基本情報

写真a

奥山 正明

OKUYAMA Masaaki


職名

准教授

研究室電話

0238-26-3257

研究室FAX

0238-26-3257

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 熱工学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  工学系研究科  機械工学専攻

    博士課程,1991年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東京工業大学,1996年04月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本伝熱学会

  • 日本燃焼学会

  • エネルギー・資源学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)過濃予混合火炎における活性化学種の濃度分布測定と燃焼・反応機構 (2)メタン・空気過濃予混合火炎におけるすす粒子の生成機構 (3)カーボンナノ物質の生成技術に関する研究 (4)カーボンナノファイバーを添加した機能性材料の開発 (5)高空隙率を有する多孔性固体の熱流体特性とその工学的応用

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 輝炎形成開始領域における火災構造,1990年04月 ~ 継続中

    輝炎,すす生成

  • カーボンナノ物質の生成法,2001年04月 ~ 継続中

    カーボンナノ物質,燃焼

論文 【 表示 / 非表示

  • Flame Synthesis of Carbon Nanomaterials Using Rice Hull and Rice Bran,2nd International Forum of Heat Transfer,2008年09月

    共著

  • Thermal and Electrical Conductivities of Rubber Added with Carbon Nanofiber,,8th Asian Thermophysical Properties Conference,2007年08月

    共著

  • Simple Measuring Method of Thermal Conductivity of Silicone Grease and Effect of Carbon Nanomaterials on Its Thermal Conductivity,2007 ASME-JSME Thermal Engineering Summer Heat Transfer Conference,2007年07月

    共著

  • Development of Visually Aided Numerical Calculation Method by Applying Spreadsheet of EXCEL,The Seventeenth Internatinal Symposium on Transport Phenomena,2006年09月

    共著

  • Synthesis of Carbon Nanomaterials Using Rice Hulls,6th World Conference on Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics, and Thermodynamics,2005年04月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 高熱伝導性コンポジット材料,シーエムシー出版,2011年01月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ふく射エネルギー再循環による燃焼促進技術を利用したカーボンナノ物質(共著),日本燃焼学会,日本燃焼学会誌,2005年11月

  • カーボンナノ物質の燃焼合成(共著),日本伝熱学会,伝熱,2004年11月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会第82期熱工学部門 部門一般表彰 講演論文表彰,2005年10月,日本国,日本機械学会,奥山正明,富村寿夫,越後亮三,稲富康利

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業,2006年04月 ~ 2008年03月,農水産物の非食部を用いたカーボンナノマテリアルの合成と応用

    農林水産省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ラボ燃焼装置を用いた燃焼条件設定等の技術指導,2011年06月 ~ 継続中,一般受託研究

  • 水素吸蔵用カーボンナノチューブの開発,2002年04月 ~ 2003年03月,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブの燃焼合成機構の解明,2009年09月 ~ 2011年01月,国内共同研究

  • 遠赤外線ヒータユニットの開発,2000年04月 ~ 2003年03月,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第35回日本熱物性シンポジウム,国内会議,2014年11月,EPDMの熱伝導率測定系内の温度場の検討,口頭(一般)

  • 第35回日本熱物性シンポジウム,国内会議,2014年11月,カーボンナノファイバーを添加したEPDMの熱伝導率測定,口頭(一般)

  • 第51回日本伝熱シンポジウム,国内会議,2014年05月,鉛直平行平板の自然対流熱伝達,口頭(一般)

  • 可視化情報シンポジウム2013,国内会議,2013年07月,ゴムの熱伝導率測定に関する基礎研究(エクセルによる測定系の温度場の可視化と誤差因子の検討),口頭(一般)

  • 日本機械学会 九州支部 第66期総会・講演会,国内会議,2013年03月,太陽光パネルの冷却促進に関する基礎研究,口頭(一般)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会,論文集校閲委員,2006年04月 ~ 2007年03月

  • 日本伝熱学会,東北支部幹事,2008年04月 ~ 2009年03月

  • 日本機械学会,論文集校閲委員,2009年04月 ~ 継続中

  • 日本熱物性学会,評議員,2011年04月 ~ 2013年03月

  • 日本伝熱学会,評議員(東北地区),2011年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示