基本情報

写真a

及川 彰

OIKAWA Akira


職名

准教授

ホームページ

http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~oikawa/

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 植物化学調節学会

  • 日本食品分析学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 生物の代謝全体から様々な生命現象に迫る

論文 【 表示 / 非表示

  • Depletion of myeloid cells exacerbates hepatitis and induces an aberrant increase in histone H3 in mouse serum.,Hepatology,65(1) 237-252,2017年01月

    共著

  • Molecular Evolution and Functional Characterization of a Bifunctional Decarboxylase Involved in Lycopodium Alkaloid Biosynthesis.,Plant Physiol,171(4) 2432-2444,2016年08月

    共著

  • Single ingestion of soy beta-conglycinin induces increased postprandial circulating FGF21 levels exerting beneficial health effects.,Sci Rep,6 28183,2016年06月

    共著

  • Quantitative Proteomics-Based Reconstruction and Identification of Metabolic Pathways and Membrane Transport Proteins Related to Sugar Accumulation in Developing Fruits of Pear (Pyrus communis).,Plant Cell Physiol,57(3) 505-518,2016年03月

    共著

  • Impact of the plastidial stringent response in plant growth and stress responses.,Nat Plants,1 15167,2015年11月

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会東北支部奨励賞,2015年10月02日,日本国,日本農芸化学会東北支部,及川彰

  • Plant Metabolomics Award for Best Poster Presentation,2010年07月01日,オランダ王国,Nobel Foundation,Akira Oikawa

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2016年 ~ 2017年,種子と果肉の情報伝達機構の解明と高品質果実生産技術の開発

  • 基盤研究(S),2015年 ~ 2019年,摂食シグナル胆汁酸の分子栄養学的機能解析と食品成分による摂食応答制御

  • 基盤研究(B),2015年 ~ 2018年,イネにおけるセロトニン蓄積の抑制機構の解明:アブラムシによる抵抗性の抑制と利用

  • 新学術領域研究,2013年 ~ 2017年,植物個体発生を支える代謝ネットワークの解明

  • 基盤研究(B),2013年 ~ 2015年,ナシ属植物の伝播にともなう果実形質および病原菌の共進化過程の解析

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「知」の集積と活用の場による革新的技術創造促進事業,2016年10月 ~ 2021年03月,高付加価値日本食の開発とそのグローバル展開

    農林水産省

  • 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業,2015年 ~ 2017年,超多収穫米を利用した高付加価値化加工用米粉原料の生産体系の確立

    農林水産省

  • 技術革新を加速化する最先端分析技術の応用研究支援事業,2015年,食品のプロファイル解析プラットフォームの構築と実証研究

    農林水産省

  • (財)飯島記念食品科学振興財団平成24年度学術研究助成金,2012年,ダダチャ豆香気成分の生合成機構の解明

    民間財団等

  • 生研センターイノベーション創出基礎的研究推進事業,2011年 ~ 2015年,大果果実の作出に向けたバラ科果樹枝変わり大果変異の機構解明

    農林水産省

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示