基本情報

写真a

落合 義明

OCHIAI Yoshiaki


職名

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本中世史

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),東海大学,2001年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東海大学,非常勤講師,1999年10月 ~ 2014年03月

  • 明星大学,非常勤講師,2010年04月 ~ 2010年09月

  • 慶應義塾大学,非常勤講師,2012年04月 ~ 2014年03月

  • 横浜美術大学,非常勤講師,2013年04月 ~ 2014年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本史研究会

  • 東京大学史学会

  • 地方史研究協議会

  • 歴史学研究会

  • 鎌倉遺文研究会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 中世武士の館・城について。
    中世都市について。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本中世史,1993年04月 ~ 継続中

    東国史、都市史

論文 【 表示 / 非表示

  • 中世後期の土豪屋敷と「構堀」,『米沢史学』,(32) 1-10,2016年10月

    単著

  • 日本史を学ぶ、日本史を研究する,『平成27年度大学と附属学校園の共同研究報告書』,2016年03月

    単著

  • 河越氏と河越館-研究史を振り返る-,『河越館の会シンポジウム報告書-2013年2月2日川越市やまぶき会館ホールにて開催-』,2015年03月

    単著

  • 大野家・竹ノ谷家の「構堀」 ,『川越市中世府川郷調査報告書』,22-30,2014年09月

    単著

  • 相模国金目郷と武士たち-三浦氏と平塚市域を考えるうえで-,『三浦一族研究』,(18) 43-52,2014年03月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 中島圭一編『14世紀の歴史学 新たな時代への起点』 ,高志書院,2016年06月

  • 五味文彦・本郷和人・西田友広・遠藤珠紀・杉山厳編『現代語訳吾妻鏡 別巻 鎌倉時代を探る』,吉川弘文館,2016年03月

  • 五味文彦・本郷和人・西田友広編『現代語訳 吾妻鏡15 飢饉と新制』,吉川弘文館,2015年04月

  • 野口実編『中世の人物 京・鎌倉の時代編第二巻治承~文治の内乱と鎌倉幕府の成立』,清文堂,2014年06月

  • 藤原良章編『中世人の軌跡を歩く』,高志書院,2014年03月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 新刊紹介 柳原敏昭編『東北の中世史1 平泉の光芒』,都市史学会,『都市史研究』,(3) ,2016年11月

  • 「シンポジウム最上義光の世界」について,『山形史学研究』,(45) 38-39,2016年08月

  • 書評 伊藤清郎著『人物叢書 最上義光』,『山形新聞』,2016年04月

  • 速水侑先生の思い出,速水侑先生を偲ぶ会,『東海大学名誉教授 速水侑先生を偲ぶ』,49-51,2015年10月

  • 書評 加増啓二著『戦国期東武蔵の戦乱と信仰』,史学会,『史学雑誌』,123(12) 90-98,2014年12月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人高梨学術奨励基金特定研究助成,2016年06月 ~ 2019年03月,中世東国における武士の本拠と河川に関する研究

     本研究は、中世東国の武士の居館を多角的に検討するため、特に河川と居館の関係を探ることである。中世の武士居館は、道路や河川沿いに立地することが多く、都市空間を構成する一要素であるものの、物流拠点となる一方、洪水に遭う確率も高い。こうした交通・災害という二つの側面から、新たな中世都市像の解明を目指した研究は少ないのが現状である。
     本研究の目的は、第一に中世都市における居館と自然災害との関係を明らかにすることである。ひいては現代都市における諸問題を解決するための視点を提示したいと考えている。第二に、河川沿いに立地する居館が、中世後期城下町の形成とともに、どのように位置づけられるようになるのかも明らかにすることである。

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第33回山形県民俗研究協議会研究発表会,国内会議,2016年11月,山形県立博物館,中世の若松寺,口頭(一般)

  • 東北学院大学中世史研究会大会,国内会議,2015年07月,東北学院大学,中世東国の霊場と武士たち ,口頭(基調)

  • 2014年度山形史学研究会大会,国内会議,2014年09月,山形大学,中世の居館研究と課題,口頭(一般)

  • シンポジウム「中世東国史の軌跡と未来」,国内会議,2014年04月,川越市,中世の館をめぐる研究史と課題,口頭(一般)

  • シンポジウム「中世の河越を考える-東国史の中の河越-」,国内会議,2013年02月,川越市やまぶき会館,河越氏と河越館-研究史を振り返る-,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 山形史学研究会,会長,2015年09月 ~ 継続中

  • 東北史学会,評議員,2015年10月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 教員免許講習講師,2017年08月

  • 博物館歴史講座「川越の中世」講演会講師 ,2017年02月

    (講演タイトル)「河越氏とその時代」

  • 白岩城学習会 白岩城を探る 報告会講師,2016年10月

    (講演タイトル)「中世後期の城と白岩城」

  • 「山形学」地域連携西村山地域史研究会市民講座講師,2016年09月

    (講演タイトル)「中世の館・屋形・城」

  • 秩父市大学講座ちちぶ学セミナー公開講演講師,2016年05月

    (講演タイトル)「東国の霊場と中世の人々」

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 日本の歴史、とりわけ中世の歴史