基本情報

写真a

宮沢 豊

MIYAZAWA Yutaka


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4614

研究室FAX

023-628-4625

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物生理学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  理学系研究科  生物科学専攻

    博士課程,2001年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東京大学,2001年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物学会

  • 日本植物生理学会

  • 米国植物生理学会 (American Society of Plant Biologists)

  • 植物化学調節学会

  • 日本育種学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 陸上植物は発芽から結実までのライフサイクルを芽生えた地点で完結させなければなりません。それゆえに、植物は不断に直面する様々な環境要因の変化に対して柔軟に形態を変化させる仕組みを持っています。例えば、植物は重力や光、水に応答して自身の形態を変化させ、養水分の効率的な獲得や光合成能の増大をはかっています。この、環境応答に依存した植物の形態形成は、植物の生存戦略において非常に重要である一方、その仕組みは未だ解明されていません。私は、水、重力を中心とした環境刺激に対する植物の応答機構を理解するために、環境刺激受容、応答に関する遺伝子を単離し、それらの解析を行っています。得られる成果は現在の地球が抱える食料、環境、エネルギーといった問題の解決へとつながることが期待されます。

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular mechanisms mediating root hydrotropism: what we have observed since the rediscovery of hydrotropism.,Journal of Plant Research,133 3-14,2020年01月

    Miyazawa Y, Takahashi H

    共著(国内のみ)

  • Circumnutational movement in rice coleoptiles involves the gravitropic response: analysis of an agravitropic mutant and space-grown seedlings.,Physiologia Plantarum,165 464-475,2019年03月

    Kobayashi A, Kim H-J, Tomita Y, Miyazawa Y, Fujii N, Yano S, Yamazaki C, Kamada M, Kasahara H, Miyabayashi S, Shimazu T, Fusejima Y, Takahashi H

    共著(国内のみ)

  • Root-tip-mediated inhibition of hydrotropism is accompanied with the suppression of asymmetric expression of auxin-inducible genes in response to moisture gradients in cucumber roots.,PLOS One,2018年01月

    Fujii N, Miyabayashi S, Sugita T, Kobayashi A, Yamazaki C, Miyazawa Y, Kamada M, Kasahara H, Osada I, Shimazu T, Fusejima Y, Higashimata A, Yamazaki T, Ishioka N, Takahashi H

    共著(海外含む)

  • Gravitropism interferes with hydrotropism via counteracting auxin dynamics in cucumber roots: clinorotation and spaceflight experiments.,New Physiologist,215 1476-1489,2017年09月

    Morohashi K. Okamoto M, Yamazaki C, Fujii N, Miyazawa Y, Yamada M, Kasahara H, Osada I, Shimazu T, Fusejima Y, Higashimata A, Yamazaki T, Ishioka N, Kobayashi A, Takahashi H.

    共著(海外含む)

  • Auxin transport and response requirements for root hydrotropism differ between plant species.,Journal of Experimental Botany,68 3441-3456,2017年06月

    Nakajima Y, Nara Y, Kobayashi A, Sugita T, Miyazawa Y, Fujii N, Takahashi H.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生物学辞典,東京化学同人,2010年12月

    石川統 他 編集

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Root tropisms: its mechanism and possible functions in drought avoidance.,Elsevier Ltd.,Advances in Botanical Research,57 349-375,2011年05月

    Miyazawa Y, Yamazaki T, Moriwaki T, Takahashi H

  • How do Arabidopsis roots differentiate hydrotropism from gravitropism?,Landes Bioscience,Plant Signaling and Behavior,2 388-389,2007年09月

    Miyazawa Y, Takahashi H

  • Biochemical and molecular biological analyses of space-flown nematodes in Japan, the First International Caenorhabditis elegans Experiment (ICE-First).,Springer Netherlands,Microgravty Science and Technology,5/6 159-163,2007年09月

    Higashibata A, Higashitani A, Adachi R, Kagawa H, Honda S, Honda Y, Higashitani N, Sasagawa Y, Miyazawa Y, Szewczyk NJ, Conley CA, Fujimoto N, Fukui K, Shimazu T, Kuriyama K, Ishioka N

  • Tobacco BY-2 cell as a model for differentiation in heterotropic plant cells.,Springer Berlin Heidelberg New York,Biotechnology in Agriculture and Forestry,58 119-132,2006年12月

    Miyazawa Y, Sakai A

  • Studies on dynamic changes of organelles using BY-2 as the model of plant cells line.,Springer Berlin Heidelberg New York,Biotechnology in Agriculture and Forestry,53 192-216,2004年12月

    Sakai A, Miyazawa Y, Kuroiwa T

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,2011年04月,日本国,文部科学大臣,宮沢 豊

  • 日本植物学会 奨励賞,2010年09月,日本国,日本植物学会,宮沢 豊

  • 日本植物学会 若手奨励賞,2004年09月,日本国,日本植物学会,宮沢 豊

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,水分屈性初期応答の分子機構—水分勾配刺激が生物学的情報へ変換される場と仕組み

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,水分屈性初期応答の分子機構—水分勾配刺激が生物学的情報へ変換される場と仕組み

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,数理解析による回旋転頭運動の重力応答依存性の証明と新規回旋転頭運動機能分子の同定

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The International Symposium on Rapid Evolutionary Change of Invertebrates, Plants, and their Interactions under Ecological Disturbance ,国際会議,2019年03月,Yamagata,Physiological analyses on the ecological significance of root hydrotropism,ポスター(一般)

  • The International Symposium on Rapid Evolutionary Change of Invertebrates, Plants, and their Interactions under Ecological Disturbance ,国際会議,2019年03月,Physiological and molecular biological analyses on the osmotic stress-dependent starch metabolism in the columella cells of Arabidopsis thaliana,ポスター(一般)

  • 東北植物学会第8回大会,国内会議,2018年12月,弘前,シロイヌナズナの根端コルメラ細胞における浸透圧ストレスの有無に依存したデンプン分解・再合成機構の生理学的解析,ポスター(一般)

  • 日本宇宙生物科学会第32回大会,国内会議,2018年09月,キュウリ芽生えの発芽時の重力条件により発現が変動する遺伝子の探索,ポスター(一般)

  • 日本植物学会第82回大会,国内会議,2018年09月,広島,HSP90とNPH3がシロイヌナズナの根の水分屈性をMIZ1と協調的に制御する可能性,口頭(一般)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 東北植物学会,会計幹事,2012年01月 ~ 2015年12月

  • 日本宇宙生物科学会,代議員,2013年11月 ~ 継続中

  • 日本植物生理学会,代議員,2014年01月 ~ 2015年12月

  • 日本植物形態学会,編集委員、広報委員,2014年01月 ~ 2018年12月

  • 東北植物学会,庶務幹事,2016年01月 ~ 継続中

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示