基本情報

写真a

越智 陽城

OCHI Haruki


職名

准教授

研究室電話

023-633-5925

研究室FAX

023-633-5925

ホームページ

http://ochi.yu-med-tenure.com/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学

  • 分子生物学

  • 遺伝・染色体動態

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • オレゴン大学,研究員,2003年04月 ~ 2007年12月

  • 奈良先端科学技術大学院大学,助教,2008年01月 ~ 2012年03月

  • 奈良先端科学技術大学院大学,研究員,2012年04月 ~ 2013年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本発生学会

  • 国際発生生物学会

  • 日本動物学会

  • アメリカ細胞生物学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 1. 組織器官形成における遺伝子発現調節メカニズムの研究
    2. 遺伝子発現調節メカニズムの進化の研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Transcriptional regulators in the Hippo signaling pathway control organ growth in Xenopus tadpole tail regeneration.,Dev. Biol.,2014年

    共著(海外含む)

  • Six1 is a key regulator of the developmental and evolutionary architecture of sensory neurons in craniates.,BMC Biol. ,2014年

    単著

  • Evolution of a tissue-specific silencer underlies divergence in the expression of Pax2 and Pax8,Nature Communications,2012年04月

    単著

  • Co-expression of the H3K27 demethylases, JMJD3 and UTX, with the H3K27 methylase, EZH2, during Xenopus embryonic development,Int. J. Dev. Biol,2012年01月

    共著(海外含む)

  • Transcription factors involved in lens development from the preplacodal ectoderm,Dev. Biol.,2012年01月

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ヒストン脱メチル化因子Jmjd3による眼形成遺伝子Pax6の発現制御,21世紀の遺伝学(XI) GSJコミュニケーションズ ,2015年

  • 発現調節配列の変化を探る,生命誌研究館,2014年01月

  • Differential use of paralogous genes via evolution of cis-regulatory elements for divergent expression specificities,,Springer,2014年

  • Methods in Molecular Biology, Xenopus Protocols, 2nd edition: Post-Genomic Approaches,Humana press,2012年12月

  • ゲノムからの情報発現,シュプリンガーフェアラーク東京 ,2002年12月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第45回日本発生生物学会 第64回日本細胞生物学会 合同大会 若手優秀ポスター賞,2012年05月,日本国,第45回日本発生生物学会 第64回日本細胞生物学会 合同大会,越智 陽城

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2019年03月,深層学習による疾患の超早期発見を可能にする病態発症前モデルの大規模スクリーニング

  • 新学術領域研究(研究領域提案型),2014年04月 ~ 継続中,腎臓再生の三次元イメージングによる再生原理の解明

    三次元構造を再構築する再生原理の解明 公募班
    腎臓再生の三次元イメージングによる再生原理の解明

  • 新学術領域研究(研究領域提案型),2014年04月 ~ 継続中,脊椎動物の人工ゲノム倍化によるアダプテーション原理の解明

    ゲノムアダプテーションのシステム的理解 公募班
    脊椎動物の人工ゲノム倍化によるアダプテーション原理の解明

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 継続中,パラログ遺伝子間クロストークによる遺伝子発現の安定化機構

    Pax2とPax5パラログ遺伝子間でみられる遺伝子発現安定化メカニズムの解明

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2013年03月,パラログ遺伝子のシス調節配列の進化と遺伝子ネットワークのフェイルセーフ機構の解析

    Pax2、Pax5、Pax8パラログ遺伝子のシス調節配列の進化と遺伝子ネットワークのフェイルセーフ機構の解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構 シーズ発掘試験,2009年04月 ~ 2010年03月,多発性嚢胞腎症の治療薬開発を支援するPKDシグナル活性評価法の開発

    科学技術振興機構

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • Paralogous enhancer: a crossover point between developmental robustness and stress response,2012年09月,日本科学協会 平成24年度海外発表促進助成,一般受託研究

  • 両生類と哺乳類の種差に基づいた再生エンハンサーの機能解析,2012年04月 ~ 継続中,公益財団法人 武田科学振興財団 ライフサイエンス研究奨励,その他

  • 加齢によるPax2塩濃度感知型エンハンサーのエピゲノム変化と慢性腎疾患の発症の相関に関する研究,2012年01月 ~ 継続中,公益財団法人千里ライフサイエンス振興財団,一般受託研究

  • 水中から陸上へ – Pax2遺伝子のシス調節配列の進化による中耳獲得メカニズムの研究,2009年04月 ~ 2011年03月,稲盛財団,一般受託研究

  • 多発性嚢胞腎症の原因遺伝子PKDによるPax2遺伝子の発現調節機構の解明,2009年04月 ~ 2010年03月,日本科学財団 笹川科学助成金,その他

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子発現の安定化機構におけるパラログ間クロストークのライブイメージング,2012年04月 ~ 2013年03月,自然科学研究機構 基礎生物学研究所 個別共同利用 (亀井 保博 准教授),国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 14th Xenopus international conference,国際会議,2012年09月,Toulon, France,Paralogous enhancers: a crossover point between developmental robustness and Stress response,ポスター(一般)

  • The 14th Xenopus international conference,国際会議,2012年09月,Toulon, France,Analysis of the Xenopus laevis J-strain genome by BAC end sequencing FISH, and RNA-sequence,ポスター(一般)

  • he 14th Xenopus international conference,国際会議,2012年09月,Toulon, France,, Evolution of a tissue-specific silencer underlies divergence in the expression of paralogues,ポスター(一般)

  • ISDB 71th Annual Meeting,国際会議,2012年06月,Montreal, Canada,Key regulator for development and evolutionary switch form Rohon-Beard cells to dorsal root ganglia,ポスター(一般)

  • The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting,国際会議,2011年12月,Denver, Colorado, USA, Conservation and diversification of cis-regulatory mechanisms for pax2/5/8 paralog group in chordates,ポスター(一般)

全件表示 >>