基本情報

写真a

斎藤 昌幸

SAITO Masayuki


メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://lepumus.net/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 自然共生システム

  • 生態・環境

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京薬科大学  生命科学部  環境生命科学科

    2006年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学  環境情報学府  環境リスクマネジメント専攻

    修士課程,2008年03月,修了

  • 横浜国立大学  環境情報学府  環境リスクマネジメント専攻

    博士課程,2011年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(環境学),横浜国立大学,2011年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター,研究補助,2007年08月 ~ 2010年03月

  • 横浜国立大学大学院環境情報研究院,COEフェロー,2011年04月 ~ 2012年03月

  • 東京大学大学院総合文化研究科,特任研究員,2012年04月 ~ 2015年03月

  • 東京農工大学大学院農学研究院,日本学術振興会特別研究員,2015年04月 ~ 2017年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会

  • 日本哺乳類学会

  • 日本景観生態学会

  • 東北森林科学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 野生生物(とくに哺乳類)に関する景観生態学・都市生態学、生物多様性情報を活用したマクロ生態学、里山における人間活動と野生生物の関係

論文 【 表示 / 非表示

  • Human disturbance affects latrine-use patterns of raccoon dogs,Journal of Wildlife Management,83 728-736,2019年

    共著(海外含む)

  • Home range of raccoon dogs in an urban green area of Tokyo, Japan,Journal of Mammalogy,99 732-740,2018年

    共著(海外含む)

  • イノシシの生息地利用が示唆する獣害対策としての環境管理,農業農村工学会誌,86 385-389,2018年

    共著(国内のみ)

  • 景観生態学的アプローチにおいて都市化の指標として用いられる人口密度と都市的土地利用の関係とその地域差,応用生態工学,20(2) 205-212,2018年

    共著(国内のみ)

  • Winter diet of the raccoon dog (Nyctereutes procyonoides) in urban parks, central Tokyo,Mammal Study,43 275-280,2018年

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 森林と野生動物,共立出版,2019年

  • 日本の食肉類―生態系の頂点に立つ哺乳類,東京大学出版会,2018年

  • 生態系の暮らし方:アジア視点の環境リスク-マネジメント,東海大学出版会,2012年

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 継続中,高度に都市化した景観における中型食肉目の生息地ネットワーク構造

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,高度に都市化した景観における中型食肉目の生息地ネットワーク構造

  • 特別研究員奨励費,2015年04月 ~ 2017年03月,都市における哺乳類の生息環境評価とそれに基づく環境設計の提案

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,生物間相互作用を考慮したチョウ類の分布推定と環境変動による影響予測

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,里山創生論特別演習(1年前期)

  • 2018年度,里山創生論専門演習(1年前期)

  • 2018年度,里山創生論特論

  • 2018年度,里山創生論特別演習(1年後期)

  • 2018年度,里山創生論専門演習(1年後期)

全件表示 >>