基本情報

写真a

渡邉 信晃

WATANABE Nobuaki


職名

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  体育専門学群

    1998年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  体育研究科  スポーツ健康科学

    修士課程,2000年03月,修了

  • 筑波大学  体育科学研究科

    博士課程,2003年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(体育科学),筑波大学,2006年02月

  • 修士(体育学),筑波大学,2000年03月

  • 学士(体育学),筑波大学,1998年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会

  • 日本運動生理学会

  • 日本体力医学会

  • 日本スプリント学会

  • 日本陸上競技学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 走・跳・投運動のトレーニング手段に関する研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • スプリント走における体力と技術の相互関係,1998年04月 ~ 継続中

  • 準高所における走トレーニング手段について,2010年04月 ~ 継続中

  • 幼少年期の子どもの体力特性とライフスタイルとの関連性に関する横断的研究,2013年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 一般生徒におけるスターティングブロックの設置方法の違いが疾走パフォーマンスに及ぼす影響:男女差に着目して,体育学研究,2015年07月

    共著

  • 準高所における高圧高酸素環境での回復が無酸素性パワー発揮に及ぼす影響,山形県立米沢女子短期大学附属生活文化研究所報告,2013年03月

    共著

  • 本学学生における体力の特徴,山形県立米沢女子短期大学紀要,2012年12月

    共著

  • 垂直跳びと立ち幅跳びにおける反動動作と振り込み動作の評価,陸上競技研究,2012年06月

    共著

  • モデルタッチダウンタイムを考慮したリズムドリルと100mHパフォーマンスとの関連性,陸上競技研究,2007年12月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 2016年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書,公益財団法人笹川スポーツ財団,2017年04月

  • 2015年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書,公益財団法人笹川スポーツ財団,2016年04月

  • 平成27年度ながいアクティブキッズプロジェクト(ながいAKP)実践研究報告書,長井市教育委員会,2016年04月

  • 2014年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書,公益財団法人笹川スポーツ財団,2015年04月

  • 平成26年度文部科学省委託事業幼児期の運動に関する指導資料作成事業実践研究報告書[長井市版],長井市教育委員会,2015年03月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • スプリント走パフォーマンスに対する筋力の影響とその性差-筋横断面積,筋力および疾走時の関節トルクの相互関係に着目して-,陸上競技研究,67 2-12,2006年12月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,準高地におけるスピードトレーニング環境としての新たな活用可能性の検討

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 2017年度笹川スポーツ研究助成,2017年04月 ~ 2018年02月,幼児期の運動遊びは児童期の運動能力と実行機能に影響を及ぼすか?

    民間財団等

  • 2016年度笹川スポーツ研究助成,2016年04月 ~ 2017年02月,幼児期の運動遊びが児童期の運動習慣形成と基礎的運動能力の発達に及ぼす影響

    民間財団等

  • 2015年度笹川スポーツ研究助成,2015年04月 ~ 2016年02月,幼小中の連携を視野に入れた子どもの体力向上とライフスタイル改善を目指す追跡的研究

    民間財団等

  • 2014年度笹川スポーツ研究助成,2014年04月 ~ 2015年02月,幼少年期(3〜15歳)の子どもの体力特性とライフスタイルとの関連に関する横断的研究-地域特性を活かした子どもの体力向上と望ましいライフスタイルづくりへの取り組み-

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本陸上競技学会第15回大会,国内会議,2016年12月,環太平洋大学,陸上競技の指導者と小学校教員における疾走動作の着眼点とその違い,ポスター(一般)

  • 第29回日本トレーニング科学会大会,国内会議,2016年10月,桐蔭横浜大学,アップヒルトレーニングにおける主観的努力度の活用可能性の検討,ポスター(一般)

  • 第29回日本トレーニング科学会大会,国内会議,2016年10月,桐蔭横浜大学,準高地と低地における40秒全力疾走時の疾走距離および血中乳酸濃度の比較,ポスター(一般)

  • 日本体育学会第67回大会,国内会議,2016年08月,大阪体育大学,児童の疾走動作に対する小学校教員の主観的評価とその特徴,ポスター(一般)

  • 日本スポーツ栄養学会第3回大会,国内会議,2016年07月,松山市コミュニティセンター,栄養教諭・学校栄養士のスポーツ栄養に関する意識,口頭(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本トレーニング科学会,理事,2016年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 陸上競技の指導法について

  • スポーツにおけるトレーニングについて