基本情報

写真a

川口 正剛

KAWAGUCHI Seigou


職名

教授

生年

1962年

研究室電話

0238-26-3182

研究室FAX

0238-26-3182

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学

  • 高分子溶液物性

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 豊橋技術科学大学  工学部  物質工学

    1985年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 豊橋技術科学大学  工学研究科  物質工学

    修士課程,1987年03月,修了

  • 豊橋技術科学大学  工学研究科  材料システム工学

    博士課程,1988年06月,中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),豊橋技術科学大学,9999年03月

  • 工学修士,豊橋技術科学大学,9999年03月

  • 工学士,豊橋技術科学大学,1985年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 豊橋技術科学大学,職員(教務系),1988年04月 ~ 1991年03月

  • 豊橋技術科学大学,助手,1991年04月 ~ 2000年03月

  • University of Toronto,大学等非常勤研究員,1993年01月 ~ 1994年08月

  • 鶴岡工業高等専門学校,非常勤講師,2001年04月 ~ 2002年03月

  • 豊橋技術科学大学,非常勤講師,2001年04月 ~ 2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 高分子学会

  • アメリカ化学会

  • 日本ゴム協会

  • 日本接着学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)マクロモノマー法を用いた分岐高分子の設計、合成および物性
    (2)水溶性高分子および高分子電解質の溶液論的研究 
    (3)両親媒性組織化高分子の設計,特性化 
    (4)機能性高分子微粒子の合成と電子ペーパーに関する研究
    (5)新規高分子特性化技術の開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マクロモノマーを用いた高分子デザインと物性,1990年04月 ~ 継続中

    マクロモノマー,ミセル,くし型高分子

  • 機能性高分子微粒子の合成と電子ペーパーへの応用,1994年04月 ~ 継続中

    高分子微粒子,電子ペーパー,分散重合

  • 高分子電解質水溶液の希薄溶液物性,1988年06月 ~ 継続中

    界面活性剤,高分子材料合成,繊維材料,高分子電解質,乳化重合,光散乱,分岐高分子

  • モデル高分子の合成と物性,1993年04月 ~ 継続中

    高分子電解質,アニオン重合,光散乱

  • 両親媒性高分子の水溶液物性,1995年04月 ~ 継続中

    ミセル、自己組織化、光散乱、小角X線散乱

論文 【 表示 / 非表示

  • Poly(N-hydroxyethylacrylamide) Prepared by Atom Transfer Radical Polymerization as a Nonionic, Water-Soluble, and Hydrolysis-Resistant Polymer and/or Segment of Block Copolymer with a Well-Defined Molecular Weight,Macromolecular Chemistry and Physics,210 349-358,2009年02月

    共著

  • A Versatile Method for Adjusting Thermoresponsivity: Synthesis and “Click” Reaction of an Azido End-Functionalized Poly(N-isopropylacrylamide),Macromol. Rapid. Commun.,29 1126-1133,2008年08月

    共著

  • Synthesis of Oligo(oxyethylene) Methacrylate-ended Poly(n-hexyl isocyanate) Rodlike Macromonomers and Their Radical Copolymerization Behavior with Methyl Methacrylate,Polym. J.,40 1113-1120,2008年08月

    共著

  • Preparation of a-, w-End-Functionalized Poly(n-hexyl isocyanate) Heterotelechelics,Polym. J.,40 1105-1112,2008年08月

    共著

  • Conformational Properties of Cylindrical Rod Brushes Consisting of a Polystyrene Main Chain and Poly(n-hexyl isocyanate) Side ChainsConformational Properties of Cylindrical Rod Brushes Consisting of a Polystyrene Main Chain and Poly(n-hexyl isocyanate) Side Chains,Macromolecules,41 6564-6572,2008年05月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 高分子分析ハンドブック,朝倉書店,2008年09月

  • ミクロ/ナノカプセルの新規調整と次世代製品開発技術,技術情報協会,2008年09月

  • 新しい分散・乳化の科学と応用技術の新展開,テクノシステム,2006年08月

  • 基礎高分子化学,東京化学同人,2006年04月

  • Functional Polymer Colloids from Functional Monomers and Macromers”, In Functional Colloids, , 109-135(2002). ,CITUS BOOK,2002年08月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 進化する高分子ナノテクノロジー研究会,高分子学会,高分子,58 197-198,2009年05月

  • ポリマー微粒子の合成と物性,色材協会,色材協会誌,80(11) 462-476,2007年11月

  • マクロモノマー法を用いた高分子微粒子の設計,日本接着学会,日本接着学会誌,43 443-451,2005年11月

  • 高分子電解質の水溶液物性,高分子学会,高分子,58 716-718,2004年08月

  • マクロモノマー法を用いる高分子微粒子の合成-粒子径制御とブラシ高分子-,日本ゴム協会,日本ゴム協会誌,72 395-403,1999年04月

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,微粒子、微粒子の製造方法、微粒子分散液およびそれを用いた画像表示媒体、装置,川口正剛、柳澤匡浩

    出願番号( 2005-238203 ) 公開番号( 2006-96985 ) ,株式会社リコー,日本国

  • 特許,マクロモノマー,花田 洋子,中村 元一,近藤 昭裕,伊藤 浩一,川口 正剛

    出願番号( 平11-276432 ) 公開番号( 2001-98039 ) ,花王株式会社,日本国

  • 特許,毛髪化粧料,花田 洋子,中村 元一,近藤 昭裕,伊藤 浩一,川口 正剛

    出願番号( 平11-237879 ) 公開番号( 2001-64123 ) ,花王株式会社,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Polymer Journal論文賞,2008年05月26日,日本国,社団法人高分子学会,菊地守也 他

  • 高分子研究奨励賞(高分子学会),1997年04月,日本国,高分子学会,川口 正剛

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2001年04月 ~ 継続中,棒状高分子鎖からなる高密度ブラシ状高分子の合成と分子鎖形態

    半屈曲性高分子であるポリヘキシルイソシアナートマクロモノマーを合成し、さらに棒状マクロモノマーを単独重合することによって得られる櫛形高分子の分子鎖形態を、棒の長さ、主鎖重合度の関数として明らかにする。

  • 基盤研究(C),2001年04月 ~ 継続中,棒状マクロモノマーの特異的ラジカル重合反応性に関する基礎研究

    半屈曲性高分子であるポリヘキシルイソシアナートマクロモノマーのラジカル共重合性、単独重合性について詳細に検討を行った。

  • 基盤研究(C),1995年04月 ~ 継続中,高分子1分子のマニュピレーションと分子組織体の構築

    両親媒性マクロモノマーの組織化重合によって得られるブラシ高分子をAFMによって単分子観察することに成功した。また、単分子高分子を自在に操るための技術について検討を行った。

  • 萌芽研究,1995年04月 ~ 継続中,水-油界面を利用する高分子設計-単分散・単分子微粒子の創製

    水-油界面を利用する高分子合成について検討を行い,単分子微粒子の創製および画分化リビングラジカル重合へと展開し,様々な多相系グラフト高分子を創製した。

  • 基盤研究(B),1985年04月 ~ 継続中,界面活性モノマーの重合による両親媒性組織化高分子の設計と応用

    各種両親媒性マクロモノマーの合成と水中自己組織化重合挙動ついて詳細な検討を行い,その特異性を明らかにした。また、得られる高分子の詳細な特性化を行った。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 電子ペーパーに関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究,共同研究

  • 高分子微粒子に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • 水溶性高分子の合成と物性に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究,共同研究

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会,東北支部 幹事,2005年04月 ~ 2008年03月

  • 日本化学会,東北支部 代議員,2006年04月 ~ 継続中

  • 色材協会,編集委員,2007年04月 ~ 継続中

  • 高分子学会,高分子ナノテクノロジー研究会委員長,2008年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 化学への招待,2008年07月

  • 米沢興譲館高等学校 サイエンス工房,2007年04月 ~ 2009年03月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示