基本情報

写真a

藤山 直之

FUJIYAMA Naoyuki


職名

准教授

生年

1969年

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://naofuji1969.web.fc2.com

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物多様性・分類

  • 生態・環境

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学部

    1992年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  理学研究科

    修士課程,1994年03月,修了

  • 北海道大学  理学研究科

    博士課程,1999年12月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),北海道大学,1999年12月

  • 修士(理学),北海道大学,1994年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本昆虫学会

  • 日本生態学会

  • 日本応用動物昆虫学会

  • The Society for the Study of Evolution

  • 日本動物学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 植食性昆虫を対象とした進化生態学的研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植食性甲虫を材料とした進化生態学的研究,1992年04月 ~ 継続中

  • 植食性甲虫を材料とした進化生態学的研究,1992年04月 ~ 継続中

  • 植食性甲虫を材料とした進化生態学的研究,1999年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • The effects of shelter quality and prior residence on marmorkrebs (marbled crayfish),Journal of Experimental Biology,222 ,2019年03月

    共著(国内のみ)

  • Enhancement of habituation during escape swimming in starved crayfish,Journal of Comparative Physiology A,204 999-1005,2018年12月

    共著(国内のみ)

  • Age-dependent and social status-dependent behavioural plasticity of the cricket Gryllus bimaculatus,Animal Behaviour,141 1-7,2018年05月

    共著(国内のみ)

  • A note on the fertilization success of the first male during successive mating in the Japanese rhinoceros beetle Trypoxylus dichotomus septentrionalis,Journal of Insect Behavior,30 231-234,2017年04月

    共著(国内のみ)

  • A solanum beetle on a fabaceous weed: host plant generalization and specialization are two sides of the same coin,Entomological Science,20 195-212,2017年01月

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生物学辞典,東京化学同人,2010年12月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本産およびインドネシア産マダラテントウ類の属名について,昆蟲(ニューシリーズ),21 197-201,2018年10月

  • 生態的種分化-適応の視点から多様化のメカニズムを探る-,日本生態学会誌,66 561-580,2016年11月

  • アザミを食草とする2種のテントウ─北海道内の分布と食性の地理変異─,昆虫と自然,49(1) 20-23,2014年01月

  • 食葉性テントウムシの食草選択 - 成虫の選好性と幼虫の成育との関係 -,昆虫と自然,39(12) 27-31,2004年11月

  • エゾアザミテントウの食草利用 - なぜ2種の植物を利用するのか?,昆虫と自然,38(2) 29-31,2003年02月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本昆虫学会論文賞,2018年09月08日,日本国,一般社団法人 日本昆虫学会,Ueno, H., Fujiyama, N., Kahono, S., Hartini, S., de Jong, P. W., Katakura H.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2019年03月,根圏における植物—微生物の共生関係が植物—植食性昆虫の進化に与える影響の解析

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,根圏における植物―微生物の共生関係が植物―植食性昆虫の進化に与える影響の解析

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,東南アジアで進行中のニジュウヤホシテントウの食草変換:その時間的・空間的動態

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2013年03月,食植性甲虫類における寄主幅拡大のメカニズム:成虫による副食草の利用がもたらす効果

  • 基盤研究(A),2006年04月 ~ 2010年03月,食植性昆虫の種分化:食草変換が生殖隔離におよぼす多面的影響の評価

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Rapid Evolutionary Change of Invertebrates, Plants, and their Interactions under Ecological Disturbance,国際会議,2019年03月,Yamagata, Japan,"Phenotyping" of host-use ability as the critical step in studies on population divergence in herbivorous insects via adaptation,口頭(招待・特別)

  • 日本動物学会第89回大会,国内会議,2018年09月,札幌市,コバネイナゴでは“右利き”での交尾に伴って生殖器の左右性が進化している!?,ポスター(一般)

  • 日本昆虫学会第78回大会,国内会議,2018年09月,名古屋,コバネイナゴの交尾は日本中で“右利き”である,口頭(一般)

  • 第65回日本生態学会大会,国内会議,2018年03月,札幌市,ジャワ島東部におけるニジュウヤホシテントウによるマメ科寄主への適応,ポスター(一般)

  • 日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会 合同大会,国内会議,2016年03月,堺市,東南アジア産のナス科食テントウムシが示すマメ科植物摂食能力,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2014年度,生物学特別研究(2年前期)

  • 2014年度,生物学特別研究(1年前期)

  • 2014年度,生物学特別演習III

  • 2014年度,生物学特別演習I

  • 2014年度,適応と生物集団の分化(生物科学)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本昆虫学会,編集委員会編集幹事,2008年01月 ~ 2009年12月

  • 日本昆虫学会,和文誌編集部編集委員,2008年01月 ~ 2009年12月

  • 日本昆虫学会,英文誌編集部 Associate Editor,2008年01月 ~ 2009年12月

  • 日本生態学会,第58回大会実行委員会委員,2010年12月 ~ 2011年03月

  • 日本動物学会,第82回大会実行委員会委員,2011年04月 ~ 2011年09月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 植食性昆虫類の寄主特異性の査定をはじめとする生態の解明