基本情報

写真a

鈴木 利孝

SUZUKI Tositaka


職名

教授

生年

1959年

メールアドレス

メールアドレス

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

  • 気象・海洋物理・陸水学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  水産学研究科  水産化学専攻

    博士課程,1987年09月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 水産学博士,北海道大学,1987年09月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学理学部,日本学術振興会特別研究員,1988年03月 ~ 1988年06月

  • 南カリフォルニア大学地球科学科,大学等非常勤研究員,1988年07月 ~ 1989年01月

  • 第40次日本南極地域観測隊越冬隊,気水圏系研究観測担当隊員,1998年07月 ~ 2000年03月

  • 東北芸術工科大学,非常勤講師,2003年04月 ~ 2011年09月

  • 第45次日本南極地域観測隊夏隊,気水圏系研究観測担当隊員,2003年10月 ~ 2004年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 情報システム研究機構国立極地研究所運営会議南極観測審議委員会気水圏専門部会委員(副部会長)

  • 第3期ドームふじ氷床掘削計画推進委員会コア解析小委員会委員長

  • アメリカ地球物理学連合

  • 日本雪氷学会

  • 日本地球惑星科学連合

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・極地アイスコアによる気候・環境復元に関する研究:アイスコアサイエンス

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 極地氷コアによる気候・環境復元に関する研究,1989年01月 ~ 継続中

    南極、北極、氷河、氷床、雪氷、氷コア、気候変動、地球温暖化

  • 大気エアロゾルによる環境変動の解析に関する研究,1989年01月 ~ 継続中

    エアロゾル、物質循環、長距離空輸、気候変動、大気化学、黄砂現象、大気汚染

  • 黄砂現象による大気から海洋への物質流入に関する研究,1988年04月 ~ 1990年03月

  • 陸から海洋へ空輸される金属成分および天然放射能の大気圏フラックスの測定,1992年04月 ~ 1994年03月

  • 北極雪氷圏変動を示す氷コア気候−環境シグナルの研究,1993年04月 ~ 1996年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 南極ドームふじ基地における第2期氷床深層コア掘削,南極資料,64 284-329,2020年11月

    本山 秀明,高橋 昭好,田中 洋一,新堀 邦夫,宮原 盛厚,吉本 隆安,藤井 理行,鈴木 利孝,古川 晶雄,東 久美子,鈴木 啓助,武藤 淳公,五十嵐 誠,山崎 哲秀,藤田 秀二,斎藤 健,渡辺 原太,古崎 睦,李 院生,鄭 址雄,福井 幸太郎,中澤 文男,亀田 貴雄,藤田 耕史,大日方 一夫,齊藤 隆志,神山 孝吉,木下 淳,東 信彦,中山 芳樹,渡辺 興亜,高田 守昌,小澤 行雄,小林 明雄,...

    共著(海外含む)

  • Increasing dust emission from ice free terrain in southeastern Greenland since 2000,Polar Science,2020年10月

    Tomomi Amino, Yoshinori Iizuka, Sumito Matoba, Rigen Shimada, Naga Oshima, Toshitaka Suzuki, Takuto Ando, Teruo Aoki, Koji Fujita

    共著(国内のみ)

  • ArCS II 雪氷サブ課題3「季節海氷域における雪氷−大気間の物質・水循環解明とその気候への影響評価」の紹介,雪氷研究大会講演要旨集,2020(0) 111,2020年

    的場 澄人, 青木 輝夫, 飯塚 芳徳, 宮崎 雄三, 鈴木 利孝, 服部 祥平, 植村 立, 原 圭一郎, 大島 長, 山崎 哲秀

    単著

  • Reduced marine phytoplankton sulphur emissions in the Southern Ocean during the past seven glacials,Nature Communications,2019年07月

    Goto-Azuma, K., M. Hirabayashi, H. Motoyama, T. Miyake, T. Kuramoto, R. Uemura, M. Igarashi, Y. Iizuka, T. Sakurai, S. Horikawa, K. Suzuki, T. Suzuki, K. Fujita, Y. Kondo, S. Hattori and Y. Fujii

    共著(国内のみ)

  • 南極ドームふじ深層氷コア中の金属成分解析 -海塩性ナトリウムによる海氷面積変動の復元-,雪氷研究大会講演要旨集,2019(0) ,2019年

    江刺 和音, 鈴木 利孝, 飯塚 芳徳, 平林 幹啓, 川村 賢二, 本山 秀明

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Chemical analysis of metal elements in polar ice cores,Ice,(173/174) 7,2017年

    Suzuki, T.

  • Glaciological Data Collected by the 48th_54th Japanese Antarctic Research Expeditions during 2007_2013,JARE Data Reports, No. 341 (Glaciology 35),2015年

    Motoyama, H., Furukawa, T., Fujita, S., Shinbori, K., Tanaka, Y., Li, Y., Chung, J., Nakazawa, F., Fukui, K., Enomoto, H., Sugiyama, S., Asano, H., Takeda, Y., Hirabayashi, M., Nishimura, D., Matsunag...

  • JARE54南極内陸旅行,日本雪氷学会,雪氷,2013年04月

    福井幸太郎, 本山秀明, 鈴木利孝, 大野浩, 保科優

  • 新刊紹介 ニッポン南極観測隊人間ドラマ50年,日本雪氷学会,雪氷, 69, 294, 2007,2007年05月

    鈴木利孝

  • IGSシンポジウム大規模気候変動指標としての寒冷圏(Cryospheric Indicators of Global Change)参加報告,日本雪氷学会,雪氷, 68, 661-668, 2006,2006年11月

    2. 亀田貴雄, 杉山慎, 櫻井俊光, 力石國男, 鈴木利孝, 青木輝夫, 門田勤, 斉藤冬樹, 堀雅裕, Gonzalo Barcaza

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 学生のフィールド派遣(ネパールヒマラヤ・ロールワリン山群調査隊トランバウ氷河掘削、博士前期課程1年)

    フィールドワーク

  • 学生のフィールド派遣( 国際南極大学カリキュラム・スイスアルプス氷河実習、博士前期課程1年)

    フィールドワーク

  • 学生のフィールド派遣(地球深部探査船ちきゅう航海、博士前期課程1年)

    フィールドワーク

  • 学生のフィールド派遣(地球深部探査船ちきゅう航海、博士前期課程2年)

    フィールドワーク

  • 学生のフィールド派遣(地球深部探査船ちきゅう航海、博士前期課程2年)

    フィールドワーク

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 山形大学優秀教育者賞,2017年12月25日,その他,山形大学,鈴木 利孝

  • エスペック環境研究奨励賞,2011年08月25日,日本国,公益信託エスペック地球環境研究・技術基金,鈴木利孝

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2019年03月,南極ドームふじ氷床コア中金属成分が示すエアロゾル気候変動

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2018年03月,南極ドームふじ氷床コア中金属成分が示すエアロゾル気候変動

  • 基盤研究(C),2005年04月 ~ 2007年03月,南極氷床コアが示す急激な気候変動における広域拡散エアロゾルの役割

    南極氷床コアによる過去32万年にわたるエアロゾル気候と地球古環境復元

  • 基盤研究(S),2003年04月 ~ 2008年03月,氷床コアの高時間分解能解析による急激な気候・環境変動の解明

    氷床コアの高時間分解能解析による地球古気候の復元

  • 基盤研究(A),2002年04月 ~ 2006年03月,極域における地球温暖化と気候変動パターンの高時間分解能復元

    極地氷コアによる地球古気候の復元

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益信託エスペック環境研究・技術基金,2011年08月 ~ 2012年08月,地球温暖化を加速する雪面アルベド低下と雪の汚れの関係

    民間財団等

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • ヒマラヤのアイスコア分析による鉱物粒子沈着量と大気循環の変動復元,2021年04月 ~ 2022年03月,北海道大学低温科学研究所,国内共同研究

  • 極域における大気—雪氷—海洋間の物質交換・循環に関する研究集会,2021年04月 ~ 2022年03月,北海道大学低温科学研究所,国内共同研究

  • グリーンランド南東ドーム第2期アイスコアに関する研究集会,2021年04月 ~ 2022年03月,北海道大学低温科学研究所,国内共同研究

  • 極地アイスコアの金属成分分析,2020年04月 ~ 2022年03月,国立極地研究所,国内共同研究

  • ヒマラヤのアイスコア分析による鉱物粒子沈着量と大気循環の変動復元,2020年04月 ~ 2021年03月,北海道大学低温科学研究所,国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 11th Symposium on Polar Science,国内会議,2020年12月,ArCS II Cryosphere research–3 "Water and material circulations between snow-and-ice and atmosphere in seasonal sea ice regions and their impact on environment in the Arctic,ポスター(一般)

  • 雪氷研究大会(2020・オンライン),国際会議,2020年11月,ArCSII雪氷サブ課題3「季節海氷域における雪氷−大気間の物質・水循環解明とその気候への影響評価」の紹介,その他

  • EGU General Assembly 2020,国際会議,2020年05月,Evolution in geometry of firn in ice sheets detected by dielectric anisotropy,口頭(一般)

  • ISAR-6/Sixth International Symposium on Arctic Research,国際会議,2020年03月,Ice core project in a high-accumulation dome, southeast Greenland,その他

  • 2019 AGU Fall Meeting,国際会議,2019年12月,Chemical forms of aerosol particles in Dome Fuji ice core for past 720 thousand years,その他

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本雪氷学会,東北支部理事,2017年06月 ~ 継続中

  • 日本雪氷学会,「Bulletin of Glaciological Research」編集委員会委員,2017年06月 ~ 2019年06月

  • 日本雪氷学会,雪氷化学分科会会長,2015年09月 ~ 2019年09月

  • 日本雪氷学会,評議員,2011年09月 ~ 2012年03月

  • 日本雪氷学会,東北支部東北雪氷賞受賞候補者選考委員,2011年04月 ~ 2015年03月

全件表示 >>

学外での活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 潜む危険,2017年03月

  • 「氷期」中間状態 気候不安定に 山形大・鈴木教授ら解明,2017年02月

  • 極地から探る地球環境,2015年10月

  • 研究室訪問プロジェクト講師,2015年07月

  • 極地から探る地球環境,2015年06月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示