基本情報

写真a

西岡 昭博

NISHIOKA Akihiro


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3207

研究室FAX

0238-26-3207

ホームページ

http://nishioka-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 複合材料・表界面工学

  • 澱粉のレオロジー

  • 高分子溶融体のレオロジー

  • プラスチック成形加工

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学部  物質工学科

    1996年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学研究科  生体センシング機能工学専攻

    博士課程,2000年09月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),山形大学,2000年09月

  • 修士(工学),山形大学,1998年03月

  • 学士(工学),山形大学,1996年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 特別研究員,特別研究員,2000年01月 ~ 2001年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • (社)日本レオロジー学会

  • (社)プラスチック成形加工学会

  • (社)高分子学会

  • アイオノマー研究会

  • 国際プラスチック成形加工学会(PPS)

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)成形加工性を改善するためのプラスチック材料の改質 (2)高分子溶融体の二軸,平面伸長レオロジー (3)アイオノマー溶融体のレオロジー研究 (4)食物加工のレオロジー  (5)澱粉が主成分の穀物類の新規α化技術  (6)セルロースなどのバイオマス材料の物理処理による結晶性制御に関する研究 (7)粉砕メカニズムの解明

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高分子溶融体の伸長レオロジー,1996年04月 ~ 継続中

    一軸伸長、二軸伸長、平面伸長、レオロジー、伸長粘度

  • アイオノマーの溶融レオロジー,1998年04月 ~ 継続中

    レオロジー,アイオノマー,伸長粘度

  • 米粉などの穀物粉によるパン生地のレオロジー特性とその製パン特性,2001年04月 ~ 継続中

    米粉、穀物粉、レオロジー特性、製パン性、加工技術

  • 生分解性樹脂/澱粉コンポジット材料の開発,2007年04月 ~ 継続中

    澱粉、生分解性、コンポジット

  • 加熱・せん断下での粉砕により澱粉の結晶性制御技術,2007年11月 ~ 継続中

    澱粉科学、結晶性制御、アルファ化

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of PTFE Addition on Rheological and Mechanical Properties of PP/Corn Starch Composites,Journal of the Japan Society of Polymer Processing,2014年07月

    単著

  • Surface Rheology of Rubbed Polyimide Film in Liquid Crystal Display,Optical Material Express,4(5) 1057-1066,2014年05月

    共著

  • Novel Method for Producing Amorphous Cellulose only by Milling,Carbohydrate Polymers,2014年01月

    共著

  • Ordering Simulation of High Thermal Conductivity Epoxy Resins,Polymer Journal,45 444-448,2013年02月

    共著

  • Rheology of Polystylene-block-poly(ethylene-co-(ethylene-polypropylene))-block-polystyrene tri-block copolymer/Paraffinic Oil Blends ~Effect of Oil Molecular Weight on the Order-disorder Transition~,Nihon Reoroji Gakkaishi,40(4) 171-177,2012年09月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 高分子技術者のためのソフトマター入門 (コラム執筆),丸善株式会社 ,2009年12月

  • 米粉百科,(株)グレイン・エス・ピー,2009年09月

  • アイオノマー・イオン性高分子材料,シーエムシー株式会社,2003年09月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • プラスチック発泡成形技術の考え方を応用したグルテンフリーパンの開発,日本工業出版,日本プラスチック工業連盟誌 プラスチックス,第64(第2) 41-46,2013年02月

  • プラスチック成形技術を応用した米粉100%パンの開発,(財)食品産業センター,明日の食品産業,2012年02月

  • プラスチック成形技術を応用した米粉100%パンの開発,(株)北海道協同組合通信社,農業雑誌ニューカントリー((株)北海道協同組合通信社発行),2012年01月

  • パン屋さんの非常識はプラスチック屋さんの常識ー日本の米100%パンへ挑戦ー,トヨタ技術会,TES MAGAZINE(トヨタ自動車社内報),62(1) 18-23,2011年09月

  • プラスチック成形技術が可能にした米粉100%パンと加熱・せん断粉砕によるアルファ化米粉製造技術の開発,NPO法人 グリーンテクノバンク,グリーンテクノ情報誌,6(3) 17-21,2011年01月

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,米パン生地、米粉パンおよび米粉パンの製造方法,西岡昭博、池田遼平

    出願番号( 2010-031871 ) ,西岡昭博,日本国

  • 特許,アルファ化デンプン粉およびその製造方法ならびに該アルファ化デンプン粉を用いたプラスチック添加剤およびコンポジット材料,西岡昭博、勝野圭史、木島龍朗

    出願番号( 2009-066939 ) 公開番号( 2010-215861 ) 登録番号( 特許第5503885号 ) ,西岡昭博,日本国

  • 特許,アルファ化デンプン粉の製造方法,西岡昭博、飯沼知典、村澤剛

    出願番号( 2008-032689 ) 公開番号( 2009-213472 ) ,西岡昭博,日本国

  • 特許,発泡成形性に優れたポリエステルエラストマー系樹脂組成物,古市 謙次、丹下 章男、西岡 昭博、小野寺 智

    出願番号( 2007-037678 ) 公開番号( 2008-201866 ) ,東洋紡績(株),日本国

  • 特許,ブロー成形性に優れたポリエステルエラストマー系樹脂組成物,西岡昭博(山形大)、古市謙二、野々村千里、丹下章男、山下勝久

    出願番号( 2006-073975 ) 公開番号( 2007-246782 ) ,東洋紡績(株),日本国

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • (株)田中屋 技術アドバイザー

    その他

  • (株)コバヤシ 技術アドバイザー

    その他

  • (株)セイシン企業 技術顧問

    その他

  • 東北ぼんち製菓(株) 技術顧問

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度山形大学研究推進報償,2014年03月28日,日本国,山形大学,西岡昭博

  • ベストポスター賞(プラスチック成形加工学会第21回秋季大会(倉敷市)),2013年11月07日,日本国,プラスチック成形加工学会,只野広樹、西岡昭博 他

  • 日本応用糖質科学会第5回東北支部会若手研究発表会「最優秀賞」,2013年07月05日,日本国,日本応用糖質科学会東北支部,志村良一郎、西岡昭博 他

  • 平成24年度山形大学研究推進報償,2013年03月25日,日本国,山形大学,西岡昭博

  • ポスター賞(プラスチック成形加工学会第20回秋季大会),2012年11月30日,日本国,プラスチック成形加工学会,伊藤博之、西岡昭博他

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2015年03月,プラスチック材料の高分子鎖構造から発想した製パン性に優れた澱粉構造の決定

    本研究の目的は、『プラスチック成形加工を専門とする申請者の知見を澱粉に直接応用すること』で、『製パン性に優れた澱粉の高分子鎖構造を提案・決定すること』である。具体的には、「米の品種による高分子鎖構造の違いが生地のレオロジー特性に及ぼす影響」、「分子動力学シミュレーションによる高分子鎖構造と生地物性との相関解析」、「発泡成形性に及ぼす米澱粉の高分子鎖構造の影響」に関して系統的な実験により明らかにすることで、上記の目的を達成できると考えている。プラスチック工学と糖質科学との学域を横断し、申請者がこれまで蓄積してきた物性や加工性に及ぼす高分子鎖構造(直鎖や分岐)の影響に関する知見を、最大限に澱粉へフィードバックすることで、当初の目的を期間内に達成する。

  • 若手研究(A),2011年04月 ~ 2013年03月,エラストマーの構造制御法から発想した米粉100%による全く新しい製パン技術の開発

    本研究の目的は申請者の専門である高分子材料分野で行われるオイル添加による熱可塑性エラストマー(熱で溶融するゴムの総称)の構造制御技術を食品加工に応用展開することで、(1)オイル添加による米粉生地の粘弾性制御技術の確立とメカニズム解明、(2)この技術を応用した製パン技術の確立を行うことにある。具体的には(a)オイル添加による米澱粉の構造(結晶構造や脂質複合体構造)と粘弾性的性質との関連、(b)分子シミュレーションによる構造解析と構造制御メカニズムの解析を行う。最終的には(c)実際の製パンまで行い、本制御手法を用いることにより従来不可能であった米粉100%による製パン技術の確立までを目指す。

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2011年03月,新規セルロースの非晶化技術とこれを用いた低環境負荷型バイオマスプラスチックの

    本研究では(1)従来にない斬新な木質系セルロース変成法を開発、(2)(1)の手法により改質された非晶性セルロースとプラスチック材料とのコンポジット化を行う。これらを達成することで研究期間中には、変性された木質系セルロースが物理的又は化学的に高度に分散した「環境低負荷型バイオマスプラスチック」の開発までを行う。 具体的には、(1)に関しては、従来のように硫酸等の酸処理を必要とせず、加熱下で粉砕するだけで瞬時にセルロースを非晶化可能な手法を提案する。さらにその結晶性制御メカニズムを明らかにする。(2)では、(1)で述べた技術により得られた非晶性セルロースとプラスチック材料とのコンポジット化において、成形性、分散性、機械的物性等を明らかする。

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,新手法による変成デンプンを利用した環境順応型エコプラスチックの開発

    本研究の結果、(1)従来にない斬新な米デンプンの変性法、(2)(1)の手法で得た改質デンプンと汎用プラスチック材料とのコンポジット技術の開発に成功した。具体的には、(1)において加熱とせん断を同時に印可することにより無加水で瞬時に米デンプンを非晶化できる技術を開発した。また、この技術を基盤に加熱・せん断型粉砕装置の開発に成功した。(2)では、(1)の研究結果から得られた非晶性デンプンと(a)エチレンメタクリル酸共重合体をNaイオンで中和したアイオノマー、(b)ポリブチレンサクシネート(以下、PBS)、(c)ポリ乳酸(以下PLA)の3種類の材料とのコンポジットを行い、分散性、熱安定性、機械特性、溶融物性を評価した。比較として米粉には、市販の米粉(結晶性デンプン)、市販の非晶性デンプンも使用した。本研究で得られた新規変性デンプンコンポジット材料の特徴は以下の通りである。 (1) 結晶性デンプン、市販の非晶性デンプンと比較して、著しく分散性が優れる。 (2) 重量分率10%までの添加では添加前のバージン材料と比較し、物性(機械的)が劣らない。このことは結晶性デンプンや市販の非晶性デンプンには見られない効果であった。 (3) 重量分率50%までの添加が可能であり、本研究で用いた新規変性デンプンを添加した系は最も物性低下が少ない。 (4) 新規変性デンプンは、優れた結晶核剤として作用することが分かった。 本研究の結果、従来の手法と全く異なる手法でデンプン変性が可能であり、得られた変性デンプンが生分解性樹脂等の優れた添加剤となり得ることが明らかになった。

  • 基盤研究(B),2005年04月 ~ 2008年03月,高度なメゾ構造制御を可能にする剛体微粒子シミュレーターの開発

    研究は,微粒子が集合して形成する構造を様々な形状の微粒子について研究する目的で作られた汎用剛体微粒子シミュレーターの開発プロジェクトである.プロジェクトは,1.汎用剛体微粒子シミュレーターの開発,2.微粒子分散系のメゾ構造制御、3.シミュレーターを学術的な課題に適用する,という大きく3つのテーマに分けて実施された.以下に,この3つのテーマそれぞれの研究成果について記述する.

    1.開発したシミュレーターには,ESCARGOT(Equilibrium StruCture of hARd General 0bjecTs)と命名した.このシミュレーターは,微粒子同士がお互い反発しあう効果を基盤として微粒子の集合構造を研究するための計算機プログラムである.プログラムについて,モンテカルロシミュレーションを行う汎用性の高い基本部分と,個別の特殊な問題に対応するための拡張機能を分離できるように工夫した.プログラムのバージョン(Ver.)は5まで進み,Ver.5のファイル形式を将来的に維持することとした.

    2.微粒子分散系のメゾ構造制御のテーマでは,有機化クレイを強誘電性高分子PVDF中に分散させた系の研究を中心に行った.有機クレイを強誘電性高分子PVDF中に分散させることが,PVDFの結晶化に影響を与えること,および,そうして得られた試料が,未延伸でも強誘電性に特有なD-Eヒステリシスを示すことが分かった.クレイ粒子の表面構造とPVDFとの相互作用と,クレイ粒子がナノメーターサイズという点から,僅かな添加量にもかかわらず著しい変化がみられ,PVDF/クレイ微粒子複合材料のさまざまな応用性が示された.

    3.キラル分子が形成する液晶構造や,樹脂が硬化する際の体積変化の問題などにシミュレーターを適用し,シミュレーターの有用性を確認した.

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • JST研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP 産学共同促進ステージ ハイリスク挑戦タイプ(復興促進型),2014年01月 ~ 2015年03月,斬新な手法で得たアルファ化穀物粉を活用したアレルギー対策長期保存食の開発斬新な手法で得たアルファ化穀物粉を活用したアレルギー対策長期保存食の開発

    科学技術振興事業団(JST)

  • 山形大学先端的研究拠点形成支援(YU-COE);拠点リーダー 西岡昭博,2013年04月 ~ 継続中,次世代バイオマス分子資源開発センター

    山形大学(結城プラン)

  • (独)NEDO 先導的産業技術創出事業費助成金,2011年10月 ~ 継続中,斬新なセルロースの非晶化技術を応用した高付加価値型バイオマス原料製造装置の開発と これによるグリーン・イノベーションの実現

    澱粉やセルロースに代表される「糖質系バイオマス資源」の低環境負荷かつ簡便な前処理技術を確立し、これを実現可能な装置の市販化までを目指す。単に『粉砕するのみ』というセルロースの簡便な前処理法が確立されれば、従来のように環境負荷の高い有機溶媒に頼る必要がなくなる。身近なバイオマス資源を真の意味で「地球に優しい資源」として有効活用し、脱石油化を加速させ、グリーン・イノベーションが実現される。

    独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

  • 平成22年度学術研究助成((財)飯島記念食品科学振興財団),2011年05月 ~ 2012年03月,結晶化度の異なる米粉を用いた米粉100%生地のレオロジー制御と製パン技術の確立

    民間財団等

  • (財団法人)アーノルド・エリザベス・富士財団 研究助成,2010年06月 ~ 2011年03月,米澱粉の分子追う象の違いが米粉100%生地のレオロジー特性と製パン性に与える影響

    分子構造が異なる様々な品種の米について、その分子構造の差違がパン生地のレオロジー特性とのどのような相関があるかについて明らかにする。これにより製パンに最も適した米澱粉の構造を提案することが出来る。

    民間財団等

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 平成18年度プロジェクト研究「低コストで質の良い加工・業務用農産物の安定供給技術の開発」,2006年10月 ~ 2008年03月,(独)作物研究所,一般受託研究

  • 次世代情報家電・自動車用高度部材の生産技術の開発 ,2005年09月 ~ 2007年03月,経済産業省(管理法人:(株)インテリジェントコスモス研究機構) ,一般受託研究

  • 地域農産穀物を利用した含泡食品加工技術の構築,2003年04月 ~ 2005年03月,山形県,一般受託研究

  • 地域農産穀物を利用した含泡食品加工技術の構築,2003年04月 ~ 2004年03月,山形県,一般受託研究

  • カーボンナノファイバーを用いた次世代型金属放熱材料の開発,2002年04月 ~ 2004年03月,米沢市,一般受託研究

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 加熱せん断による非晶性物質の研究,2012年07月 ~ 継続中,サンエイ糖化株式会社,国内共同研究

  • 高分子伸長レオロジーの研究,2011年08月 ~ 2012年03月,住友化学株式会社樹脂開発センター,その他

  • カロリーセーブを目的とした特定保健用食,2009年03月 ~ 継続中,ホソタ薬局,国内共同研究

  • 天然由来材料を用いたバイオプラスチックの開発,2008年04月 ~ 継続中,(株)東海理化,国内共同研究

  • 高機能ポリマー材料のレオロジーとシミュレーション に関する研究 ,2007年04月 ~ 2010年03月,三菱化学(株),国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第56回高分子学会年次大会,国内会議,2007年05月,京都,熱可塑性ポリエステルエラストマーのレオロジー特性に及ぼすアイノマーブレンドの影響,口頭(一般)

  • 第54回レオロジー討論会,国内会議,2006年10月,福岡,熱可塑性ポリエステルエラストマー/エチレン系アイオノマーブレンドの一軸伸長年度特性,口頭(一般)

  • 第54回レオロジー討論会,国内会議,2006年10月,福岡,新手法によるα化米粉のレオロジー特性と米粉パンの応用,口頭(一般)

  • PPS-22,国際会議,2006年08月,Yamagata,Development of New Simpler Measurement Equipment of Polymer Flow Property for More Accurate Simulation,口頭(一般)

  • 第17回プラスチック成形加工学会年次大会,国内会議,2006年05月,東京,PVDF/Clayナノコンポジットのレオロジー特性,口頭(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • プラスチック成形加工,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,共同研究

  • 生分解性樹脂のレオロジー改質及び評価,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • 穀物デンプンの新変成技術、アルファ化など,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

  • アイオノマーの溶融物性,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本応用糖質科学会,東北支部 理事,2009年05月 ~ 継続中

  • (社)プラスチック成形加工学会,年次大会実行委員,2008年06月 ~ 継続中

  • アイオノマー研究会,副会長,2007年04月 ~ 継続中

  • (社)プラスチック成形加工学会,成形加工シンポジア'11秋田 実行委員,2010年12月 ~ 2011年09月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 出張講義(札幌藻岩高校),2013年11月

  • 出張講義(札幌旭丘高校),2013年11月

  • 新聞掲載:日本食糧新聞(H25_10_2(水)),2013年10月

  • 新聞掲載:朝日新聞(H25_9_3(火)),2013年09月

  • 新聞掲載:読売新聞(H25_9_12(木)),2013年09月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • (有)パウダーテクノコーポレーション,農・林・漁業,2001年06月