基本情報

写真a

加来 伸夫

KAKU Nobuo


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0235-28-2881

研究室FAX

0235-28-2881

ホームページ

https://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~nkaku/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用微生物学

  • 環境農学(含ランドスケープ科学)

  • 植物栄養学・土壌学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  農学部  農芸化学科

    1992年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学  連合農学研究科  生物資源科学専攻

    博士課程,1997年03月,修了

  • 山形大学  農学研究科  農芸化学専攻

    修士課程,1994年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),岩手大学,1997年03月

  • 修士(農学),山形大学,1994年03月

  • 学士(農学),山形大学,1992年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学大学院連合農学研究科,研究生,1997年04月 ~ 1997年08月

  • 名城大学総合研究所,特別研究員,1997年08月 ~ 2000年04月

  • 株式会社海洋バイオテクノロジー研究所,研究員,2000年05月 ~ 2002年09月

  • 鶴岡市立荘内看護専門学校,非常勤講師,2014年04月 ~ 継続中

  • 鶴岡工業高等専門学校,非常勤講師,2014年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本微生物生態学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本土壌肥料学会

  • 日本土壌微生物学会

  • 日本水環境学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)各種嫌気環境下に生息する嫌気性細菌の生理、生態、並びに分子系統学的方法による多様性についての研究。
    (2)嫌気的微生物処理による環境浄化、特に廃水のメタン醗酵処理におけるプロセスの安定化とメタン回収の効率化に関わる要因の解明と微生物機能の改良。
    (3)嫌気性微生物の機能を利用した電気生産(微生物燃料電池)についての研究。
    (4)微生物を利用した有価金属の回収
    (5)各種嫌気性細菌の有効利用。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 水田土壌中のメタン生成微生物生態系と水田からのメタン放出の関係,1991年04月 ~ 継続中

    水田, メタン生成古細菌, 温室効果ガス

  • 有機性廃棄物(バイオマス)の嫌気処理によるメタンの回収,1991年04月 ~ 継続中

    有機性廃棄物, バイオマス, 嫌気処理, メタン

  • 嫌気性微生物の系統的多様性,1991年04月 ~ 継続中

    嫌気性微生物, 16S rRNA, 生物多様性

  • 遺伝子工学的手法を用いた環境耐性ラン藻の創製,1997年08月 ~ 2000年04月

    遺伝子工学, 環境ストレス, ラン藻

  • 微生物を利用した電気生産(微生物燃料電池),2007年04月 ~ 継続中

    微生物燃料電池 嫌気性微生物 光合成微生物

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Bottom-to-top continuous irrigation of treated municipal wastewater for effective nitrogen removal and high quality rice for animal feeding (vol 18, pg 1183, 2017),WATER SCIENCE AND TECHNOLOGY-WATER SUPPLY,19(1) 346,2019年02月

    Dong Duy Pham, Kurashima Sumiko, Kaku Nobuo, Pu Jian, Watanabe Toru, Sasaki Atsushi

    共著(国内のみ)

  • Aminipila butyrica gen. nov., sp nov., a strictly anaerobic, arginine-decomposing bacterium isolated from a methanogenic reactor of cattle waste,INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY,68(1) 443-448,2018年01月

    Ueki Atsuko, Goto Kazushi, Kaku Nobuo, Ueki Katsuji

    共著(国内のみ)

  • Degradation of the fungal cell wall by clostridial strains isolated from soil subjected to biological soil disinfestation and biocontrol of Fusarium wilt disease of spinach,Applied Microbiology and Biotechnology,101(22) 8267-8277,2017年11月

    Atsuko Ueki, Toshiaki Takehara, Gen Ishioka, Nobuo Kaku, Katsuji Ueki

    共著(国内のみ)

  • Description of Anaerotignum aminivorans gen. nov., sp. nov., a strictly-anaerobic, amino-acid-decomposing bacterium isolated from a methanogenic reactor, and reclassification of Clostridium propionicum, Clostridium neopropionicum and Clostridium lactatifermentans as Anaerotignum species,Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology,67(10) 4146-4153,2017年10月

    Atsuko Ueki, Kazushi Goto, Yoshimi Ohtaki, Nobuo Kaku, Katsuji Ueki

    共著(国内のみ)

  • Nitrogen removal and power generation from treated municipal wastewater by its circulated irrigation for resource-saving rice cultivation,Water Science and Technology,75(4) 898-907,2017年02月

    Toru Watanabe, Takuma Mashiko, Rizki Maftukhah, Nobuo Kaku, Dong Duy Pham, Hiroaki Ito

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 嫌気性微生物, 土壌微生物学会編, 土壌微生物実験法, p. 72-77,養賢堂,2013年06月

    加来伸夫, 上木厚子

  • 加来伸夫 (2013) 第2章 微生物燃料電池技術を用いた環境モニタリング用電源 (水田発電), 第4編 微生物燃料電池による発電・環境浄化システム開発, 渡邉一哉 監修, 微生物燃料電池による発電・省エネ型廃棄物・廃水処理技術最前線, p. 209-217,株式会社エヌ・ティー・エス,2013年06月

    加来伸夫

  • Molecular identification of microbial populations in petroleum-contaminated groundwater. In J.F.T. Spencer and A.L.R. de Spencer (Eds.), Environmental Microbiology: Methods and Protocols, p. 235-242,Humana Press, Totowa,2004年08月

    Kazuya Watanabe, Natsuko Hamamura, Nobuo Kaku

  • Na+ and Li+ torelance of a freshwater cyanobacterium Synechococcus sp. PCC 7942 transformed with nhaAv gene from Vibrio alginolyticus. In Y. Suketa, E. Carafoli, M. Lazdunski, K. Mikoshiba, Y. Okada and E.M. Wright (Eds.), Control and Diseases of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels, p. 135-138,Elsevier Science, Amsterdam,2000年08月

    N Kaku, T Hibino, Y Tanaka, T Takabe, T Nakamura, T Takabe

  • Expression of Na+/H+ antiporter from Vibrio alginolyticus in a freshwater cyanobacterium Synechococcus sp. PCC 7942. In G. Garab (Ed.), Photosynthesis: Mechanisms and Effects, Vol IV, p. 2613-2616,Kluwer Academic Publishers, Dordrecht,1999年03月

    Nobuo Kaku, Kyoko Okuda, Takashi Hibino, Yoshito Tanaka, Tatsunosuke Nakamura, Tetsuko Takabe, Teruhiro Takabe

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Role of anaerobic bacteria in biological soil disinfestation for elimination of soil-borne plant pathogens in agriculture,Applied Microbiology and Biotechnology,102(15) 6309-6318,2018年08月

    Atsuko Ueki, Nobuo Kaku, Katsuji Ueki

  • Microbial electricity generation in rice paddy fields: recent advances and perspectives in rhizosphere microbial fuel cells,Applied Microbiology and Biotechnology,98(23) 9521-9526,2014年12月

    Atsushi Kouzuma, Nobuo Kaku, Kazuya Watanabe

  • 石油汚染バイオレメディエーションの安全性評価,社団法人生物工学会,生物工学会誌,80(11) 527-529,2002年11月

    加来伸夫, 渡辺一哉

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,脱硫剤、嫌気発酵促進剤、堆肥製造促進剤、脱硫方法、嫌気発酵方法、及び、堆肥製造方法,遠藤 強, 加来伸夫, 内田修司, 篠崎良司, 橋本孝一

    出願番号( 特願2018-65180 ) 公開番号( 特開2019-22881 ) ,有限会社拓芯,日本国

  • 特許,メタンガスの発生抑制剤,明石一三、櫻井政人、加来伸夫

    出願番号( 2008-289078 ) 公開番号( 2010-115572 ) ,株式会社環境マグネシア,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 土木学会東北支部技術開発賞,2016年05月19日,日本国,土木学会東北支部,渡部徹, Pham Duy Dong, 倉島寿美子, 加来伸夫

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,微生物燃料電池を利用した水田からの電気回収と水田からのメタン放出の抑制

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 継続中,水田微生物燃料電池の土壌生態系への影響解析と電極からの新規有用微生物の分離・利用

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,堆積相微生物燃料電池による水田での発電とそれが土壌環境とメタン放出に与える影響

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2010年03月,酸性廃水及び高塩濃度廃水の効率的メタン発酵処理に向けた微生物群集の構築と制御

    酸性廃水や高塩濃度廃水、さらにはアルカリ性廃水をメタン発酵処理可能な微生物群集を確立し、その制御方法を開発することを目的として研究を行った。その結果、高塩濃度廃水やアルカリ性廃水をメタン発酵処理する系を確立することに成功し、さらに有用微生物も分離することに成功した。

  • 基盤研究(C),2004年04月 ~ 2007年03月,水田土壌中のメタン生成系における嫌気性微生物群集構造とその機能の解析

    水田土壌中のメタン生成系における嫌気性微生物の動態について調べた。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 佐潟学術研究奨励補助金,2009年06月 ~ 2010年03月,佐潟底泥微生物の群集構造解析と窒素除去への応用

    比較的水質のよい湧水部分と富栄養化の進んだ領域の底泥中における原核微生物の群集構造の違いを分子的手法による群集構造解析により明らかにするとともに、堆積相微生物燃料電池技術を利用した底泥からの電気エネルギーの回収と硝酸態窒素の除去に関して研究を行った。

    地方自治体

  • 佐潟学術研究奨励補助金,2007年06月 ~ 2008年03月,佐潟低泥中における原核微生物群集構造の解析

    比較的水質のよい湧水部分と富栄養化の進んだ領域の底泥中における原核微生物の群集構造を分子的手法により解析し、両地点における原核微生物群集構造の違いを明らかにするとともに、微生物活性の違いについても解析をすすめ、佐潟低泥中における物質循環に関する基礎的な知見を明らかにすることにより、佐潟の保全とワイズユースのための基盤的情報を提供する。

    地方自治体

  • 文部科学省「地(知)の拠点整備事業」地域志向教育研究経費,2007年06月 ~ 2008年03月,下水処理水の集約的利用による資源循環型飼料用米栽培システムの開発:新たな農業の6次産業化への挑戦

    文部科学省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 微生物燃料電池正極反応の安定化,2009年07月 ~ 2010年03月,財団法人山形県産業技術振興機構 理事長 遠藤剛,一般受託研究

  • ずいき芋のドライ焼酎製造試験,2005年09月 ~ 2006年03月,酒田ビジネスネットワーク・生産加工事業部,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 各種条件下におけるセルロース分解に関する研究,2013年04月 ~ 継続中,学内共同研究

  • 浄水発生土の有効活用に関する研究,2013年 ~ 継続中,国内共同研究

  • 使用済み自動車からの微生物を利用した有価金属の回収,2010年12月 ~ 継続中,山形県自動車販売店リサイクルセンター,学内共同研究

  • 微生物燃料電池に関する研究,2007年04月 ~ 継続中,東京薬科大学,国内共同研究

  • 食用廃油の残渣の処理に関する研究,2006年01月 ~ 2006年03月,道夫設計室,国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本土壌微生物学会2019年度大会,国内会議,2019年06月,北海道,微生物燃料電池の設置が水田からのメタン放出に与える影響,ポスター(一般)

  • 日本農芸化学会東北・北海道合同支部大会,国内会議,2018年09月,仙台,水田に設置した微生物燃料電池が水田土壌中の有機物分解と水田からのメタン放出に与える影響,口頭(一般)

  • 平成29年度土木学会東北支部技術研究発表会,国内会議,2018年03月,下水処理水の連続灌漑で飼料用米を栽培する水田でのMAPの利用と温室効果ガスの排出,口頭(一般)

  • 環境微生物系学会合同大会2017,国内会議,2017年08月,仙台,微生物燃料電池が水田からのメタン放出に与える影響,ポスター(一般)

  • 環境微生物系学会合同大会2017,国内会議,2017年08月,仙台,還元的消毒土壌から分離した嫌気性細菌株の糸状菌細胞壁分解とホウレンソウ萎凋病菌に対する殺菌効果,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 未利用バイオマスからのエネルギー(メタン、水素、エタノール、電気)の回収,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究,共同研究,その他

  • 嫌気性微生物を利用した廃棄物処理や環境浄化,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究,共同研究,その他

  • 嫌気環境下における微生物の生態と多様性,大学等の研究機関との共同研究を希望する,受託研究,共同研究,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本微生物生態学会,日本微生物生態学会嫌気性界の微生物生態研究部会事務幹事,2007年11月 ~ 2015年

  • 日本微生物生態学会,日本農芸化学会東北支部シンポジウム 事務局担当,2008年07月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形大学オータムキャンパス模擬講義,2019年10月

  • 論文審査(Microbes & Environments),2019年09月

  • 論文審査(Microbes & Environments),2019年03月

  • 山形県立東桜学館高校模擬講義,2018年11月

  • 論文審査(土木学会),2018年06月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示