基本情報

写真a

小竹 直哉

KOTAKE Naoya


職名

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 粉体工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),山形大学,1996年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 粉体工学会

  • 化学工学会

  • 日本素材物性学会

  • 資源・素材学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)ナノ粒子製造法に関する研究(2)粉砕機の微粉砕能および粉砕条件の評価(3)粉砕による粒子径分布の制御(4)粉砕媒体摩耗の基礎研究(コンタミネーションに関する研究)(5)粉粒体の新たな粉砕性評価方法の検討(6)バイオマスの有効利用(実操業に役立つ基礎研究)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 砕料の微粉砕性評価に関する研究,1900年04月 ~ 継続中

    砕料,微粉砕性

  • 粉砕による微粒子の製造に関する研究,1900年04月 ~ 継続中

    粉砕,微粒子

論文 【 表示 / 非表示

  • Preparation and characterization of hollow TiO2 microspheres by the interfacial reaction method,Materials Letters,175 177-179,2016年07月

    共著

  • 低級アルコール粉砕助剤を用いたトルマリンの乾式超微粉砕,粉体工学会誌,52(1) 10-16,2015年01月

    共著

  • Grinding and combustion characteristics of woody biomass for co-firing with coal in pulverised coal boilers,Fuel,134 544-553,2014年10月

    共著

  • Effect of poly-sized and mono-sized grinding meidia on fine grinding of limestone in a bead mill,International Journal of the Society of Materials Engineering for Resources,20(2) 147-153,2014年10月

    共著

  • 有機溶媒中のメカノケミカル重合反応による廃粘土―ポリメタクリル酸メチル複合材料の調製,粉体工学会誌,51(1) 10-15,2014年01月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 粉体工学ハンドブック,朝倉書店,2014年02月

  • Handbook of Powder Technology, Volume12 ; Particle Breakage,Elsevier.B.V.,2007年10月

  • 先端粉砕技術と応用 (社)日本粉体工業技術協会編 ,NGTコーポレーション,2005年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 粉砕操作を用いた廃ガラス有効利用の基礎研究,(株)化学工業社,ケミカルエンジニアリング,57(10) 741-745,2012年10月

  • 粒状固体材料の粉体物性と粉砕性の関係,日本素材物性学会,素材物性学雑誌,23(1) 25-31,2010年04月

  • ガラスの粉砕性と微粒子形状におよぼす媒液の影響,(社)日本粉体工業技術者協会,粉体技術,1(1) 56-62,2009年01月

  • 石灰石の粉砕におけるフライアッシュの助剤効果,(株)ニューマチック,実用産業情報 環境 技術情報最前線, 46号,(46) 81-85,2008年04月

  • 石灰石の粉砕におけるフライアッシュの助剤効果,粉体と工業社,粉体と工業,39(3) 68-74,2007年03月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Certificate Reviewing for Powder Technology,2016年06月,日本国,POWDER TECHNOLOGY,Naoya Kotake

  • Certificate Reviewing for Advanced Powder Technology,2015年07月,日本国,SOCIETY OF POWDER TECHNOLOGY JAPAN,Naoya Kotake

  • Outstanding Reviewer for Advanced Powder Technology,2014年06月,日本国,SOCIETY OF POWDER TECHNOLOGY JAPAN,Naoya Kotake

  • 日本素材物性学会 平成21年度(第21回) 山崎賞(研究論文賞),2009年06月16日,日本国,日本素材物性学会,N. Kotake, I. Sato, S. Makuta, S. Gunji, H. Kezuka

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 石炭灰の有効利用に関する研究−石炭灰を助剤に用いた石灰石の微粉砕−,2003年04月 ~ 2004年03月,財団法人山形県企業振興公社,受託試験

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 石炭およびバイオマス粉砕に関する検討調査,2017年04月 ~ 2018年03月,株式会社IHI,その他

  • 石炭およびバイオマス粉砕に関する検討調査,2016年04月 ~ 2017年03月,株式会社IHI,その他

  • 石炭およびバイオマス粉砕に関する検討調査,2015年04月 ~ 2016年03月,株式会社IHI,その他

  • 石炭およびバイオマス粉砕に関する検討調査,2014年04月 ~ 2015年03月,株式会社IHI,その他

  • 石炭およびバイオマス粉砕に関する検討調査,2013年04月 ~ 2014年03月,株式会社IHI,その他

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 粉体工学会2017年度秋期研究発表会,国内会議,2017年10月,大阪市 インテックス大阪 センタービル2階 国際会議ホール,木質バイオマスの竪形ミル粉砕性能におよぼすディンプル型ローラの影響,ポスター(一般)

  • 環境・循環型産業プラザ,国内会議,2017年02月,山形県山形市 ヒルズサンピア山形,火力発電における木質バイオマス(廃材・リサイクル材)利用のための粉砕技術の検討,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 環境・循環型産業プラザ,国内会議,2017年02月,山形県山形市 ヒルズサンピア山形,火力発電の間伐材利用を目的とする微粉炭ミル粉砕操作の基礎的研究,ポスター(一般)

  • 粉体の機械的単位操作に関する参加型講演会,国内会議,2016年12月,東京・御茶ノ水 日本大学理工学部駿河台校舎1号館,ビーズミルによるタンカル微粒子生産に関する研究,口頭(一般)

  • 粉体工学会2016年度秋期研究発表会,国内会議,2016年11月,東京都 東京ビッグサイト 会議棟,ビーズミルによるタンカル微粒子生産に及ぼす操作条件の影響,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会,東北支部役員 山形地区行事担当幹事,2014年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • APPIE産学官連携フェア2015 -粉の技術-,2015年10月

    「石灰石を効率良く微粒化します」の題目で上記展示会において研究発表を行った(大阪市 インテックス大阪)。

  • APPIE産学官連携フェア2013 -粉の技術-,2013年10月

    「石灰石を効率良く微粒化しませんか?」の題目で上記展示会において研究発表を行った(大阪市 ATCホール)。

  • テクノサークル米沢(TCY)セミナー,2013年03月

  • APPIE産学官連携フェア2011 -粉の技術-,2011年10月

    「粉体物性から粒状固体の粉砕性を評価する」の題目で上記展示会において研究発表を行った(大阪市 大阪アカデミア)。

  • 東京国際粉体工業展2004 社団法人 日本粉体工業技術協会,2004年11月

    千葉県 日本コンベンションセンター (幕張メッセ)にて“顆粒粒子層の充填性と圧縮性”の題目で展示,発表

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示