基本情報

写真a

松田 圭悟

MATSUDA Keigo


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://matsuda.yz.yamagata-u.ac.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 触媒プロセス、資源化学プロセス

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

全件表示 >>

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  理工学研究科  化学工学専攻

    博士課程,2005年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士,東京工業大学,2005年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形大学,准教授,2010年12月 ~ 継続中

  • 独立行政法人産業技術総合研究所,研究員,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 独立行政法人産業技術総合研究所,大学等非常勤研究員,2007年06月 ~ 2010年03月

  • 産業技術総合研究所,クロスアポイントメントフェロー,2015年04月 ~ 2020年03月

  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所,研究員,2016年04月 ~ 2020年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 米国化学工学会( AIChE)

  • 米国化学工学会( AIChE)

  • 石油学会

  • 日本機械学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1) 省エネルギー分離プロセス設計(蒸留,膜,吸着,ハイブリッド)
    (2) IoT型産業プロセス設計
    (3) 触媒材料設計
    (4)反応分離プロセス設計
    (5) 熱発電プロセス設計
    (6) ヒートポンプ利用プロセス設計

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ヒートポンプを用いた省エネルギー型蒸留分離プロセス開発,2005年04月 ~ 継続中

  • 反応分離プロセスおよび熱利用型反応分離プロセスの開発,2008年04月 ~ 継続中

  • 高効率熱機関プロセスの開発,2014年04月 ~ 継続中

  • 脱水素化触媒粒子構造体材料設計,2015年04月 ~ 継続中

  • 省エネルギー型膜分離プロセス開発,2016年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Applicability study of micro Kalina cycle for regional low grade geothermal heat in Japan,CASE STUDIES IN THERMAL ENGINEERING,28 ,2021年12月

    Akimoto Ryosuke, Yamaki Takehiro, Nakaiwa Masaru, Matsuda Keigo

    単著

  • Applicability Study of Micro Kalina Cycle for Regional Low Grade Geothermal Heat in Japan,Case Studies in Thermal Engineering,2021年10月

    Ryosuke Akimoto, Takehiro Yamaki, Masaru Nakaiwa, Keigo Matsuda

    共著(国内のみ)

  • Feasibility Study of Micro Kalina Cycle for Hot Spring Power Generation,Kagaku Kogaku Ronbunshu,2021年09月

    Ryosuke Akimoto, Takehiro Yamaki, Yasuhiko Suzuki, Masaru Nakaiwa, Keigo Matsuda

    共著(国内のみ)

  • Evaluation of Power Generation System that Integrates Multiple Kalina Cycle and Absorption Heat Pump,Case Studies in Thermal Engineering,2021年09月

    Ryosuke Akimoto, Takehiro Yamaki, Masaru Nakaiwa, Keigo Matsuda

    共著(国内のみ)

  • Microwave-Assisted Heating Reactions of N-Acetylglucosamine (GlcNAc) in Sulfolane as a Method Generating 1,6-Anhydrosugars Consisting of Amino Monosaccharide Backbones,MOLECULES,25(8) ,2020年04月

    Kaga Harumi, Enomoto Masaru, Shimizu Hiroki, Nagashima Izuru, Matsuda Keigo, Kawaguchi Seigou, Narumi Atsushi

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • プロセス強化(PI)の技術,三恵社,2017年11月

    松田圭悟

  • Energy Technology Roadmap of Japan: Future Energy Systems Based on Feasible Technologies Beyond 2030,Springer,2015年

    Keigo Matsuda

  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化,分離技術会,2014年11月

    松田圭悟

  • いま必要な蒸留技術 (最近の化学工学 62),三恵社,2012年

    松田圭悟(分担執筆)

  • 分離プロセス工学の基礎,朝倉書店,2009年02月

    松田圭悟(分担執筆)

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • カリーナ複合サイクルを用いた発電技術開発,ケミカルエンジニヤリング,2020年

    秋元 良祐, 松田 圭悟

  • 温泉発電技術の社会実装と産学連携マネジメント,化学工学,2019年01月

    松田圭悟

  • プロセスシミュレーションを用いた新たな再生可能エネルギー利用システムの創成,ペトロテック,2019年

    松本 秀行, 松田 圭悟

  • ハイブリッドナノ粒子で構成されたキャパシタ電極の開発,ケミカルエンジヤリング,2017年12月

    島村宣寛,松久保侑馬,飯野達哉,松田圭悟,増原陽人

  • 分離操作・蒸留,化学工学,2017年10月

    松田圭悟

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,二酸化マンガン多孔質体の製造方法,松本卓也,松田圭悟

    出願番号( 特願2015-080399 ) ,日本国

  • 特許,回分式の内部熱交換型蒸留装置,鈴木泰彦,笹渕陽,松田圭悟,山木雄大

    出願番号( 特願2011-101354 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会 論文審査貢献賞 ,2018年,日本国,化学工学会,松田圭悟

  • 化学工学会 論文審査貢献賞,2015年03月13日,日本国,化学工学会,松田圭悟

  • 化学工学会 SIS部会研究奨励賞,2014年,日本国,化学工学会SIS部会,山木雄大,松田圭悟

  • 化学工学会 部会活動功労賞,2011年09月16日,日本国,化学工学会,松田圭悟

  • 石油学会 論文賞,2009年06月01日,日本国,(社)石油学会,松田圭悟,岩壁幸市,久保和也,堀口晶夫,余 衛芳, 小菅人慈,片岡 祥,山本拓司,大森隆夫,中岩 勝

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,サイバーフィジカルシステムを用いたスマート化学プロセスの設計

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • NEDO先導研究プログラム,2021年04月 ~ 継続中,相界面制御による熱・物質移動促進プロセス技術開発

    経済産業省

  • 脱炭素社会実現に向けた省エネルギー技術の研究開発・社会実装促進プログラム,2021年04月 ~ 継続中,熱エネルギー循環型ハイブリッドヒートポンプ給湯システムの開発

    経済産業省

  • 産業活動由来の希薄な窒素化合物の循環技術創出―プラネタリーバウンダリー問題の解決に向けて,2020年,産業活動由来の希薄な窒素化合物の循環技術創出―プラネタリーバウンダリー問題の解決に向けて

    新エネルギー・産業技術総合開発機構

  • 未来社会創造事業(JST:MIRAI) ,2019年08月 ~ 2021年03月,CO2分離機能とエイジング耐性を兼備した多孔性複合膜

    文部科学省

  • CO2分離機能とエイジング耐性を兼備した多孔性複合膜,2019年08月 ~ 2021年03月,CO2分離機能とエイジング耐性を兼備した多孔性複合膜

    文部科学省

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 分離膜・吸着などを用いた水相中窒素化合物濃縮プロセスの合成・評価,2020年08月 ~ 2023年01月,国立大学法人神戸大学,一般受託研究

  • 膜分離法を用いたCCSプロセスのモデル構築とその最適化,2019年08月 ~ 2022年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • 膜分離法を用いたCCSプロセスのモデル構築とその最適化,2019年08月 ~ 2021年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • プロセスシステム設計とLCAの統合によるCO2排出量の評価/「大規模CO2排出プラント」及び「酸素製造技術」,2018年11月 ~ 2020年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 反応蒸留に関する研究,2018年 ~ 継続中,国内共同研究

  • 蒸留プロセス開発に関する研究,2011年 ~ 2016年,国内共同研究

  • 省エネルギー蒸留プロセス開発,2010年 ~ 継続中,国内共同研究

  • 粉末化チーズに関する研究,2008年05月 ~ 2018年03月,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • AIChE Annual Meeting 2007,国際会議,2007年11月,Salt Lake City,Process Intensification for the Distillation with Heat-Integration,口頭発表(一般)

  • AIChE Annual Meeting 2007,国際会議,2007年11月,Salt Lake City,A Rate-Based Model Approach To Internally Heat Integrated Distillation Columns (HIDiC),口頭発表(招待・特別)

  • Fifth International conference on un-steady state processes in catalysis,国際会議,2006年11月,Dynamic Behavior of Reactive Distillation with Heat-Integration,ポスター発表

  • AIChE Annual Meeting 2006,国際会議,2006年11月,Modeling and Process Design of an Internally Heat-Integrated Distillation Column,口頭発表(一般)

  • AIChE Annual Meeting 2006,国際会議,2006年11月,Towards the Practical Application of the Internally Heat-Integrated Distillation Columns (HIDiC),口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 熱発電プロセス開発に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

  • 省エネルギー型分離プロセス開発に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会,分離プロセス部会・幹事,2008年04月 ~ 継続中

  • 化学工学会,山形化学工学懇話会・幹事,2008年06月 ~ 2010年03月

  • 分離技術会,編集委員,2008年07月 ~ 2012年03月

  • 化学工学会,SIS部会・幹事,2012年04月 ~ 継続中

  • 化学工学会,化学工学誌編集委員会・委員,2014年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 国際電気標準会議(IEC)  PC126 国際議長,2019年04月 ~ 継続中

  • 中小型バイナリー発電機の性能測定方法に関する国際標準化委員会・委員長,2018年07月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 反応,分離など化学工学に関する分野

  • プロセス設計やシステム合成に関する分野

  • 熱機関による発電に関する分野