基本情報

写真a

多賀谷 英幸

TAGAYA Hideyuki


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3115

研究室FAX

0238-26-3413

ホームページ

http://www.geocities.jp/tagayaken2005/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • 無機材料・物性

  • 触媒・資源化学プロセス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部

    1978年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学研究科  応用化学専攻

    修士課程,1980年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,東北大学,1987年06月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大日本インキ化学工業,研究員,1980年04月 ~ 1981年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 高分子学会

  • 化学工学会

  • 日本エネルギー学会

  • 米国化学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)未利用炭素資源の有用資源化,廃プラスチックの化学リサイクリングプロセスの開発など未利用炭素資源の資源化。 
    (2)有機-無機複合材料の創製と機能化,高度分離能や生体類似機能を有する機能性材料の創製とその評価。 
    (3)超臨界流体の利用,超臨界流体中での化学反応とその反応機構の解明。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 有機―無機ナノハイブリッド材料の創製,1989年04月 ~ 継続中

    自己組織化

  • 未利用炭素資源の有効利用,1981年04月 ~ 継続中

    高温水

論文 【 表示 / 非表示

  • ルイス酸触媒による酸化クロスカップリング反応および重合の精密制御,高分子論文集,66(9) 341-348,2009年09月

    共著

  • Preparation of New Nano-Layered Materials and Organic-inorganic Nano-hybrid Materials, Zn-Si LDH,J. Porous Materials,16(1) 81-89,2009年01月

    共著

  • Preparation of Inclusion Complexes Composed of Amylase and Strongly Hydrophobic Polyesters in Parallel Enzymatic Polymerization System,Macromolecules,41 5665-5670,2008年08月

    共著

  • Preparation and Intercalation Reactions of Nano-structural Materials, Zn-Al-Ti LDH,Mater. Chem. Phys.,108 449-455,2008年04月

    共著

  • Monomer Recovery of Waste Plastics by Liquid Phase Decomposition and Polymer Synthesis ,J. Mater. Sci.,43 2437-2441,2008年03月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 廃プラスチックの液相分解,シーエムシー出版,2005年06月

  • インターカレーション法ナノハイブリッド材料,シーエムシー出版,2005年03月

  • 有機資源化学,朝倉書店,2002年04月

  • 有機・無機ハイブリッド材料,技術情報協会,2000年07月

  • Recent Research Development in Materials Science Vol 1,Research Signpost,1998年09月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「インターカレーション法」による有機・無機ハイブリッド材料,産業タイムズ社,ナノテク,(1215) 22-23,2005年07月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • プラスチック化学リサイクル研究会 進歩賞,2005年05月26日,日本国,プラスチック化学リサイクル研究会,多賀谷英幸

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 光機能性材料の創製,1993年04月 ~ 継続中,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 廃プラスチックのリサイクル,1998年04月 ~ 継続中,学内共同研究

  • 超臨界流体の利用,1998年04月 ~ 継続中,学内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Eighth International Symposium on Hydrothermal Reactions & Seventh International Conference on Solvo-Thermal Reactions (ISHR&ICSTR 2006),国際会議,2006年08月,仙台,Decomposition Reaction of Thermally Stable Polymers in High Temperature Water,ポスター(一般)

  • Eighth International Symposium on Hydrothermal Reactions & Seventh International Conference on Solvo-Thermal Reactions (ISHR&ICSTR 2006),国際会議,2006年08月,仙台,Monomer Recovery of Waste Plastics by Liquid Phase Decomposition and Polymer Synthesis,ポスター(一般)

  • 環太平洋国際化学会議2005(Pacifichem 2005),国際会議,2005年12月,ハワイ,Chemical Recycling of Waste Polymers in High Temperature Water,口頭(招待・特別)

  • 環太平洋国際化学会議2005(Pacifichem 2005),国際会議,2005年12月,ハワイ,Preparation and Application of Porous Materials by the Dechlorination Reaction of Waste PVC,ポスター(一般)

  • 第3回国際プラスチック化学リサイクル会議(3th ISFR 2005),国際会議,2005年09月,ドイツ、カールスルーヘ,Decomposition Reaction of Thermally Stable Polymers in High Temperature Water,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 廃棄物のリサイクル,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • 分離認識機能を有するナノレベルで構造制御された複合材料の製造,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • ナノスケール材料の創製と応用,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • 未利用バイオマス資源の有効活用,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • プラスチックリサイクル化学研究会,幹事,1998年04月 ~ 継続中

  • 日本MRS,学術シンポジウムチェアー,1998年04月 ~ 継続中

  • 石油学会,東北支部幹事,2003年04月 ~ 継続中

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 山形県リサイクルシステム認定審査会委員,2007年02月 ~ 継続中

  • 山形県リサイクル製品認定審査会委員,2003年04月 ~ 継続中

  • 山形県公害審査会委員,2002年04月 ~ 継続中

  • 米沢市生涯学習指導者,2000年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示