基本情報

写真a

相沢 直樹

AIZAWA Naoki


職名

教授

生年

1960年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4810

研究室FAX

023-628-4810

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~aizawa/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ツルゲーネフの作品世界

  • 19世紀ロシアにおける西欧文化受容

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  文学部  露語露文学

    1984年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  人文科学研究科  露文学

    博士課程,1989年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士,東京大学,1986年03月

  • M.A. ,東京大学,1986年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ロシア文学会

  • 世界文学会

  • 日本比較文学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)ツルゲーネフの作品世界 (2)近代ロシアにおけるヨーロッパ文化受容 (3)わが国におけるロシア文学受容をめぐる諸問題 近年は,専らこの3本の柱を軸に研究を進めています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ツルゲーネフ初期・中期の中・短篇小説,1900年04月 ~ 継続中

    ツルゲーネフ,初期,中期,中篇小説,短篇小説

論文 【 表示 / 非表示

  • 鳶色の靄の彼方に ─『その前夜』の翻訳と受容をめぐる試論,山形大学人文学部研究年報,(11) 1 (70)-20 (151),2015年03月

    単著

  • 三つの『その前夜』 ──明治期におけるツルゲーネフの翻訳と受容をめぐって ── ,図説翻訳文学総合事典〈第5巻〉 日本における翻訳文学(研究編),5 172-191,2009年11月

    単著

  • 小説と舞台のあいだ ── 楠山正雄の『その前夜』脚本をめぐって ──,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,(8) 15-39,2011年10月

    単著

  • 死と再生のバルカローラ -- 黒澤明の映画『生きる』における『ゴンドラの唄』をめぐる断章 ──,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,(5) 15-36,2008年08月

    単著

  • 『ゴンドラの唄』考,山形大学紀要(人文科学),16(3) 1-31,2008年02月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 甦る『ゴンドラの唄』 ── 「いのち短し、恋せよ、少女」の誕生と変容,新曜社,2012年11月

  • ロシア文化の森へ ─ 比較文化の総合研究 (第二集),ナダ出版センター,2006年10月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ロシア文学会,理事,2003年04月 ~ 2005年03月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • ロシア民話とことわざの世界(出張講義・山形県立山形南高等学校),2009年09月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示