基本情報

写真a

松本 祥彦

MATSUMOTO Yoshihiko


プロフィール

平成17年山形大学医学部卒業
平成21年山形大学大学院医学系研究科医学専攻修了

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 精神神経科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2009年03月

  • 博士(医学),山形大学,2009年03月

  • 博士 (医学),山形大学,2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物学的精神医学会

  • 日本臨床精神神経薬理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬理遺伝学を専門とし、うつ病との関連や、性格・人格と神経伝達物質の受容体・輸送体の遺伝多形性との関連を研究しています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 薬理遺伝学,2006年12月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Detection of decreased striatal dopamine transporter availability by 123 I-FP-CIT SPECT in a patient of carbon monoxide poisoning with severe cognitive deficits but mild parkinsonian symptoms,Asian Journal of Psychiatry,42 10-11,2019年

    共著(国内のみ)

  • Marked differences in core beliefs about self and others, between sociotropy and autonomy: Personality vulnerabilities in the cognitive model of depression,Neuropsychiatric Disease and Treatment,14 863-866,2018年

    共著(国内のみ)

  • Close relation of interpersonal sensitivity with negative core beliefs about the self, the central construct of cognitive vulnerability to depression,Psychiatry Research,263 162-165,2018年

    共著(国内のみ)

  • Relation of high neuroticism with increased methylation of the BDNF gene,Neuropsychiatric Disease and Treatment,14 1787-1793,2018年

    共著(国内のみ)

  • Strong correlation between the self-model/other-model system and the anxiety/avoidance system assessing basic attachment dimensions,Journal of Affective Disorders,237 35-36,2018年

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 松本祥彦,鈴木昭仁,大谷浩一,モノアミン・トランスポーター遺伝子多型と人格傾向,2015年03月

作品 【 表示 / 非表示

  • 無し,2015年03月

    その他

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集,国際会議,2018年11月,健常者における高神経症傾向のBDNF遺伝子高メチル化との関係(Relationship of high neuroticism with increased methylation of the BDNF gene in healthy subjects),その他

 
 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形県精神保健指定医,2014年10月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床精神神経薬理学