基本情報

写真a

井上 奈穂

INOUE Nao


出身大学 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学  農学部  応用生物科学科

    2002年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 佐賀大学  農学研究科  応用生物科学

    博士課程,2004年03月,修了

  • 鹿児島大学  連合農学研究科  生物資源利用科学

    博士課程,2007年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),鹿児島大学,2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養・食糧学会

  • 日本農芸化学会

  • アメリカ油化学会(American Oil Chemists’ Society)

  • 日本肥満学会

  • 油脂・コレステロール研究会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 食品成分の機能性・安全性に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Serotonin Improves High Fat Diet Induced Obesity in Mice.,PLoS One,11(1) e0147143,2016年

    共著(国内のみ)

  • Metabolic fate of poly-(lactic-co-glycolic acid)-based curcumin nanoparticles following oral administration.,Int J Nanomedicine,11 3009-3022,2016年

    共著(国内のみ)

  • Resistant Maltodextrin Decreases Micellar Solubility of Lipids and Diffusion of Bile Salt Micelles and Suppresses Incorporation of Micellar Fatty Acids into Caco-2 Cells.,J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo),62(5) 335-340,2016年

    共著(国内のみ)

  • Differential effects of triacylglycerol positional isomers containing n-3 series highly unsaturated fatty acids on lipid metabolism in C57BL/6J mice.,J Nutr Biochem,26(1) 57-63,2015年01月

    共著(国内のみ)

  • Soybean beta-conglycinin improves carbohydrate and lipid metabolism in Wistar rats.,Biosci Biotechnol Biochem,79(9) 1528-1534,2015年

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Conjugated linoleic acid in hypertension,Advances in Conjugated Linoleic Acid Research, Vol. 3., AOCS press,2006年09月

  • Dietary conjugated linoleic acid and metabolic syndromes,Dietary Fats and Risk of Chronic Disease, AOCS press,2006年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【化粧品新素材と原料の新知見(1)】 植物ステロール発酵物の皮下脂肪低減効果-部分痩せ素材の開発は可能か,フレグランスジャーナル社,FRAGRANCE JOURNAL,47(3) 49-52,2019年03月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度日本油化学会進歩賞,2016年04月25日,日本国,日本油化学会,井上奈穂

  • Award for Excellence to Authors Publishing in Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry in 2014,2015年03月26日,日本国,日本農芸化学会,Ikeda, I., Metoki, K., Yamahira, T., Kato, M., Inoue, N., Nagao, K., Yanagita, T., Shirakawa, H. and Komai, M.

  • American Oil Chemists’ Society, Phospholipid Division Award for Best Paper,2009年04月,アメリカ合衆国,American Oil Chemists’ Society,Shirouchi, B., Nagao, K., Inoue, N., Ohkubo, T., Hibino, H. and Yanagita, T.

  • 第43回化学関連支部合同九州大会 日本農芸化学会西日本支部ポスター賞,2006年07月,日本国,第43回化学関連支部合同九州大会,井上奈穂

  • 97th American Oil Chemists’ Society Annual Meeting & Expo Student Poster Award,2006年05月,アメリカ合衆国,97th American Oil Chemists’ Society Annual Meeting & Expo,Inoue, N.

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,自発運動と食品因子によるメタボリックシンドローム改善の相加・相乗効果に関する研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集,国際会議,2018年04月,マウスを用いた食品機能性試験における屠殺時の絶食は肝臓脂質代謝系酵素活性やmRNA発現にどのような影響を及ぼすのか?,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,キャリア形成論(食品・応用生命科学コース)

  • 2018年度,食品機能化学

  • 2018年度,食品機能化学

  • 2018年度,食品機能化学

  • 2018年度,食品栄養化学専門演習(2年前期)

全件表示 >>