基本情報

写真a

吉村 謙一

YOSHIMURA Kenichi


生年

1982年

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

  • 森林科学

  • 環境動態解析

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  農学部  植物資源学科

    2004年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学  自然科学研究科  植物資源学専攻

    修士課程,2006年03月,修了

  • 神戸大学  自然科学研究科  食料フィールド科学専攻

    博士課程,2010年09月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学,神戸大学,2010年09月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学,研究員,2012年06月 ~ 2013年03月

  • 森林総合研究所,日本学術振興会特別研究員,2013年04月 ~ 2016年03月

  • 京都大学,研究員,2016年04月 ~ 2017年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会

  • 日本森林学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 樹木は乾燥、被陰、高温/低温といった様々な環境ストレスに耐えながら生育しています。種子からの芽生え、生長、枯死、そして分解といった樹木の一生が環境とどのような関係にあるのかについて調べています。
    樹木の生長が旺盛になるメカニズムや樹木が枯れるメカニズムがわかれば新たな森林育成や森林保全の方法を提案することが期待できます。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 環境や生育段階にともなう樹形の変化とその生理メカニズム,2003年 ~ 継続中

  • 森林におけるメタン・全炭化炭素フラックスの推定,2009年 ~ 2012年

  • 光合成・呼吸関係をもとにした瞬間~長期にわたる樹木生長の評価,2011年 ~ 継続中

  • 小笠原諸島の樹木が乾燥枯死せずに共存しながら生育するメカニズム,2012年 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • ヒノキの樹液流動の日変化パタンにおける垂直変異と幹貯留水,樹木医学研究,2017年

    共著(国内のみ)

  • Physiological mechanisms of drought-induced tree die-off in relation to carbon, hydraulic and respiratory stress in a drought-tolerant woody plant,Scientific Reports,2017年

    共著(海外含む)

  • Relationship between fine-root exudation and respiration of two Quercus species in a Japanese temperate forest ,Tree Physiology,2017年

    共著(海外含む)

  • Root-exudate flux variations among four co-existing canopy species in a temperate forest, Japan,Ecological Research,2017年

    共著(海外含む)

  • カシノナガキクイムシによるコナラ被害木の樹液流特性,樹木医学研究,2016年

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 都市・森・人をつなぐ 森の植物園からの提言,京都大学学術出版会,2014年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 父島乾性低木林における短期的および長期的な 乾燥に対する樹木の生理応答,小笠原研究年報,2017年

  • 森林総合研究所関西支所山城試験地における水収支および炭素循環測定,砂防学会誌,2015年

  • AsiaFlux Workshop 2010 ― New Challenges of Fluxnet Community to Resilient Carbon/Water Management ―の報告,生物と気象,2011年

  • 樹木生理学と森林群落動態をつなぐ樹形研究,日本森林学会誌,2006年

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,小笠原乾性林における土壌乾燥に伴う樹木水利用の時系列変化と乾燥枯死回避メカニズム

  • 特別研究員奨励費,2013年04月 ~ 2016年03月,樹体内水・炭素利用プロセスに立脚した樹木成長の降雨応答機構の解明