基本情報

写真a

兼子 良久

KANEKO Yoshihisa


職名

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 商学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 学習院大学  経営学研究科

    博士課程,2016年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経営学),学習院大学,2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本マーケティング学会

  • 経営行動研究学会

  • 日本商業学会

  • 日本フードサービス学会

  • 日本消費者行動研究学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 私が主にテーマとしているのは「価格」です。例えば、物を買うとき「何が何でも低価格が良い」と考えている人はどの程度いるのでしょうか。製品やサービス間では、いつも価格競争が起こっています。以前、スーパーマーケットの担当者と買い物客双方に、商品価格に対する意識を調査したことがあります。結果、企業担当者は、買い物客が『実際にそうである』以上に低価格が望まれていると考えてしまう傾向が見られました。このことは、消費者が期待する以上の値下げをする傾向が企業にあることを意味します。低価格志向の買い物客が増えたのは事実ですが、全体から見れば、それほど多いわけではありません。市場で利益をあげるには、商品を購入する消費者の心理をよく理解しておく必要があるのです。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 課金方式が消費者行動に与える影響に関する研究 ,2017年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 国際異文化ビジネスの進展~日本から台湾に進出した「うどん」企業を事例として~,人文社会科学論叢,28 87-100,2019年03月

    単著

  • 最低価格保証に関わる研究の整理,マーケティングジャーナル,2016年06月

    単著

  • 統計教育に関わるモバイルラーニングシステム,鹿児島国際大学情報処理センター研究年報,2016年03月

    単著

  • 店舗認知度が受容値引き率に与える影響,鹿児島経済論集,2016年02月

    単著

  • 価格戦争の回避に関する考察,経営行動研究年報,2015年07月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • MBAエッセンシャルズ(第3版),東洋経済新報社,2019年05月

  • リテールデータ分析入門,中央経済社,2014年06月

  • 90分でわかる!日本で一番やさしい「データ分析」超入門,東洋経済新報社,2013年10月

  • ビジュアル ビジネスに活かす統計入門,日本経済新聞出版社,2012年12月

  • 買い物客はそのキーワードで手を伸ばす-深層心理で消費者インサイトを見抜く「価値創造型プロモーション」-,ダイヤモンド社,2011年11月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,マーケティングa

  • 2018年度,マーケティング演習

  • 2018年度,共生マーケティング(共生を考える)

  • 2018年度,マーケティングb

  • 2018年度,マーケティング演習

全件表示 >>

 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人 全国旅行業協会「学生がつくる鹿児島県の着地型旅行プランコンペ」審査員,2016年03月

  • 鹿児島県商業部会 教員向け研修会「ケースなどを通した実践的・体験的学習とその進め方」,2015年07月

  • マーケティング研究協会「Excelで簡単POS分析講座」,2014年09月

  • 般社団法人Jミルク 牛乳・乳製品新規利用促進会議委員,2014年03月

  • 第12回三大学院共同シンポジウム「地域再生を考える」(於鹿児島国際大学),2013年12月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • マーケティング・マーケティングリサーチ