基本情報

写真a

合田 陽祐

GODA Yosuke


職名

准教授

生年

1977年

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/hscs/teacher/teacherdb_85.html

プロフィール

http://researchmap.jp/yosuke.goda/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • フランス文学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • フランス国立メーヌ大学  文学・言語・人文科学研究科  フランス文学

    博士課程,2013年05月,修了

  • 上智大学  文学研究科  フランス文学専攻

    博士課程,2011年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士,フランス国立メーヌ大学,2013年05月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 上智大学,日本学術振興会特別研究員,2009年04月 ~ 2011年03月

  • 早稲田大学,日本学術振興会特別研究員,2011年04月 ~ 2014年03月

  • 上智大学,非常勤講師,2013年04月 ~ 2014年09月

  • 早稲田大学,研究員,2014年04月 ~ 2014年09月

  • 慶應義塾大学,非常勤講師,2014年04月 ~ 2014年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本フランス語フランス文学会

  • 表象文化論学会

  • アルフレッド・ジャリ友の会(フランス共和国)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 研究テーマ:定期刊行物からフランス19世紀の社会を読み解く。
    研究領域:19世紀末の文芸誌(『メルキュール・ド・フランス』や『白色評論』、『プリューム』、『エルミタージュ』など)、19世紀末~20世紀初頭のアヴァンギャルド芸術(綜合主義、ナビ派、シャ・ノワール周辺)、モダニズムの超克、視覚芸術(とくにテクストとイメージの関係)、詩人による美術批評、文学(芸術)と政治の関係、記憶とアート。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アルフレッド・ジャリ研究,2009年01月 ~ 2014年03月

    象徴主義、草稿研究、文学のコミュニケーション理論

  • フランス19世紀末の文芸誌に関する研究,2014年04月 ~ 継続中

    象徴主義、定期刊行物、文芸ジャーナリズム、アルフレッド・ジャリ、レミ・ド・グールモン

論文 【 表示 / 非表示

  • アルフレッド・ジャリの『超男性』再読――語りの観点から,研究年報(山形大学人文社会科学部),(16) 61-79,2019年02月

    単著

  • フェミニズム批評のどこが問題なのか――批評家と教育者のあいだを往還するクラウス,図書新聞,3382 ,2019年01月

    単著

  • ブルデュー「以後」の展開 (ジゼル・サピロ『文学社会学とはなにか』(世界思想社)書評),週刊読書人,(3204) ,2017年08月

    単著

  • パタフィジックとフィクション――フィクションを構築する語りについて,Nord-Est、日本フランス語フランス文学会 東北支部,(10) 47-52,2017年05月

    単著

  • 離人症と宇宙劇――草間彌生の初期小説について,ユリイカ,153-162,2017年03月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 象徴主義と〈風景〉:ボードレールからプルーストまで,水声社,2018年10月

  • 声と文学:拡張する身体の誘惑,平凡社,2017年03月

  • Alfred Jarry, du manuscrit à la typographie,Du Lérot Editeur,2014年04月

  • Commentaire pour servir à la lecture des Minutes de sable mémorial,Du Lérot Editeur,2011年09月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,文芸誌から見るフランス象徴派の集団性に関する研究―グールモンとジャリを起点に

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,十九世紀末フランスの小雑誌に関する研究――「解釈共同体」の観点から

    早稲田大学→山形大学

  • 特別研究員奨励費,2011年04月 ~ 2014年03月,言語コミュニケーションにおけるイメージの役割――アルフレッド・ジャリの場合

    受入先:早稲田大学文学学術院

  • 研究者海外派遣基金助成金(優秀若手研究者海外派遣事業),2009年12月 ~ 2010年10月,アルフレッド・ジャリの言語論の総合的研究――未公刊草稿 の検討を中心に

  • 特別研究員奨励費,2009年04月 ~ 2011年03月,アルフレッド・ジャリの言語論の総合的研究――未公刊草稿 の検討を中心に

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 科学研究費(基盤研究(C)),2019年04月 ~ 2023年03月,文芸誌を介して見る象徴派の小説研究――ジャンル論と集団性の観点から

    日本学術振興会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • WS「ボナールの絵画をめぐる冒険」(表象文化論学会パネル企画)於山形大学小白川キャンパス,国内会議,2018年11月,ボナールと「見させる」絵画――象徴主義の時代を中心に,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 「マラルメ・シンポジウム2018」(代表:中畑寛之氏・大出敦氏)於慶應義塾大学日吉キャンパス,国内会議,2018年09月,カルチエ・ラタンからモンマルトルへ――ジャリから見る1890年代パリの文学場,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 公開講座「記憶との対話 ことばとイメージ」於山形大学小白川キャンパス,国内会議,2018年06月,いかにして記憶はアートになるか――クリスチャン・ボルタンスキーの場合,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 「象徴主義と〈風景〉」(連続シンポジウム「象徴主義」第一回。代表:坂巻康司氏)於東北大学川内キャンパス,国内会議,2017年09月,ジャリにおける象徴主義的風景について,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本フランス語フランス文学会東北支部大会、於山形大学小白川キャンパス,国内会議,2016年11月,山形大学,パタフィジックとフィクション,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,フランス文化論特論Ⅰ

  • 2018年度,フランス語学演習

  • 2018年度,フランス語Ⅰ

  • 2018年度,留学事前演習(前期)

  • 2018年度,フランス語Ⅲ

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 上智大学フランス語フランス文学会,編集委員,2014年09月 ~ 継続中

  • 日本フランス語フランス文学会,渉外委員,2015年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • いかにして記憶はアートになるか――クリスチャン・ボルタンスキーの場合,2018年06月

    学外に向けて1時間の公開講座を行った。

  • ジュリアン・シュー氏(パリ第10大学)招聘事業 連続講演会「19世紀末のメディア的想像力」(全3回),2018年01月

  • 学部説明会,2017年01月

    学部説明会を2日に渡って行った(1/21-1/22)。

  • 個別進学相談、学部・学科概要説明会,2016年12月

  • シンポジウム「フィクション化する世界」,2016年11月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • フランス語圏留学

  • ブラック・ミュージック(アメリカ)

  • マンガ(バンド・デシネ含)

  • フランス美術批評

  • フランス文学