基本情報

写真a

真壁 幸樹

MAKABE Koki


職名

准教授

生年

1977年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3237

研究室FAX

0238-26-3237

ホームページ

http://makabe.yz.yamagata-u.ac.jp/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生体関連化学

  • 生物物理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部  応用化学科

    2000年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学研究科

    博士課程,2005年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東北大学,2005年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • シカゴ大学,研究員,2005年04月 ~ 2008年03月

  • 自然科学研究機構 分子科学研究所 岡崎統合バイオサイエンスセンター,助教,2008年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本蛋白質科学会

  • 日本生物物理学会

  • 日本化学会

  • 日本物理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質の構造形成原理の解明とそれに基づく工学応用

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • βシート構造の形成原理の解明,2005年04月 ~ 継続中

    βシート

  • 球状蛋白質のフォールディング,2008年04月 ~ 継続中

    folding

  • 抗体の物理化学的評価および工学的応用,2010年04月 ~ 継続中

    抗体工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Generation of camelid VHH bispecific constructs via in-cell intein-mediated protein trans-splicing.,Protein Engineering, Design & Selection,2016年11月

    共著

  • Aromatic cluster mutations produce focal modulations of β-sheet structure,Protein Science,24 841-849,2015年05月

    共著

  • Zinc ion-binding activity of an anti-ZnO VHH antibody, 4F2,Chem. Lett.,2015年

    共著

  • Dissection of the ATP-dependent conformational change cycle of a group II chaperonin.,J Mol Biol.,2014年

    共著

  • Structural insights into the stability perturbations induced by N-terminal variation in human and goat α-lactalbumin.,Protein Eng Des Sel.,2013年02月

    共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,球状蛋白質の準安定状態を用いた抗癌細胞作用のある分子の作成,桑島邦博,中村敬,真壁幸樹

    出願番号( 2011-238611 ) ,日本国

  • 特許,蛋白質―化学療法剤複合体及びその製造方法,並びに医薬への応用,桑島邦博,中村敬,真壁幸樹

    公開番号( 2012-147492 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質科学会若手奨励賞,2009年05月21日,日本国,日本蛋白質科学会,真壁幸樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2018年03月,がん特異的構造変換デザイン

  • 挑戦的萌芽研究,2014年04月 ~ 2016年03月,蛋白質ライゲーションによる網羅的な二重特異性抗体の作製と革新的分子の単離

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会,中部支部会計係,2009年04月 ~ 2010年03月

  • 日本物理学会,領域12(生物物理分野)領域運営委員,2009年10月 ~ 2010年10月

  • 日本蛋白質科学会,第十回年会ポスター賞審査委員,2010年06月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 蛋白質の結晶化

  • 蛋白質の大量調整法