基本情報

写真a

小山 清人

KOYAMA Kiyohito


職名

学長

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://ckpmac7.yz.yamagata-u.ac.jp/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • レオロジ-工学

  • 超音波工学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学部

    1972年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学研究科

    修士課程,1974年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,東京工業大学,1988年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • テネシー大学,研究員,1983年05月 ~ 1984年07月

  • プラハ科学アカデミー,研究員,1994年07月 ~ 1994年09月

  • 名古屋大学,非常勤講師,1996年04月 ~ 1997年03月

  • 徳島大学,非常勤講師,1997年04月 ~ 1998年03月

  • 北海道大学,非常勤講師,1998年04月 ~ 2000年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • プラスチック成形加工学会

  • 日本レオロジ-学会

  • 繊維学会

  • 高分子学会

  • Journal of Rheology

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高分子の伸長流動解析,シミュレーションによる成形加工性の検討,外場による流動構造制御,エレクトロレオロジー,ソノケミストリー

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 紡糸と結晶化に関する研究 ,1974年04月 ~ 1987年03月

    結晶

  • 高分子溶融体の伸張レオロジー、超音波センサに関する研究,1987年04月 ~ 1992年03月

    高分子

  • 高分子溶融体の伸張レオロジー、成形加工、電気粘性流体に関する研究,1992年04月 ~ 継続中

    高分子

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of Polymer Extrusion Extruder for Evaluating with a Small Amount of Polymeric Material,INTERNATIONAL POLYMER PROCESSING,27(4) 434-441,2012年08月

    共著

  • Influence of Extrusion Temperature on Molecular Architecture and Crystallization Behavior of Peroxide-Induced Slightly Crosslinked Poly(L-lactide) by Reactive Extrusion,JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE,23(3) 1468-1478,2012年02月

    共著

  • Dynamic Mechanical Properties of Polystyrene-Block-Poly[ethylene-co-(ethylene-propylene)]-Block-Polystyrene Triblock Copolymer/Hydrocarbon Oil Blends,JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE,121(5) 3001-3006,2011年09月

    共著

  • Paint/Polymer Interface Structure for ABS Injection Moldings,INTERNATIONAL POLYMER PROCESSING,26(4) 399-402,2011年09月

    共著

  • INTERNATIONAL POLYMER PROCESSING,RHEOLOGICA ACTA,50(5-6) 433-439,2011年06月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学-基礎と応用-第3版,東京化学同人,2012年04月

  • 高分子化学:基礎と応用(第3版),(株)東京化学同人,2012年04月

  • プラスチック成形加工による高機能化,シーエムシー出版,2003年04月

  • アイオノマー・イオン性高分子材料,シーエムシー出版,2003年04月

  • 次世代のエレクトロニクス・電子材料に向けた新しいポリイミドの開発と高機能付与技術,技術情報協会,2003年04月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 国立大学法人における産学連携の姿,プラスチック成形加工学会,成形加工,18(1) 205-207,2006年01月

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,大豆粉を主原料とした架橋ネットワーク構造体を形成する方法並びにそれから得られる大豆粉を主原料とした含泡食品用生地及び含泡食品,東野 真由美、秦 公正、西岡 昭博、西岡 美香、小山 清人

    出願番号( 2004-286604 ) 公開番号( 2006-94810 ) ,東野 真由美 外4名,日本国

  • 特許,熱的非平衡状態における高分子材料の流動物性予測方法,小山 清人、増渕 雄一、江原 賢二、長竹 渉、多田 賢一

    出願番号( 2004-51775 ) 公開番号( 2005-241443 ) ,株式会社 プラメディア,日本国

  • 特許,大麦粉を主原料として架橋ネットワーク構造体を形成する方法と、大麦粉を主原料とする含泡食品用生地とそのための粉末基礎調製原料と含泡食品とパンとその製造方法,藤井 恵子、高橋 辰宏、東野 真由美、小山 清人

    出願番号( 2002-332553 ) 公開番号( 2004-166501 ) ,藤井 恵子他3名,日本国

  • 特許,米粉を主原料として架橋ネットワーク構造体を形成する方法と、米粉を主原料とする含泡食品用生地と含泡食品とパンとその製造方法,藤井 恵子、高橋 辰宏、東野 真由美、小山 清人

    出願番号( 2001-393219 ) 公開番号( 2003-189786 ) ,藤井 恵子外3名,日本国

  • 特許,成形時に粘度上昇するスチレン系樹脂組成物,小山 清人、嶺岸 明生、西岡 昭博

    出願番号( 2001-311874 ) 公開番号( 2003-119333 ) ,独立行政法人 科学技術振興機構,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回山形県科学技術賞,2012年11月03日,日本国,山形県,小山清人

  • 日本レオロジー学会論文賞,2012年06月,日本国,日本レオロジー学会,水落優,谷口貴志,杉本昌隆,小山清人

  • 日本レオロジー学会賞,2006年05月11日,日本国,日本レオロジー学会,小山 清人

  • プラスチック成形加工学会論文賞受賞,2005年06月,日本国,日本プラスチック成形加工学会,城本 征治、小山 清人

  • プラスチック成形加工学会論文賞受賞,2001年06月,日本国,日本プラスチック成形加工学会,鎌田 悟、工藤 素、守時 一、小山 清人

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 地球温暖化防止新技術プログラム,2007年04月 ~ 2010年03月,革新的ノンフロン系断熱技術開発プロジェクト/革新的断熱技術開発/超低熱伝導率構造部材に必要な物性と構造の同定とその創製のための基盤研究/低熱伝導空間の導入

    革新的ノンフロン系断熱技術開発プロジェクト/革新的断熱技術開発/超低熱伝導率構造部材に必要な物性と構造の同定とその創製のための基盤研究/低熱伝導空間の導入

  • 基盤研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,電場下における高分子ブロック共重合体の秩序・無秩序 相転移ダイナミクス現象の解明

    電場下における高分子ブロック共重合体の秩序・無秩序相転移ダイナミクス現象の解明を行った。

  • 基盤研究(B),2004年04月 ~ 2005年03月,Sigma効果の発現メカニズム解明と機能性微粒子充填材料への応用

    Sigma効果を実験的・理論的に検証することでその発現メカニズムを解明し、さらに本効果を利用して微粒子の分散状態を制御する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • PCC(Plastic CAE Conference)2012,国内会議,2012年04月,アキバプラザ,プラスチック成形加工でのCAE動向,口頭(基調)

  • 伸長プロセス専門委員会 第40回記念公開シンポジウム -伸長プロセスの現状と今後の課題-,国内会議,2011年10月,宇都宮グランドホテル,今かたる伸長粘度,口頭(基調)

  • 伸長プロセス専門委員会 第40回記念公開シンポジウム -伸長プロセスの現状と今後の課題-,国内会議,2011年10月,宇都宮グランドホテル,今かたる伸長粘度,口頭(招待・特別)

  • アドバンスドポリメリックマテリアル、テクノロジー会議,国際会議,2010年07月,Rheology of SiO2/(Acrylic Polymer / Epoxy) Multi-component Material used for Semiconductor Device,口頭(一般)

  • 国際高分子会議,国際会議,2010年07月,Glasgow, UK,Rheology Control and Material Design,口頭(基調)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • プラスチック成形加工学会,会長(2006~2008),1989年04月 ~ 1991年05月

  • 日本レオロジ-学会,会長,2007年05月 ~ 2009年06月

  • Journal of Rheology,Editorial Board,1990年04月 ~ 1995年03月

  • 繊維学会,理事,2002年03月 ~ 2003年03月

  • プラスチック成形加工学会,監事,2002年06月 ~ 2004年05月

全件表示 >>

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • PCC(Plastic CAE Conference)2012,2012年04月

    基調講演「プラスチック成形加工でのCAE動向」

  • 河合塾「東日本大震災」復興と学び応援プロジェクト寄稿,2012年01月

    タイトル「夢中になったら結果はついてきた〜米のパンもベンチャーも」

  • 読売新聞山形版「インクの壷」エッセー,2010年05月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 成形加工

  • 高分子レオロジー

  • 超音波工学

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • パウダーテクノコーポレーション(有),未設定,2002年06月