基本情報

写真a

石渡 聡

ISHIWATA Satoshi


職名

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 幾何学

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • グラフ上のランダム・ウォークおよびリーマン多様体上の熱核の長時間挙動に表れる空間の幾何構造の研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Sobolev型不等式の臨界に表れる幾何構造の抽出と距離空間への一般化,2009年04月 ~ 継続中

    熱核 ソボレフの等式 ポアンカレ不等式

  • ボトルネック構造を持つ空間の幾何解析,2017年04月 ~ 2022年03月

    ボトルネック、多様体、グラフ、熱核、ランダム・ウォーク、関数不等式

論文 【 表示 / 非表示

  • 非コンパクトリーマン多様体上の熱核評価---最近の発展--,数学,71(1) 77-92,2019年01月

    単著

  • Heat kernel estimates on connected sums of parabolic manifolds,Journal de Mathematiques Pures et Appliquees,113 155-194,2018年03月

    共著(海外含む)

  • Can one observe a bottleneckness of a space from the heat distribution?,Science Journal of Volgograd State University Mathematical Physics and Computer Simulation,20(3) 77-88,2017年07月

    単著

  • Central limit theorems for non-symmetric random walks on nilpotent covering graphs,数理解析研究所講究録,2030 9-16,2017年05月

    共著(海外含む)

  • Long time asymptotics of non-symmetric random walks on crystal lattices, Journal of Functional,Journal of Functional Analysis,272(4) 1553-1624,2017年02月

    共著(海外含む)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 川井賞,2001年03月,日本国,川井数理科学財団,石渡聡

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,ウェーブレット解析による変数係数を持つ波動方程式への超局所解析的応用

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2019年03月,マルコフ過程と最適輸送理論に基づく測度距離空間上の幾何学と解析学の研究

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2022年03月,ボトルネック構造を持つ空間の幾何解析

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2022年03月,ボトルネック構造を持つ空間の幾何解析

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2017年03月,ボトルネック構造を持つ空間上の熱核と幾何学的不等式の研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 談話会,国内会議,2018年11月,東北大学,多様体の連結和上の幾何解析,口頭(一般)

  • Analysis and PDEs on Manifolds,国際会議,2018年09月,南開大学,Poincaré inequality on manifolds with ends,口頭(一般)

  • 2018 Spring Probability Workshop,国際会議,2018年06月,Institute of Mathematics, Academia Sinica,Poincaré constant on manifolds with ends,口頭(一般)

  • Probability and Analysis seminar,国際会議,2018年02月,Cornell 大学,Poincaré inequality on manifolds with ends,口頭(一般)

  • Seminar,国際会議,2017年03月,Poincaré inequality on manifolds with ends,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • KEKサマーチャレンジ,2010年12月 ~ 継続中

    全国から大学3年生を中心とした学生を募集し、高エネルギー加速器研究機構(KEK)において合宿形式で講義および実験を行ってもらう。

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 離散幾何解析学