基本情報

写真a

高 吉嬉

KO kilhee


職名

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 東アジア,日中韓

  • 教育学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 韓国外国語大学  西洋学部(英語学科)

    1986年02月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 成均館大学校  教育学研究科  教育史・哲学

    修士課程,1992年03月,中退

  • 東京大学  教育学研究科  教育学総合教育科学

    博士課程,2001年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),東京大学,2001年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大宇証券株式会社,中堅社員,1986年01月 ~ 1986年09月

  • 和光大学,講師,1999年04月 ~ 2003年03月

  • 東京大学大学院教育学研究科,研究員,2000年04月 ~ 2002年03月

  • 大東文化大学,研究員,2001年04月 ~ 継続中

  • 法政大学,講師,2002年04月 ~ 2002年08月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日韓教育実践研究会

  • 歴史教育者協議会

  • 韓国人格教育学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ● 社会科教育、日韓歴史・平和教育:日本・<在日>・韓国というトライアングルの視点から、学校教育における日韓相互認識の改善の問題と「外なる国際化」「内なる国際化」の問題を考究している。
    ● 日韓友好関係を構築するため、歴史認識と文化交流(韓流など)をつなげて考えつつ、知識と感性を結ぶ歴史教育の在り方を模索している。
    ● 山形県における外国人農村花嫁や帰国孤児・帰国婦人など、地域に根差したシティズンシップ教育について考究している。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 国際理解の視点に立った東アジア交流史の社会科教材開発,2012年04月 ~ 継続中

    社会科教育、国際理解、東アジア、教材開発

  • 朝鮮半島の分断と統一をめぐる日韓相互認識の現状と課題,2007年04月 ~ 2009年03月

    朝鮮半島、分断、統一、東アジア、共存・共生

  • 韓国の学校教育における「統一教育」の歴史的変遷と課題-21世紀における東北アジアの共存・共生の教育的視座を求めて-,2004年04月 ~ 2005年04月

    朝鮮半島、分断、統一、東アジア、共存・共生

  • 共存・共生の教育学、学校教育における日韓相互認識の改善,1992年04月 ~ 継続中

    日韓相互認識、国際化、共存・共生

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本の大学生の周辺国とアメリカに対する他者認識と自己認識-日本の中学校社会科教育の課題を模索しつつ―,韓国日本近代学会第35回国際学術大会,35 282-285,2017年05月

    単著

  • 附属中学校社会科の公開授業と山形大学の連携 ~「社会科教育共同研究部会」の報告,大学と附属学校園のの共同研究部会報告書,21-22,2017年03月

    単著

  • 李仲變と山本方子にみる「日韓多文化家族」(その1)-植民地,戦争,貧困,離散,そして愛-,韓国日本近代学会第34回国際学術大会資料集,34 220-229,2016年10月

    単著

  • 日韓大学生就業など不公正な社会に生きている(韓国語),韓国,朝鮮日報,2016年10月

    単著

  • 「二人の「巧」と韓国-浅川巧と藤本巧にみる日韓相互認識-」(韓国語),東アジア研究叢書,3 11-46,2016年05月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 東アジア研究叢書第一巻 東アジア交流と文化変容(「山形県地域の「東アジア」」),東義大学校人文社会研究所編,2013年02月

  • 新版社会科教育事典,日本社会科教育学会,2012年06月

  • 海洋と文化,海洋文化財団,2011年04月

  • 季刊日本思想史-特集 植民地朝鮮における歴史編修:「併合一〇〇年」からの照射-,季刊日本思想史,2010年08月

  • 季刊日本思想史,ペリカン社,2010年08月

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 第14回韓日親善大会(ロータリー)

    その他

  • 日韓大学生協大学生協交流会

    フィールドワーク

  • 「日韓大学院生交流会」(1999年3月と2001年3月、2回)引率

    その他

  • 「日韓歴史教師交流会」

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,東アジア交流史教材の 実践と普及に関する研究

    本研究は,2015年から3年間,さらにその教材開発を進めて内容を深めるとともに,その教材を日本や韓国・中国の教師とともに実践して教材の有効性を検討し,それら教材の普及を行なうことを目的としている。また,東アジアに対する理解を増進するために,教材内容や授業の様子をHPに掲載し,シンポジウムを開催することで教材の普及を目指している。

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,国際理解の視点に立った東アジア交流史の社会

    本研究は,国際理解の視点を踏まえて,中学校社会科教育における東アジア(日本・韓国・中国)交流史の教材を開発することを目的とする。国家史や政治史・経済史とは異なる,人々の交流を中心とする歴史教材を通して,将来の東アジア地域の平和構築に資する社会科を目指す。

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2010年03月,朝鮮半島の分断と統一をめぐる日韓相互認識の現状と課題-21世紀における東北アジアの共存・共生の教育的視座を求めて-

    本研究は、第一に、朝鮮半島の分断と統一をめぐる日韓相互認識の現状をアンケートや教科書内容を用いて比較・分析し、日韓相互認識の改善のための課題を明らかにし、その現状を踏まえて、第二に、これまで日韓両国で行われてきた朝鮮半島の分断と統一に関する授業実践を検討し、その成果と課題を明らかにし、その上で、第三に、21世紀における東北アジアの共存・共生の未来志向的な教育的視座を提示することをめざすものである。

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 東アジア交流史教材の 実践と普及に関する研究,2015年04月 ~ 2018年03月,国際共同研究

  • 国際理解の視点に立った東アジア交流史の社会,2011年04月 ~ 2015年03月,国際共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 韓国日本近代学会第35回国際学術大会,国際会議,2017年05月,韓国大田,Hanbat大学,日本の大学生の周辺国とアメリカに対する他者認識と自己認識-日本の中学校社会科教育の課題を模索しつつ― ,口頭(一般)

  • AALA山形支部学習会,国内会議,2017年04月,山形大学人文学部,韓国の政治と市民意識――現在進行中の民主化と和解への道―,口頭(一般)

  • 李仲變と山本方子にみる「日韓多文化家族」(そのい)-植民地,戦争,貧困,離散,そして愛-,国際会議,2016年10月,APU,第34回韓国日本近代学会国際学術大会,口頭(一般)

  • 第5回国際学術シンポジウム「東アジアにお終戦70周年東アジア関係の回顧と展望」,国際会議,2015年12月,東義大学校国際館,第5回国際学術シンポジウム「東アジアにお終戦70周年東アジア関係の回顧と展望」,口頭(一般)

  • 韓国日本近代学会第32回国際学術大会シンポジウム,国際会議,2015年10月,九州大学伊都キャンパス,グローバル市民教育の視点から見る日韓関係(韓国語と日本語),口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 韓国国際理解教育,編集委員,2011年03月 ~ 継続中

  • 韓国人格教育学会,編集委員,2017年03月 ~ 2019年02月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形学園高等学校での石川学教諭との共同授業(高校3年生「倫理」),2017年07月

    山形学園高等学校・石川学教諭との共同研究の一貫として,高校3年生の「倫理」の時間に「旗田巍のアイデンティティと日韓友好を考える」というテーマで,2時間の授業をした。

  • 第67次教育研究山形県集会(第一次集会)「社会科学と教育」部会の研究協力,2017年06月

    「社会科学と教育」部会の研究助言者として,次回の集会に向けての研究討議の方法と,推進計画,任務分担などを協議した。

  • 山形学園高等学校,韓国の高校生との共同授業(倫理)の手伝い,2017年06月

    韓国の高校生と山形学園高等学校の高校生が共同で倫理を授業を受ける際に,通訳を務めながら日韓高校生の交流に一助する。

  • 山形大学地域教育文化学部「高研究室」の学生及び山形社会科教員の釜山(機張)文化探訪,2016年03月

    山形大学・地域教育文化学部の学生11名,社会科教員5名,山形大学に短期留学をした学生2名の参加。釜山(機張)の倭城,金ヨンギル人間無形文化財の焼き物の窯,アミ洞碑石村,金ミンシック写真家の博物館,ジャガルチ市場・国際市場などの探訪,そして若者の交流などを通して,韓国の生活や文化を学び,日韓両国の文化交流の歴史と現状を知る。

  • 山形大学オープンキャンパス2015での講義,2015年08月

    山形大学を訪問した高校生70人以上を対象に「国際理解のためのレッスン~若者のy8梅が創るアジア~」というテーマで講義を行った。

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示