基本情報

写真a

石井 邦明

ISHII Kuniaki


職名

教授

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Pharmaco/pharmacology/Top.html

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学一般

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学研究科

    博士課程,1986年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,東北大学,1986年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本循環器学会

  • 日本心電学会

  • 国際心臓研究学会日本部会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • イオンチャネル,特に心臓の電位依存性K+チャネルの調節機構およびその生体内での意義を明らかにすることをテーマとして研究を行っている。
    1.病的状態ではカテコラミンやアンジオテンシンIIなどの液性因子が上昇する。これらの液性因子はG蛋白共役型受容体を介して作用を発揮する。それら受容体の活性化によるKチャネルの調節機構について検討している。
    2.インスリンならびにインスリン様成長因子によるKチャネルの短期的および長期的調節機構について検討している。

論文 【 表示 / 非表示

  • Differential sensitivity of Kv1.4, Kv1.2, and their tandem channel to acidic pH: involvement of a histidine residue in high sensitivity to acidic pH, J. Phar. Exp. Ther., 296 (2001),,2001年01月

    共著

著書 【 表示 / 非表示

  • Modulation of transient type K channel cloned from rat heart, Biochem. Biophys. Res. Commun. Ⅰ189(1992)(共著),,2001年01月

  • Cloning and modulation by endothelin-1 of rat cardiac K channel, Biochem. Biophys. Res. Commun., Ⅰ184(1992)(共著),,1900年01月

  • A mammalian transient type K+ channel, rat Kv1.4, has two potential domains that could produce rapid inactivation, J. Biol. Chem., Ⅰ272(1997)(共著),,1900年01月

  • Voltage-dependent K+ channel(Kv1.5)cloned from rabbit heart and facilitation of inactivation of delayed rectifier current by rat β subunit. FEBS Lett., Ⅰ372(1995)(共著),,1900年01月

  • Hybrid potassium channls by tandem linkage of inactivating and non-inactivating subunits. J. Biol. Chem., Ⅰ269(1994)(共著),,1900年01月

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1.薬理学一般について.薬物はどのようにして薬理作用を発揮するのか,また薬物に対して生体はどのように影響を及ぼすのか. 2.心臓および神経などの興奮性細胞において重要な役割を演じているイオンチャネルについて.薬物のイオンチャネルに対する作用,ならびにイオンチャネルの調節機構.