基本情報

写真a

砂田 洋志

SUNADA Hiroshi


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4271

研究室FAX

023-628-4271

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/lepp/teacher/teacherdb_42.html

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経済統計

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学),東北大学,2002年05月

  • 経済学修士,早稲田大学,1991年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本統計学会

  • 日本経済学会

  • 日本ファイナンス学会

  • 日本経営財務研究学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • これまでは先物市場を主たる対象として標本理論の立場から、実証的な分析を進めてきた。それに加えて、ここ数年はMCMC(マルコフ・チェーン・モンテカルロ)法を用いたベイズ推定法にも関心を抱いて研究を続けてきた。現在はこの手法を用いた実証分析を中心に研究している。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ベイズ統計学に基づく経済データの分析,2002年08月 ~ 継続中

    ベイズ統計学

論文 【 表示 / 非表示

  • Continuously Traded Options on Discretely Traded Commodity Futures Contracts,The Journal of Futures Markets,17(6) 633-666,1997年09月

    共著

  • 周辺尤度の推定理論とその応用-ギブス・サンプリング法、及びM=H法で推定した場合-,山形大学紀要(社会科学),36(2) 23-45,2006年02月

    単著

  • 誤差項にt分布を仮定した閾値自己回帰モデルのベイズ推定,山形大学紀要(社会科学),36(1) 77-96,2005年08月

    単著

  • MCMC法を用いた2重閾値ARCH(DT-ARCH)モデルのベイズ推定,研究年報(経済学),東北大学経済学会,66(4) 33-42,2005年03月

    単著

  • Double Threshold GARCHモデルとその株価変化率への応用:ベイズ統計学を用いたパラメータ推定とモデル選択,山形大学紀要(社会科学),42(2) 17-30,2012年02月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 先物・オプション市場の計量分析[共著],慶應義塾大学出版会,1997年10月

  • ベイズ計量経済学ハンドブック[共訳],朝倉書店(Oxford University Press.),2013年09月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形県統計利用アドバイザー(山形県企画振興部),2009年04月 ~ 継続中

  • 山形県市町村職員共済組合学識監事,2008年03月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 計量経済学・統計理論