基本情報

写真a

久保田 功

KUBOTA Isao


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-5302

研究室FAX

023-628-5305

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,山形大学,1983年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本循環器学会

  • 日本心電学会

  • 日本心臓病学会

  • 日本心臓リハビリテーション学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学,呼吸器内科学,腎臓内科学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学,1981年04月 ~ 2001年12月

    心電学

  • 循環器内科学 呼吸器内科学 腎臓内科学,2002年01月 ~ 継続中

    生活習慣病

論文 【 表示 / 非表示

  • Device troubleshooting: cross connction of ventricular leads in a patient with decreased right ventricular electrical activity.,Europace,14(8) 1217-1219,2012年08月

    共著(海外含む)

  • Elevated plasma brain natriuretic peptide levels predict left atrial appendage dysfunction in patients with acute ischemic stroke.,Journal of Cardiology,60(2) 126-132,2012年08月

    共著(海外含む)

  • Circulating heart-type fatty acid binding protein levels predict the occurrence of appropriate shocks and cardiac death in patients with implantable cardioverter-defibrillators.,Journal of Cardiac Failure,18(7) 556-563,2012年07月

    共著(海外含む)

  • Comparison of mortality between Japanese peritoneal dialysis and hemodialysis patients: A 5-year multicenter follow-up study.,International Journal of Nephrology,2012(231018) ,2012年05月

    共著(海外含む)

  • Prognostic value of low left atrial appendage wall velocity in patients with ischemic stroke and atrial fibrillation.,Journal of the American Society of Echocardiography,25(5) 576-583,2012年05月

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 循環器研修ノート (永井良三総監修,川名正敏,許俊鋭,長谷川昭,広井透雄,三田村秀雄,山下武志編),診断と治療社,2010年03月

  • 循環器検査のグノーティ・セアウトン (山科章編),株式会社シナジー,2009年10月

  • 最新循環器診療マニュアル,中山書店,2009年09月

  • 重篤副作用疾患別対応マニュアル 第3集,(財)日本医療情報センター,2009年07月

  • Brugada症候群 ―病態解明から診断・治療指針の決定―(鎌倉史郎編) ,メジカルビュー社,2009年04月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,Sirt7 による非ヒストン核タンパク HMGB1 制御機構の解明

    循環器内科学関連

研究発表 【 表示 / 非表示

  • American Heart Association Scientific Sessions 2011,国際会議,2011年11月,Orlando,Left atrial appendage wall velocity obtained by transthoracic echocardiography may be a feasible parameter to detect high risk stroke patients despite low CHADS2 score.,口頭(一般)

  • American Heart Association Scientific Sessions 2011,国際会議,2011年11月,Orlando,Impact of persistently enlarged left atrial volume index on cardiac prognosis in patients with chronic heart failure.,ポスター(一般)

  • American Heart Association Scientific Sessions 2011,国際会議,2011年11月,Orlando,Cardiac-specific overexpression of high mobility group box 1 (HMGB1) attenuates cardiac dysfunction induced by pressure overload.,ポスター(一般)

  • American Heart Association Scientific Sessions 2011,国際会議,2011年11月,Orlando,Left atrial appendage wall velocity measured by transthoracic echocardiography is a feasible marker for predicting poor prognosis in patients with cardioembolic stroke.,ポスター(一般)

  • American Heart Association Scientific Sessions 2011,国際会議,2011年11月,Orlando,Circulating pregnancy-associated plasma protein levels reflect plaque instability and predict the no-reflow phenomenon after percutaneous coronary intervention.,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)内科学 2)循環器,呼吸器,腎臓内科学