基本情報

写真a

松本 大理

MATSUMOTO Dairi


職名

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 哲学・倫理学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(Dr. Phil.),ケルン大学,2011年01月

  • 修士(文学),北海道大学,2001年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本哲学会

  • 北海道大学哲学会

  • 北海道哲学会

  • 日本カント協会

  • 日本倫理学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 道徳原理の基礎づけ。カント倫理学と討議倫理学の比較検討・統合。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 道徳原理の基礎づけ,2000年04月 ~ 継続中

    道徳原理、基礎づけ、カント、討議倫理学

論文 【 表示 / 非表示

  • カントの「理性の事実」とその背後の問い,東北哲学会編『東北哲学会年報』,29 15-29,2013年05月

    単著

  • カント倫理学と討議倫理学――基礎づけ問題と適用問題の関係をめぐって,北海道大学哲学会編『哲学年報』,59 19-36,2012年11月

    単著

  • 『道徳形而上学の基礎づけ』における実践哲学の限界――実践的観点の確立をめぐる考察,日本カント協会編『日本カント研究13 カントと形而上学』理想社,13 181-195,2012年10月

    単著

  • カントにおけるア・プリオリな実践的=綜合的命題,日本カント研究(日本カント協会),5 95-110,2004年07月

    単著

  • カントの道徳性の原理における人格と目的の関係,哲学(日本哲学会),55 256-267,2004年04月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Moralbegründung zwischen Kant und Transzendentalpragmatik: Von der transzendentalen Begründung zur Faktizität des Moralischen,Tectum Verlag,2011年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 杉田聡『カント哲学と現代――疎外・啓蒙・正義・環境・ジェンダー』(行路社、2012年),北海道大学哲学会,哲学,51 43-49,2015年09月

  • ドイツのエネルギー転換に関する倫理委員会の報告書の紹介,北海道哲学会編『哲学年報』,59 37-43,2012年11月

  • 留学生の視点から見たドイツの大学教育改革,加藤泰史編『大学と学問の再編成に向けて』,167-178,2012年03月

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東北哲学会第 62 回大会,国内会議,2012年10月,東北大学,カントの「理性の事実」と道徳性――アーペルの解釈を参考にしながら,口頭(一般)

  • 北海道哲学会・北海道大学哲学会共催シンポジウム,国内会議,2011年12月,北海道大学,ドイツのエネルギー供給に関する倫理委員会報告の紹介,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本カント協会第36回大会,国内会議,2011年11月,首都大学東京,『道徳形而上学の基礎づけ』における実践哲学の限界,口頭(一般)

  • 日本倫理学会第62回大会,国内会議,2011年10月,富山大学,カントの方法的独我論とコミュニケーション的理性,口頭(一般)

  • 北海道哲学会2011年度・夏大会,国内会議,2011年07月,北海道大学,カント倫理学と討議倫理学――基礎づけ問題と適用問題の関係をめぐって,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 出張講義 講義題目:哲学的な視点の哲学,2014年02月

  • 出張講義 講義題目:時間の哲学,2012年12月

  • 出張講義 講義題目:哲学的思索の起源,2012年09月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 哲学、倫理学