基本情報

写真a

中内 祐二

NAKAUCHI Yuni


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4622

研究室FAX

023-628-4625

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 形態・構造

  • 進化生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  理学部  生物学科

    1988年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  自然科学研究科  数理・物質科学

    博士課程,1993年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),千葉大学,1993年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • (社)日本動物学会

  • (社)日本生化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・無脊椎動物の原始的筋細胞におけるコネクチン(タイチン)関連タンパク質の構造と機能についての研究
    ・パラオ諸島のクラゲ類、山形県内の淡水棲ウズムシ類の遺伝的分化についての研究
    ・ヨコスジカジカの二型精子を形成する核特異的塩基性タンパク質の構造と機能についての研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Sperm motility initiating substance may be insufficient to induce forward motility of Cynops ensicauda sperm,Mol. Reprod. Dev.,84(8) 686-692,2017年07月

    共著

  • A novel cysteine knot protein for enhancing sperm motility that might facilitate the evolution of internal fertilization in amphibians,PLOS ONE,DOI:10.1371/journal.pone.0160445,2016年08月

    共著

  • Collaboration between Yamagata University and Kamo Aquarium – Rapid adaptive evolution of jellyfishes inhabiting marine lakes in Palau,Der Zoologische Garten,2015年10月

    共著

  • 山形県の河川における淡水生プラナリアの分布,山形大学紀要(自然科学),18(1) 1-18,2014年02月

    共著

  • Characterization of an alternative chromatin remodeling to parasperm in cottid fish, Hemilepidotus gilberti.(共著),Zoological Science,28(6) 438-443,2011年06月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • カジカ類の多様性 適応と進化 (共著),東海大学出版会,2011年12月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 山形県内の河川における淡水棲ウズムシ類(プラナリア)の分布調査

    フィールドワーク

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,体内受精の成立に関わる精子運動開始機構の適応的進化に関する研究

    有尾両生類の体内受精特異的な精子運動開始機構を手掛かりとして、両生類における卵管分泌マトリクスに依存した受精機構の適応的な変化の実体の解明を目指す。

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2011年03月,体内受精環境に対応する精子運動調節タンパク質の適応的進化に関する研究

    両生類の体内受精環境と精子運動調節タンパク質の分子進化の比較検討

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2008年03月,絶滅危惧種ウケクチウグイの生息実態調査、遺伝的多様性解析に基づく保全法の検討

    絶滅危惧種ウケクチウグイの遺伝的多様性の検討について、タンパク質レベルでの解析を分担する。

  • 基盤研究(B),2004年04月 ~ 2007年03月,パラオ海水湖に隔離されている海洋生物の進化要因・進化速度の解析 −遺伝子解析・形態観察によるアプローチ −

    パラオ海水湖に生息するミズクラゲと日本近海産の個体間における変異レベルを筋肉構成タンパク質の一次構造および生理活性の比較に基づき検討を行うテーマを分担する。

  • 奨励研究(A),1994年04月 ~ 1995年03月,原索動物マボヤ平滑筋細胞におけるコネクチン様弾性タンパク質の研究

    原索動物マボヤの「平滑筋」細胞の構成タンパク質のうち、脊椎動物横紋筋に特異的なタンパク質として知られているコネクチンと相同であると考えられる2000kDaタンパク質について、その細胞内における局在と機能についての検討を行った。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • the 22nd International Congress of Zoology / the 87th meeting of Zoological Society of Japan,国際会議,2016年11月,沖縄県,Ultrastructural analysis of pharyngeal myocytes of fresh water planarian, Dugesia ryukyuensis,ポスター(一般)

  • the 22nd International Congress of Zoology / the 87th meeting of Zoological Society of Japan,国際会議,2016年11月,沖縄県,Sperm motility-initiating substance that might facilitate the evolution of internal fertilization in amphibians,ポスター(一般)

  • 第47回精子研究会,国内会議,2016年06月,秋田大学,精子運動調節機構は外部環境に適応して選択的に改変される?,口頭(一般)

  • (公社)日本動物学会第86回大会,国内会議,2015年09月,新潟県新潟市,ミズクラゲ幼生の変態に伴う上皮筋細胞タイプと分布の変化,口頭(一般)

  • (公社)日本動物学会第86回大会,国内会議,2015年09月,新潟県新潟市,アカハライモリ精子のタンパク質リン酸化パターンの解析,口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • (社)日本動物学会,第70回大会準備・実行委員,1998年10月 ~ 1999年09月

  • (社)日本動物学会,東北支部平成12年度大会準備・実行委員,1999年09月 ~ 2000年08月

  • (社)日本動物学会,東北支部平成18年度大会準備・実行委員,2005年08月 ~ 2006年07月

  • (社)日本動物学会,男女共同参画委員会委員,2016年10月 ~ 2017年09月

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 親子で体験!バイオロジー14の実施,2016年08月

  • 「クラゲマイスター養成講座」における講義実施,2016年06月

    鶴岡市立加茂水族館で実施された「クラゲマイスター養成講座」において初級編の講義を実施

  • 山形県鶴岡北高等学校における出張講義の実施,2016年05月

    山形県立鶴岡北高等学校において、2年次の生徒計26名に対し講義を実施

  • 「サイエンス・サマースクールinやまがた2015」における講義実施,2015年08月

    「サイエンス・サマースクールinやまがた2015」において、高校2年生に対してプラナリアの体構造についての講義と実習を実施

  • 親子で体験!バイオロジー13の実施,2015年08月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示