基本情報

写真a

江成 広斗

ENARI Hiroto


職名

准教授

生年

1980年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0235-28-2925

研究室FAX

0235-28-2925

ホームページ

https://sites.google.com/view/hirotoenari/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 野生動物管理

  • 生態・環境

  • 生物資源保全学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  農学部  地域生態システム学科

    2002年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  農学研究科

    修士課程,2004年03月,修了

  • 東京農工大学  連合農学研究科

    博士課程,2007年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),東京農工大学,2007年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学霊長類研究所,日本学術振興会特別研究員,2007年04月 ~ 2009年11月

  • 宇都宮大学農学部附属里山科学センター,助教,2009年12月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 「野生生物と社会」学会

  • 日本生態学会

  • 日本哺乳類学会

  • 環境省 特定鳥獣保護管理検討会(ニホンザル)

  • 東北森林科学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  •  人口減少時代に足を踏み入れた日本において、森林と動物、動物と社会との「かかわり」は急速に変化しています。その結果、哺乳類各種による農業被害・林業被害・人身被害(人獣共通感染症)・生活被害・ロードキル(野生動物との交通事故)、ニホンジカによる過度な生態系攪乱などが各地で発生し、それらに関連する問題は日々深刻化しています。
     そこで、「人口減少」という厳しい現実から目をそらさず、様々な時間・空間スケールから、これらの問題解決を目指した実現可能な対応策を数多く社会に立案することを目標とした研究を進めています。問題の解決ツールとして、動物生態学(景観・個体群・行動・群集生態学)や、野生動物管理 (森林計画学や社会科学的アプローチ、いわゆるhuman dimensionsも含む) を主に利用します。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多雪地におけるニホンザルの社会生態,2001年04月 ~ 継続中

    多雪, 霊長類

  • 生物多様性保全に配慮した人工林施業手法の検討,2007年04月 ~ 継続中

    人工林

  • 大型哺乳類の生息地評価モデルの構築,2007年04月 ~ 継続中

    生息地, GIS

  • 哺乳類の分布拡大・回復が生態系プロセスに及ぼす影響,2011年04月 ~ 継続中

    生物間相互作用

論文 【 表示 / 非表示

  • Human–macaque conflicts in shrinking communities: recent achievements and challenges in problem solving in modern Japan,Mammal Study,2021年

    Enari, Hiroto

    単著

  • Reasons for the dissatisfaction of residents with the recent reduction in the amount of crop damage by Japanese macaques―A case study in a typical depopulating prefecture in northern Japan ,Mammal Study,accepted ,2021年

    Enari S.H, Enari H

    共著(国内のみ)

  • Not avian but mammalian scavengers efficiently consume carcasses under heavy snowfall conditions: A case of northern Japan ,Mammalian Biology,accepted ,2021年

    Enari H, Enari SH

    共著(国内のみ)

  • カメラトラップで確認された山形大学農学部附属上名川演習林における哺乳類相 ,東北森林科学会誌,25(1) 37-40,2020年10月

    渡部凌我, 斎藤昌幸, 江成はるか, 江成広斗

    共著(国内のみ)

  • カメラトラップをもちいた攪乱の少ないブナ林における哺乳類相の評価:白神山地の事例,野生生物と社会,8 1-4,2020年09月

    江成 広斗, 江成 はるか

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 森林と野生動物(小池伸介, 山浦悠一, 滝久智, 編),共立出版,2019年02月

    江成広斗

  • 日本のサル―哺乳類学としてのニホンザル研究(辻 大和, 中川尚史, 編),東京大学出版会,2017年05月

    江成広斗

  • とちぎの野生動物:私たちの研究のカタチ(關義和, 丸山哲也, 奥田圭, 竹内正彦 編),随想舎,2016年02月

    江成広斗

  • 野生動物管理のためのフィールド調査法: 哺乳類の痕跡判定からデータ解析まで,京都大学学術出版会,2015年03月

    關 義和・江成広斗・小寺祐二・辻大和 編

  • High Altitude Primates (Grow N, Gursky S, & Krztn A. eds.),Springer ,2014年01月

    Enari H

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 分布拡大初期にあるシカ個体群の低コストモニタリング手法の開発 ―東北野生動物管理研究交流会―,公益財団法人 自然保護助成基金,自然保護助成基金助成成果報告書,29(0) 52-60,2020年

    江成 広斗, 江成 はるか, 加藤 亜沙美

  • 人口減少時代における野生生物保全を考える―新たな挑戦―,野生生物保護学会,ワイルドライフ・フォーラム,14(3-4) 5-8,2010年01月

    江成広斗

  • ヒューマン・ディメンジョンとは何か野生動物管理における社会科学的アプローチの芽生えとその発展について,野生生物保護学会,ワイルドライフ・フォーラム,14(3-4) 16-21,2010年01月

    桜井良・江成広斗

  • 自然再生フォーラム ~なぜ種の再導入は必要か?~,野生生物保護学会,ワイルドライフ・フォーラム ,11(3-4) 129-145,2007年01月

    江成広斗・角田裕志・西川真理

  • 農作物加害中・大型哺乳類追い上げ事業の理念と課題,野生生物保護学会,ワイルドライフ・フォーラム,7(2) 43-46,2001年01月

    丸山直樹・和田一雄・神崎伸夫・伊藤泉文・小金澤正昭・江成広斗

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 山形県科学技術奨励賞,2017年10月17日,日本国,山形県,江成広斗

  • 高島賞,2015年07月19日,日本国,日本霊長類学会,江成広斗

  • 奨励賞,2015年07月,日本国,日本哺乳類学会,江成広斗

  • Journal of Forest Research Award 2013,2013年03月,日本国,日本森林学会,Enari H, Koike S, & Sakamaki H

  • 日本生態学会第58回全国大会 最優秀ポスター賞,2011年03月,日本国,日本生態学会,坂牧はるか、江成広斗、青井俊樹

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,大型獣がもたらす攪乱は多種共存に貢献するか:縮小社会における再野生化の可能性

    生物資源保全学関連

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,鳥獣害の軽減と農山村の活性維持を目的とする野生動物管理学と農村計画学との連携研究

  • 若手研究(A),2014年04月 ~ 2018年03月,多雪地における大型哺乳類の分布回復が生態系に及ぼす影響の評価とリスク低減策の提示

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,ニホンザルの分布回復が冷温帯林における生物間相互作用に与える影響

    本州北部の冷温帯林では、過去の乱獲により、ニホンザル(以下、サル)の地理的分布は大幅に退縮したが、本種の分布は近年回復傾向にある。一方、この分布回復は、「猿害」という深刻な社会問題を引き起こしている。サルの分布回復に伴う「猿害」という「負の側面」が強調される昨今、この分布回復を生態学的見地から評価する試みは少ない。そこで、本研究では、潜在的な生物相の異なる豪雪地と寡雪地における冷温帯林を対象に、サルの分布回復が、林内の生物間相互作用にもたらす影響の特定と、それらの定量的評価を試みる。

  • 特別研究員奨励費,2007年04月 ~ 2009年03月,白神山地における社会・環境問題としての猿害解決を目的とした領域横断的研究

    白神山地におけるニホンザル問題解決を目指した領域横断的取り組みを実施した。詳細は科研費報告書を参照のこと。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 住友財団環境研究助成,2020年11月 ~ 2022年11月,気候変動に伴う異常気象の頻度増加がニホンザルにもたらす行動学的・生理学的影響

    民間財団等

  • ニッセイ財団 若手研究・奨励研究助成,2020年10月 ~ 2021年09月,鳴声を利用したニホンジカの低コスト個体数推定法の確立

    ニッセイ財団

  • 旭硝子財団 環境フィールド研究分野・提案研究コース,2020年04月 ~ 2022年03月,ニホンザルの個体群管理の適正化に資する低コスト・モニタリング技術 「ボイストラップ法」の開発

    旭硝子財団

  • 京都大学霊長類研究所・共同利用研究,2019年04月 ~ 2020年03月,ボイストラップ法によるニホンザル探知技術の高度化

    京都大学霊長類研究所

  • 自然保護助成基金: 第28期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成,2017年10月 ~ 2019年09月,分布拡大初期にあるシカ個体群の低コストモニタリング手法の開発

    民間財団等

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 山形県大型野生動物生息動向調査 ,2020年04月 ~ 2021年03月,山形県みどり自然課,一般受託研究

  • 山形県大型野生動物生息動向調査 ,2019年04月 ~ 2020年03月,山形県みどり自然課,一般受託研究

  • 平成31年度絶滅危惧種保全・外来種防除対策事業(外来種侵入状況調査) ,2019年04月 ~ 2020年03月,山形県環境エネルギー部,一般受託研究

  • 山形県大型野生動物生息動向調査 ,2018年04月 ~ 2019年03月,山形県みどり自然課,一般受託研究

  • 山形県大型野生動物生息動向調査 ,2017年04月 ~ 2018年03月,一般受託研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:ニホンザル保護管理に関する研究の最前線,国内会議,2020年02月,東京:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC),ニホンザル保護管理に関する研究の最前線 :趣旨説明,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「野生生物と社会」学会,国内会議,2019年11月,爪痕を用いた山形県におけるアライグマとハクビシンの生息地選択の評価,ポスター(一般)

  • 「野生生物と社会」学会,国内会議,2019年11月,「野生生物と社会」の変動期における知識創造の可能性 ―オープンデータの生産や共有を通じて―,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本哺乳類学会,国内会議,2019年09月,朝日・飯豊山系における雪上歩行時の移動コストが中・大型哺乳類の生息地選択に及ぼす影響,ポスター(一般)

  • 日本哺乳類学会,国内会議,2019年09月,サル部会企画:ニホンザルの保護管理ユニットの有効性について考える,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 野生動物の生息地評価手続き(HEPs),大学等の研究機関との共同研究を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

  • 大型野生動物の個体群モニタリング技術,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

  • 生態・社会・行動学的な哺乳類の被害対策に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 環境省 特定鳥獣保護管理検討会(ニホンザル) ,委員,2012年07月 ~ 継続中

  • 山形県 特定鳥獣保護管理検討委員会,委員,2013年06月 ~ 継続中

  • 「野生生物と社会」学会,ワイルドライフフォーラム誌 編集長,2014年04月 ~ 2015年03月

  • 日本生態学会,Ecological Research, Editor,2014年04月 ~ 2019年12月

  • 山形県環境科学研究センター アドバイザリー・ボード,アドバイザリーボード,2014年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 野生動物との共存を考える,2020年02月

  • 「野生動物を知る」第5回 「縮む社会におけるサルとの付き合い方」,2019年11月

  • 環境対応セミナー 「森林動物との共存を科学する」,2019年10月

  • 岐阜大学70周年記念シンポジウム「野生動物管理の推進を担う地方大学の取り組み」,2019年10月

  • 東北地方ニホンジカ勉強会,2018年12月 ~ 2019年12月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 森林性哺乳類の個体群管理、生息地管理、被害対策