基本情報

写真a

山崎 良彦

YAMAZAKI Yoshihiko


職名

准教授

生年

1969年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-5219

研究室FAX

023-628-5221

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部  医学科

    1994年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学研究科  医学専攻

    博士課程,1999年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,1999年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 釜石市民病院,職員(医療系),1995年04月 ~ 1996年03月

  • 慈誠会猪又病院,職員(医療系),1999年04月 ~ 2000年03月

  • カリフォルニア大学アーバイン校,研究員,2000年04月 ~ 2003年05月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会

  • 米国神経科学会 (Society for Neuroscience)

  • 日本生理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・これまでグリア細胞は、脳の情報処理においては脇役であるとされてきたが、近年その概念が覆りつつある。神経活動に対するグリア細胞の修飾効果を、電気生理学的手法を用いて直接的に検出し、そのメカニズムを調べている。
    ・ニコチンは神経回路やシナプス可塑性に対し、多様な効果を及ぼす。その機序を薬物依存や記憶形成に対するニコチンの影響を考慮しながら調べている。

論文 【 表示 / 非表示

  • Region- and cell type-specific facilitation of synaptic function at destination synapses induced by oligodendrocyte depolarization.,The Journal of neuroscience,2019年03月

    共著(国内のみ)

  • Ectopic positioning of Bergmann glia and impaired cerebellar wiring in Mlc1-over-expressing mice,Journal of Neurochemistry,147(3) 344-360,2018年11月

    共著(国内のみ)

  • Modulatory effects of perineuronal oligodendrocytes on neuronal activity in the rat hippocampus,Neurochemical Research,43(1) 27-40,2018年01月

    共著(国内のみ)

  • Nicotine-induced neuroplasticity counteracts the effect of schizophrenia-linked neuregulin 1 signaling on NMDAR function in the rat hippocampus,Neuropharmacology,113 386-395,2017年02月

    共著(海外含む)

  • The effect of coactivation of muscarinic and nicotinic acetylcholine receptors on LTD in the hippocampal CA1 network,Brain Research,1649 44-52,2016年10月

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • コアカリ生理学,医学評論社,2008年08月

  • 神経科学―脳の探求― Neuroscience: Exploring the Brain,西村書店,2007年06月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Effects of nicotine on hippocampal circuits ,Folia Pharmacologica Japonica,2010年07月

  • 介在ニューロン付随性グリア細胞による神経活動の修飾,Brain and Nerve,2007年07月

  • 記憶・忘却の生理学,Brain Medical,2007年06月

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2020年03月,依存性薬物による脳白質・髄鞘の機能的変化とその機序の解明

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 山形医学,国際会議,2019年02月,結節性硬化症原因遺伝子欠損マウスにおけるシナプス可塑性異常の改善に向けたアプローチ,その他

  • 日本生理学雑誌,国際会議,2019年02月,海馬CA1シナプス脱長期増強誘導のシナプス活動依存性,その他

  • 日本生理学雑誌,国際会議,2019年02月,オリゴデンドロサイトの膜電位変化による出力先シナプス伝達に対する修飾効果,その他

  • 日本生理学雑誌,国際会議,2018年02月,海馬シナプス可塑性の刺激パターン依存性,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)生理学・人体機能学