基本情報

写真a

有海 順子

ARIUMI Junko


専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 聴覚障害学生支援

  • 特別支援教育

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  第二学群  人間学類心身障害学専攻

    2006年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  人間総合科学研究科  障害科学専攻

    博士課程,2013年07月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(障害科学),筑波大学,2013年06月

  • 修士(心身障害学),筑波大学,2008年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学,研究員,2012年04月 ~ 2013年03月

  • 筑波大学,助教,2013年04月 ~ 2015年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 障害科学学会

  • 日本特殊教育学会

  • 日本通訳翻訳学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ●聴覚障がい学生への情報保障支援
    ●障がい学生への合理的配慮のあり方

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 障害のある学生の修学支援における合理的配慮のあり方に関する学際的研究,2014年04月 ~ 継続中

  • 合理的配慮に関する聴覚障害学生の意思表明スキル獲得とその活用過程,2017年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学講義におけるパソコン通訳の訳出率に及ぼす通訳者要因の影響,特殊教育学研究,50(4) 353-362,2012年

    共著

  • 聴覚障害学生へのパソコン要約筆記における音声-文字変換の特徴,障害科学研究,33 55-66,2009年03月

    共著

  • 大学での授業形態の違いと聴覚障害学生への情報保障,聴覚言語障害,35(2) 79-87,2006年

    共著

著書 【 表示 / 非表示

  • オックスフォード・ハンドブック デフ・スタディーズ ろう者の研究・言語・教育,明石書店,2015年

  • 障害百科事典(全5巻),丸善株式会社,2013年

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 継続中,合理的配慮に関する聴覚障害学生の意思表明スキル獲得とその活用過程

  • 基盤研究(A),2014年04月 ~ 継続中,障害のある学生の修学支援における合理的配慮のあり方に関する学際的研究

    高等教育における障害のある学生への合理的配慮について、何がどこまで合理的配慮といえるのか、その妥当性や公正・公平な評価方法など、合理的配慮の内容や方法のあり方に関する研究を、教育、心理、福祉、医学等、様々な研究分野から明らかにする学際的研究である。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本特殊教育学会,国内会議,2017年09月,聴覚障害学生の意思表明を促す支援担当教職員の働きかけ,ポスター(一般)

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本特殊教育学会,アクセシビリティ委員,2017年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 東北文教大学FD/SD研修会,2017年11月

  • 東北芸工大学FD/SD研修会,2017年11月

  • 山形障害者職業センター職員研修会,2017年11月

  • 東北文教大学FD/SD研修会,2016年11月

  • 山形大学保健管理センター,2015年11月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 発達障がい学生支援

  • 聴覚障害児教育

  • 聴覚障がい学生支援

  • 障がい学生支援