基本情報

写真a

櫻田 香

SAKURADA Kaori


研究室電話

023-628-5433

研究室FAX

023-628-5433

部局ホームページ

http://n-yu.jp/about/kiso

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科学

  • 基礎看護学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,山形大学,2003年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学大学院分子病理学講座,大学院生,1999年04月 ~ 2000年03月

  • 国立がん研究センター,リサーチレジデント,2000年04月 ~ 2002年03月

  • 山形市立病院済生館,職員(その他),2002年04月 ~ 2002年09月

  • 小白川至誠堂病院,職員(その他),2004年05月 ~ 2004年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍の治療
    看護ケアが脳血流に与える影響

論文 【 表示 / 非表示

  • Associations of frequency of laughter with risk of all-cause mortality and cardiovascular disease incidence in a general population: findings from the Yamagata study.,Journal of epidemiology,2019年04月

    単著

  • An operative case of brain stem glioma with IDH1 mutation,BRAIN PATHOLOGY,29 150,2019年02月

    単著

  • Effects of Surgery With Salvage Stereotactic Radiosurgery Versus Surgery With Whole-Brain Radiation Therapy in Patients With One to Four Brain Metastases (JCOG0504): A Phase III, Noninferiority, Randomized Controlled Trial,JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,36(33) 3282-+,2018年11月

    単著

  • Treatment outcomes of hypofractionated radiotherapy combined with temozolomide followed by bevacizumab salvage therapy in glioblastoma patients aged > 75 years,INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,23(5) 820-825,2018年10月

    単著

  • Treatment outcomes of hypofractionated radiotherapy combined with temozolomide followed by bevacizumab salvage therapy in glioblastoma patients aged >75 years(和訳中),International Journal of Clinical Oncology,23(5) 820-825,2018年10月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • コメディカルのための薬理学,朝倉書店,2018年

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【脳神経外科診療のトピックス】 脳神経外科医が知っておくべき診療報酬制度と社会保障,日本脳神経外科コングレス,脳神経外科ジャーナル,27(5) 380-385,2018年05月

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 腫瘍性疾患 髄膜の腫瘍 間葉系腫瘍 軟骨肉腫,(株)日本臨床社,日本臨床,別冊(神経症候群III) 263-264,2014年06月

  • 【神経症候群(第2版)-その他の神経疾患を含めて-】 腫瘍性疾患 髄膜の腫瘍 間葉系腫瘍 軟骨腫,(株)日本臨床社,日本臨床,別冊(神経症候群III) 261-262,2014年06月

  • 【悪性脳腫瘍の治療-最新のトピックス】 手術における機能温存の工夫 術中MRI,(株)中外医学社,Clinical Neuroscience,31(10) 1156-1158,2013年10月

  • 覚醒下開頭術のガイドライン(The Guidelines for Awake Craniotomy),(一社)日本脳神経外科学会,Neurologia medico-chirurgica,52(3) 119-141,2012年03月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2020年03月,深部損傷褥瘡(DTI)における炎症誘導機序の解明と治癒促進ケア技術の確立

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2018年09月,IDH変異を認めた脳幹グリオーマーの一手術例,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2017年05月,WHO2016年改訂分類に基づくOA、AOAの再検討,その他

  • 日本小児血液・がん学会雑誌,国際会議,2016年11月,多剤併用化学療法と放射線照射により発症から20ヵ月生存したびまん性橋膠腫の10ヵ月女児(Chemoradiotherapy resulted in 20 months survival for 10-month-old infant with diffuse intrinsic pontine glioma),その他

  • 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集,国際会議,2016年07月,脳腫瘍の治療とケア 高度実践看護師への期待,その他

  • Brain Tumor Pathology,国際会議,2016年05月,Glioblastoma with PNET-like fociの2例,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>