基本情報

写真a

遠藤 昌敏

ENDO Masatoshi


職名

教授

部局ホームページ

http://chemistry.yz.yamagata-u.ac.jp/labo/endomasa-labo.html

プロフィール

宮城県出身。専門は分析化学と環境化学。
最近はイオン交換反応、難溶塩、ラジカル反応に関心がある。
趣味はスポーツ観戦と旅行。

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • グリーン・環境化学

  • 環境材料・リサイクル

  • 分析化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学部  応用化学科

    1986年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学研究科  応用化学

    修士課程,1988年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東北大学,1998年07月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学,助手,1993年08月 ~ 1994年06月

  • ウェイクフォレスト大学,大学等非常勤研究員,2001年09月 ~ 2002年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本分析化学会

  • 米沢工業会

  • 日本イオン交換学会

  • アメリカ化学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・全有機体炭素濃度(TOC)測定装置
    ・ヨウ素製造時の反応解析
    ・簡易分析法の開発(エンジンオイル劣化)
    ・鉱山廃水・温泉水の環境影響評価
    ・食用油・水溶性切削液の劣化抑制
    ・環境中セシウムの分離回収
    ・排ガス触媒からの白金族回収
    ・廃棄物からのヒ素・ホウ素溶出抑制

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 反応速度法を用いる溶存化学種の状態分析,1988年04月 ~ 2001年08月

    反応速度法,状態分析

  • 最上川上流部の水質調査,1988年04月 ~ 継続中

    酸性河川、pH緩衝、重金属汚染

  • 微小媒体への濃縮法の開発,1989年04月 ~ 1998年03月

    ノニルフェノール、会合体、チキソトロピー、金属イオンの濃縮

  • 大環状窒素環化合物による金属イオンの溶媒抽出,1990年04月 ~ 2004年03月

    窒素環化合物、溶媒抽出

  • オンライン型TOC計の開発,1990年10月 ~ 継続中

    TOC、紫外線酸化、有機化合物

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Reclamation of a waste arsenic-bearing gypsum as a soil conditioner via acid treatment and subsequent Fe(II)-As stabilization,JOURNAL OF CLEANER PRODUCTION,217 22-31,2019年04月

    Yang Dazhong, Sasaki Atsushi, Endo Masatoshi

    単著

  • Behavior Analysis of pH, Dissolved Aluminum and Fluoride Species in Acidified River Environments Rich in Sulfate and Fluoride,Journal of Water and Environment Technology,17(4) 231-243,2019年

    Sasaki Atsushi, Endo Koki, Kawaguchi Yuki, Mizunuma Satomi, Miura Takuya, Endo Masatoshi

    単著

  • Reclamation of an arsenic-bearing gypsum via acid washing and CaO-As stabilization involving svabite formation in thermal treatment ,Journal of Environmental Management,231 811-818,2018年11月

    Dazhong Yang, Atsushi Sasaki, Masatoshi Endo

    共著(海外含む)

  • The Inhibition of Fluoride Elution from Industrial Wastes with Portland Cement, Calcium and Magnesium Salts in Alkaline Region,Journal of Ion Exchange,29(3) 140-146,2018年09月

    Xiaoxu Kuang, Atsushi Sasaki, Masatoshi Endo

    共著(海外含む)

  • Cesium desorption from lamellar silicate minerals using quaternary ammonium salts,Clay Minerals,53(3) 487-496,2018年09月

    Miura T., Sasaki A., Suzuki N.,Endo M.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 環境保全のための分析・測定技術,シーエムシー出版,2011年01月

    酒井忠雄,小熊幸一,本水昌二,遠藤昌敏 他

  • 機器分析の事典 日本分析化学会編,朝倉書店,2005年11月

    小熊幸一,河合潤,田中龍彦,保母敏行,遠藤昌敏 他

  • 環境測定のための最新分析技術,シーエムシー出版,2005年06月

    酒井忠雄,小熊幸一,本水昌二,遠藤昌敏 他

  • 分析化学反応の基礎 改訂版,培風館(1994)(共著),,1994年01月

    遠藤 昌敏,日本分析化学会北海道支部・東北支部共編

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 色彩化学計測法,日本分析化学会,ぶんせき,(2002.1) 9-16,2002年01月

    遠藤昌敏,横田文彦,水口仁志

  • 反応速度を用いる分析法,日本分析化学会,ぶんせき,(1997.7) 558-594,1997年07月

    遠藤昌敏,阿部重喜

  • フィールドフローフラクショネーション,日本分析化学会,ぶんせき,(1996.6) 475,1996年06月

    遠藤昌敏

  • 反応速度を用いる分析法,日本分析化学会,ぶんせき,(1992.8) 623-631,1992年08月

    阿部重喜,遠藤昌敏

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,車載用触媒からの担持金属の回収方法,遠藤昌敏,佐々木貴史,飯島栞,遠藤榮次郎,菅原弘紀

    出願番号( 特願2018-085772 ) 公開番号( 特開2019-188361 ) ,株式会社山形県自動車販売店リサイクルセンター,国立大学法人山形大学,日本国

  • 特許,カラーゼオライトセラミックスの製造方法,遠藤昌敏,佐々木貴史,加原友夫,武山芳行,遠藤久美子,遠藤秀一

    出願番号( 2017-130701 ) 公開番号( 2019-14611 ) 登録番号( 6355179 ) ,ジークライト株式会社、国立大学法人山形大学,日本国

  • 特許,新規次亜塩素酸組成物及びその製造法,遠藤昌敏,仁科辰夫,川島順市

    出願番号( 2010-294375 ) 公開番号( 2012-140375 ) ,株式会社明治,日本国

  • 特許,潤滑油の劣化判定具,遠藤昌敏,斎藤つかさ,五十嵐菜美,栃木弘,山本邦治

    出願番号( 2010-195473 ) 公開番号( 2012-52903 ) ,国立大学法人山形大学、コスモ石油ルブリカンツ株式会社,日本国

  • 特許,酸化チタン及びメタチタン酸を用いるフッ素排水処理方法,遠藤昌敏,今野由紀,本多勉

    出願番号( 2008-226243 ) 公開番号( 2010-58048 ) ,東北交易株式会社,日本国

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 添着活性炭の機能

    フィールドワーク

  • 天然ゼオライトの特性

    フィールドワーク

  • 廃棄物中の微量元素の定量

    その他

  • 多機能界面活性剤を用いる希土類金属の捕集

    その他

  • 微量金属イオンの薄層フィルムへの濃縮・分離

    その他

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度日本イオン交換学会学術賞,2017年10月26日,日本国,日本イオン交換学会,遠藤昌敏

  • 平成27年度日本鉄鋼協会山岡賞,2016年03月24日,日本国,日本鉄鋼協会,鉄鋼分析における技術基盤の再構築を目指した統合型データベース開発研究会

  • 東北分析化学賞,2007年03月17日,日本国,日本分析化学会,遠藤昌敏

  • 山形県科学技術奨励賞,2003年04月,日本国,山形県,遠藤昌敏

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第31回イオン交換セミナー,国内会議,2018年11月,東京都千代田区四谷,ブローイングアウト法によるヨウ素回収のモデル塔による条件検討および反応追跡法,ポスター(一般)

  • 第31回イオン交換セミナー,国内会議,2018年11月,東京都千代田区四谷,合成雲母を用いたリチウムイオンの捕集に関する研究,ポスター(一般)

  • 第31回イオン交換セミナー,国内会議,2018年11月,東京都千代田区四谷,使用済食用油の品質改善について,ポスター(一般)

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田市,Recovery of the Platinum Groupe Metals from Catalytic Converter by Microwave Irradiation,ポスター(一般)

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田市,The decomposition of fluoroborate ions by using of the alumina-silica mixture among other things,ポスター(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 廃棄物のリサイクル関連,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会,会員,1987年04月 ~ 継続中

  • 日本化学会,会員,1988年04月 ~ 継続中

  • 日本イオン交換学会,会員,2003年04月 ~ 継続中

  • 日本鉄鋼協会,会員,2004年12月 ~ 継続中

  • 日本分析化学会,編集委員会委員,2007年03月 ~ 2010年03月

全件表示 >>

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • SSH講師(高校1年生),2013年11月

  • NPO法人フッ素ホウ素処理協会における講演会,2010年12月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示