与える影響,口頭(一般)

  • The 3rd International conference on rice bran oil (ICRBO 2016),国際会議,2016年12月,ITO International Research Center, The University of Tokyo, Japan.,Simultaneous recovery and purification of rice protein and phosphorus compound from rice bran with organic solvent-free process.,ポスター(一般)

  • The 2nd JSPS-CCP (New Core to Core Program A). Advanced Research Networks. Joint Seminar on Establishment of an international research core for new bio-research fields with microbes from tropical areas,国際会議,2016年11月,Bangsaen Heritage Hotel, Chonburi, Thailand,Purifiction and characterization of thermostable cellulase-free endo-xylanase from Streptmyces thermovulgaris TISTR1948 and its application on xylooligosaccharide production.,口頭(招待・特別)

  • The 2nd JSPS-CCP (New Core to Core Program A). Advanced Research Networks. Joint Seminar on Establishment of an international research core for new bio-research fields with microbes from tropical areas,国際会議,2016年11月,Bangsaen Heritage Hotel, Chonburi, Thailand,Recovery of protein and phosphorus compound and fermentative lactic acid production from defatted rice bran by using pilot scale plant.,口頭(招待・特別)

全件表示 >>

 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 広島県環境学習推進専門講師,2012年01月 ~ 継続中

  • 広島県高等学校教育研究会主催「広島県高校生技能オリンピック」特別審査委員,2011年08月 ~ 2012年08月

  • 広島県教育委員会 ものづくり高校生マイスター育成事業 化学分析部門 講師,2010年05月 ~ 2012年03月

  • 文部科学省「目指せスペシャリスト」育成事業 運営指導委員,2008年10月 ~ 2011年03月

  • (財)広島市産業振興センター工業技術支援アドバイザー,2007年10月 ~ 2012年03月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • ・穀物加工排水の浄化と水質汚濁成分からのエネルギー生産

  • ・農産廃棄物の減量化と有価成分の回収