基本情報

写真a

臼杵 毅

USUKI Takeshi


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4582

研究室FAX

023-628-4591

ホームページ

http://www-kschem0.kj.yamagata-u.ac.jp/%7Eusuki/

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

  • 無機材料・物性

  • 物性Ⅰ

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),新潟大学,1993年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本中性子科学会

  • 日本物理学会

  • 日本化学会

  • 日本金属学会

  • 日本固体イオニクス学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 中性子・X線回折,EXAFS,マラン散乱実験等の局所構造解明手段や電子・イオン伝導特性,磁気的・熱的・光学的特性などの諸物性の測定を通して,構造不規則系物質が示す興味ある機能の発現メカニズムの解明を目指している。
     (1)カルコハライドガラスにおける成分原子間の短範囲結合性と諸物性との相関。
     (2)金属-非金属転移を伴う液体金属-カルコゲン合金系における価電子局在化機構。
     (3)超イオン伝導性ガラスにおけるイオン伝導機構と局所構造との相関。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 超イオン導電性ガラスの短距離秩序,1900年04月 ~ 継続中

    超イオン導電体,構造

  • 液体及びアモルファス半導体の構造と電気的性質,1900年04月 ~ 継続中

    液体半導体,構造,物性

  • 濃厚水溶液の水和構造,1900年04月 ~ 継続中

    水溶液,水和構造

論文 【 表示 / 非表示

  • Controlling oxygen coordination and valence of network forming cations.,Scientific reports,10(1) 7178,2020年04月

    Aoyagi T, Kohara S, Naito T, Onodera Y, Kodama M, Onodera T, Takamatsu D, Tahara S, Sakata O, Miyake T, Suzuya K, Ohara K, Usuki T, Hayashi Y, Takizawa H

    単著

  • Lowest frequency mode in Raman susceptibility: 2-propanol from ambient to supercritical condition,EUROPEAN PHYSICAL JOURNAL B,93(1) ,2020年01月

    Amo Yuko, Sato Takuya Hasegawa, Kameda Yasuo, Usuki Takeshi

    単著

  • Dimeric Molecular Structure of Molten Gallium Trichloride and a Hidden Evolution toward a Possible Liquid-Liquid Transition,JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B,123(48) 10260-10266,2019年12月

    Usuki Takeshi, Bokova Maria, Kassem Mohammad, Ohara Koji, Hannon Alex C., Bychkov Eugene

    単著

  • Bent HgI2 Molecules in the Melt and Sulfide Glasses: Implications for Nonlinear Optics,CHEMISTRY OF MATERIALS,31(11) 4103-4112,2019年06月

    Kassem Mohammad, Bokova Maria, Tverjanovich Andrey S., Fontanari Daniele, Le Coq David, Sokolov Anton, Masselin Pascal, Kohara Shinji, Usuki Takeshi, Hannon Alex C., Benmore Chris J., Bychkov Eugene

    単著

  • Solvation Structure of Li<sup>+</sup> in Methanol and 2- Propanol Solutions Studied by ATR-IR and Neutron Diffraction With <sup>6</sup>Li/<sup>7</sup>Li Isotopic Substitution Methods.,The journal of physical chemistry. B,2019年05月

    Kameda Y, Sato K, Hasebe R, Amo Y, Usuki T, Umebayashi Y, Ikeda K, Otomo T

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 物理事典,旺文社,2010年02月

    臼杵 毅

  • Short-Range Order of Amorphous and Liquid As-Te-I System, J. Non-Cryst. Solids, Ⅰ205-207(1996)(共著),,2001年01月

    臼杵 毅

  • Local arrangement in Ge-Se-I glasses, J. Non-Cryst. Solids, Ⅰ192&193(1995)(共著),,2001年01月

    臼杵 毅

  • Neutron Diffraction Study on Molten Mixtures;CuCl-CuBr and AgBr-AgI Systems, J. Phys. Soc. Jpn., Ⅰ63(1994)(共著),,2001年01月

    臼杵 毅

  • Electronic and Ionic Conductions in Liquid Tl-Se Alloys, J. Phys. Soc. Jpn., Ⅰ62(1993),,2001年01月

    臼杵 毅

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会学術貢献賞,2019年09月11日,日本国,公益社団法人日本金属学会,臼杵 毅

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2020年04月 ~ 2023年03月,不規則性が加速する固体内高速イオン伝導機構の解明と革新的材料創製への展開

    無機材料および物性関連

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2021年03月,中距離構造で制御する超イオン導電ガラスの機能性探査とその学理の解明

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2019年03月,量子ビームと理論の連携による革新的イオン伝導不規則構造材料創製基盤の構築

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • イオン伝導性ガラス,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

  • アモルファス材料の構造解析,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,アモルファスな話(化学A)

  • 2013年度,物質生命化学特別研究(2年前期)

  • 2013年度,物質生命化学特別研究(1年前期)

  • 2013年度,物質生命化学特別演習III

  • 2013年度,物質生命化学特別演習I

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会,東北支部代議員,2016年04月 ~ 継続中

  • 日本固体イオニクス学会,社員(幹事),2016年10月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示