基本情報

写真a

摂津 隆信

SETTSU Takanobu


職名

講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学  文学研究科  ドイツ文学専攻

    博士課程,2011年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,早稲田大学,2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本独文学会

  • 早稲田大学ドイツ語学・文学会

  • 国際ゲルマニスト会議

  • ゲーテ自然科学の集い

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • カール・ファレンティンの喜劇とブレヒト演劇
    喜劇ならびに各種イベントのパフォーマティヴィティ

論文 【 表示 / 非表示

  • テクストの演劇性と喜劇テクストの言語 ―カール・ファレンティンのディアローク作品『よそものたち』―,東北ドイツ文学研究,(58) ,2017年09月

    単著

  • 本物≒フィクション? ―「リミニ・プロトコル」の上演法について― ,「Nord-Est : 日本フランス語フランス文学会東北支部会会報」,(10) ,2017年

    単著

  • 摂津隆信:観客と文化のディスクール ―カール・ファレンティンにとってのミュンヒェン―,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,13 1-12,2016年

    単著

  • 郷愁という名のイリュージョン ―カール・ファレンティンの喜劇『騎士ウンケンシュタイン』について―,「東北ドイツ文学研究」,(56) 15-33,2015年

    単著

  • 動く蝋人形 カール・ファレンティンの「パノプティクム」について,「ワセダブレッター」,(22) 45-62,2015年03月

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2019年03月,ミュンヒェン文化に占めるカバレットの演劇的位相 ―芸術と政治の相克―

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東北ドイツ文学会第59回研究発表会,国内会議,2016年11月,岩手大学,テクストの演劇性と喜劇テクストの言語 ―カール・ファレンティンのディアローグ作品『よそものたち』―,口頭(一般)

  • 平成28年度日本フランス語フランス文学会東北支部大会 シンポジウム「フィクション化する世界,国内会議,2016年11月,山形大学,本物≒フィクション? ―「リミニ・プロトコル」の上演法について―,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Germanistik in Zeiten des großen Wandels – Tradition, Identität, Orientierung,国際会議,2016年08月,中央大学校(韓国),Die Wandel von Theorie der Komik und die Werke Karl Valentins,口頭(一般)

  • Vielheit und Einheit der Germanistik weltweit,国際会議,2015年08月,同済大学(中国),Sumo, Judo und Wrestling - Am Beispiel von Rikidōzan und Masahiko KIMURA sowie dem japanischen Showbusiness-,口頭(一般)

  • 東北ドイツ文学会第57回研究発表会,国内会議,2014年11月,郷愁という名のイリュージョン —カール・ファレンティンの喜劇『騎士ウンケンシュタイン』について―,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本独文学会,広報委員,2017年06月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形大学高校生朗読コンクール,2015年09月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • ドイツ語圏の文化